記事 532番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/7/17 
作文の書き方——小学6年生の作文 
森川林 2009/06/20 10:16 
★このページは、現在内容を作成し直し中です。
 もとの内容をごらんになりたい方は、下記の書籍を参考にしてください。
小学生のための読解・作文力しっかり身につく本」(中根克明著 かんき出版)



■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

コメント欄

T.A 2012年9月19日 10時47分  
私の小6の子がこの前、陸上記録会があったんですよ。それで、陸上記録会の作文を書かなくちゃいけないのに、どうしてもかき方のこつがわからないと言っていて。おしえてください!

森川林 2012年9月19日 12時59分  
 記事を載せました。
 小6で「書き方がわからない」という場合は、とりあえずお母さんが代わりに書いてあげるといいです。
 書き方のコツがわかれば、だれでもすぐに書けるようになります。

2860% 2013年8月12日 11時23分  
私、今小6 なんですが、作文苦手なんですが、
これは、いいですね*\(^o^)/*

森川林 2013年8月12日 12時21分  
 作文は、上手に書くことを目的にせず、しっかり書くことを目的とすることです。
 しっかり書くとは、書く中身がはっきりしていることです。

まい 2013年8月19日 19時48分  
読書感想文はどのように書いたらいいんですか

森川林 2013年8月19日 20時3分  
 感想文は、こちらです。
http://www.mori7.com/index.php?e=537

リラックマ 2013年9月15日 11時23分  
私は小6なんですが、作文の書き方ががよくが良くわかりました。

森川林 2013年9月19日 8時44分  
 リラックマさん、それはよかったですね。

さぁ 2013年9月19日 21時29分  
私は、小6なんですが、交通安全作文を書かなくちゃいけません。書き出しとかがよくわかりません。

森川林 2013年9月23日 17時16分  
 「私は、交通安全について考えてみました。なぜかというと……」と理由を書いて、その理由に答える形で進めていくといいと思います。


みー 2014年1月11日 21時6分  
私は小学6年生なんですが、今卒業文集を書いていて夢について書いているのですが終わりの書き方があまりわかりません。どうやったらまとめられますか。


森川林 2014年1月11日 21時25分  
 「夢というものは、人間にとって……」と大きくまとめていくといいと思います。
 ……の部分は、お父さんやお母さんと話すといろいろおもしろい話が出てくると思います。

2014くまくま 2014年3月1日 10時26分  
将来の夢のこと発表する為に原稿用紙二枚に書くんですが二枚目までいかない時はどうすればいいですか?
教えて下さい
お願いします

くまくま2014 2014年3月1日 12時3分  
中学生になったらの作文一枚400文字を書くんですが書く事はあるんですが続かないのでどうすれば良いのか分からないので教えてもらいたいんですけど


森川林 2014年3月1日 12時6分  
 「将来の夢」という題名のときは、将来のことを書くよりも、なぜそういう夢を持つようになったかという過去や現在の出来事を書いていくのが大事です。
 そうしたら、400字ぐらいすぐに書けると思います。

ユー 2014年5月5日 15時45分  
作文を書くのがあまり得意ではありません。
ですが、体験実例を見てとても勉強になりました。
あらがとうございました!

kenta 2014年8月19日 9時14分  
よくわかりやすい説明ありがとうございます。ぼくは今6年生で夏休みで困っていたので助かります。


 2014年12月6日 13時58分  
役に立ちました!!

森川林 2014年12月12日 20時5分  
はーい。

ぷりん 2015年1月6日 10時24分  
小6です。卒業文集にのせる作品として、作文を書かなくてはいけません。書き初めの例を挙げて下さい!ちなみにテーマは
「6年間を振り返って」です。

森川林 2015年1月6日 11時56分  
1、私がこの○○小学校で過ごした六年間の中で、特に思い出に残っていることは二つあります。(三つでもよい)
2、一つは、……です。私たちは……(と実例)
3、もう一つは、……。それは……(と実例9
4、(「人間にとって」「人間は」「日本は」などの一般化した大きい感想で短くまとめる。必ずしもそういう言葉を使わなくてもよいが、大きい感想でまとめることが大事。

 あとは、文章の中に、「たとえ」を一つか二つ入れること、他人の批判になるようなことは書かないこと、と考えて書いていくといいと思います。

DR 2015年1月7日 17時30分  
今小6なんですけど、題材自由なんですけど題材が思い付きません

森川林 2015年1月7日 20時52分  
 題材が思いつかないのは、読書をしていないからということが多いです。
 まず毎日読書を10ページ以上することを目標にしていってください。
 すると、自ずから題材が出てきます。

ぷりん 2015年1月11日 16時58分  
ありがとうございます!!
書いてみます!
また何かあったら質問しますね(^^)

rin 2015年5月30日 12時34分  
わかりやすいです^-^

柔道! 2015年8月19日 14時43分  
ちやいちゃいい!

名無し 2015年8月20日 9時1分  
まとめかたがとてもうまいです

名無し 2015年8月21日 13時13分  
参考になります!!

LOL大好き 2015年8月24日 9時27分  
とても参考になります


M.NNM 2015年8月25日 19時34分  
作文の題名が思い付きません…。誰か、どうか教えてください(。-_-。)

マイク 2015年8月26日 9時51分  
作文の書き方がよくわかりました!               ありがとうございます!!!!!



オン・ザまゆげ 2015年8月26日 10時57分  
私は、兄が交通事故にあったのでそのことについて書きたいのですがどうやって掛けばいいのかわかりません
教えてください


森川林 2015年8月27日 10時18分  
 M.NNMさん、作文の題名は、作文を書いたあとに決めればいいですよ。
 そして、「○○な○○」というような形にすると、いい題名になりやすい。

森川林 2015年8月27日 10時19分  
 オン・ザまゆげさん、おにいさん大丈夫? 作文なんて書いていないで、お見舞いに行ったら。

森川林 2015年8月27日 10時20分  
 作文は、格好よく書こうと思わずに、まずいちばん書きたいことを一言だけ書く。すると、そこから自然に話が続いてくる。
 できればパソコンで書いて、清書のときに手書きにするといいよ。

(´Д` ) 2015年11月29日 11時50分  
わかりずらい


森川林 2015年11月30日 11時38分  
うーん、どこがわかりづらいのかなあ。

♪(^_^)♪ 2016年3月6日 19時16分  
小6ですが、中学校の宿題が出てテーマが卒業を間近にしたある1日で小学校生活の日常的なのを書こうと思ってます。書き方を教えてください!お願いします。

森川林 2016年3月6日 21時6分  
 6年生の場合は、日常的な一日の描写に加えて、その似た例を社会の話と結びつけて書いていくといいです。そして、結びは、「人間にとって」というような形で大きくまとめるのがコツ。ただし、自分ひとりで考えるのは難しいので、社会との関連はお父さんやお母さんと相談していくといいです。

j:ttao 2016年8月12日 14時41分  
俺は、中1なんですけど、「家庭の日作文」の書き出しが分からんので、教えてください

森川林 2016年8月20日 19時11分  
j:ttaoさん、お返事遅れて失礼。
 作文は何でもそうだけど、まずいちばん書きたいことからパソコンでどんどん書いて、書き出しはあとで考える形にするといいですよ。
 初めに思いついたことを書くのが最初ね。

名無し 2016年8月25日 15時22分  
6年生です(^ー゜)書き方がよく分かりました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

森川林 2016年8月25日 16時4分  
 それはよかったですね。
 夏休みの残りの日を楽しく過ごしてください。

ミミ 2017年2月4日 15時52分  
なわとび集会を終えてという作文を書かなくてはいけないのですが、どう書けばいいのですか?


森川林 2017年2月5日 3時42分  
1.いちばん印象に残ったことを書く。
2.お父さんやお母さんに似た話を取材する。
3.結びは、その集会を通して自分が学んだことを書く。

 というのが、小学校高学年のころの書き方です。

藤井 2017年7月15日 15時44分  
前期前半を振り返っての作文

金木 研 2017年7月19日 19時39分  
小6です作文が一学期をふりかえってなんですけどどうすればいいですか?

SAYAKA 2017年8月9日 7時8分  
ちょうど家庭の日の作文について困っています。
私の家族は、本当は6人です。しかし、弟は病気で、生まれてすぐに亡くなりました。
この事から、家族の大切さについて書きたいのですが、どのように書けばいいでしょう。
期日もあるので、焦っています。

森川林 2017年8月9日 8時33分  
 作文は、焦点を絞ることが大切です。
 家族の大切さと、亡くなった弟さんの話は、結びつけようとすると主題が複雑になる可能性が高いので、どちらかに絞って書いていくといいです。
 弟さんのことは、別の話になると思います。

ファイア 2017年8月31日 23時29分  
僕、小6なんで作文苦手なのですが、参考になりました。

mai 2018年8月18日 13時58分  
とても分かりやすかったです。
参考になりました。


´^`んー… 2018年8月24日 1時47分  
よく分かんない…

北門 2019年1月7日 10時23分  
自由課題はどのように書けば良いのでしょうか。
テーマが決まっておらず冬休み最終日に悩んでおります…。

森川林 2019年1月7日 10時47分  
北門様
 自由課題は、学年によって異なります。
 高学年の場合は、「○○は良いか悪いか」という主題のはっきりした意見文にすると、書きやすいと思います
 低学年の場合は、テーマではなくて実際の行動という題材になります。実行課題週などを参考に、何かをすることが大事で、そのしたことを中心に書いていくことです。(たぶん低学年だと思いますが)
https://www.mori7.net/jk/" target="_blank">https://www.mori7.net/jk/

にゃにゃ 2019年1月29日 21時30分  
あの、小6なのですが、今、出会いにありがとうという作文を書いているんですけど、どうやって書いたらいいのかわかりません!教えてください。

森川林 2019年1月30日 12時6分  
にゃにゃさんへ
 第一段落は、説明。「私が、その友達に(本に、先生に)会ったのは、○年生の夏だった。」など。
 第二段落は、実例。「私がそのころ読む本は、学習マンガのような絵の多いものが中心だったが、その友達は私が読んだことのないような難しい説明文の本を貸してくれた。私は……」など。
 第三段落は、母に聞いた話。「母にも、そういうかけがえのない出会いがあると言う。それは……」など。
 第四段落は、一般化のまとめ。「人間は、さまざまな出会いによって成長する。私もいつか、ほかの人にとっての出会いとなるような人間になりたと思う。」など。(「出会いにありがとう」というキーワードをどこかに入れる。

 という感じで。

匿名 2019年2月20日 3時4分  
小6の出会いにありがとうの心に残っていることがありません
なにかありませんか?


森川林 2019年2月20日 5時8分  
そんなこと、人に聞くな(笑)

プリン 2019年6月11日 20時34分  
小6です。学校のプール開きの時に6年が全員、今年のプールの目標を300字くらいで作文に書いて発表することになったのですが、私は水泳が苦手で、頑張りたいことも特にないので、どのように書けばいいのかよくわかりません…教えてくださいお願いします…

森川林 2019年6月27日 10時12分  
 プリンさん、お返事が遅くなって失礼。
 問題は、どう書けばよいかということではなく、自分の意に反することを求められたときどうすればよいかということです。
 正直に、頑張りたいことは特にないと書くのがいちばんですが、それだけでは後ろ向きなので、では自分が本当に頑張りたいことは何なのかということも併せて書いていくといいと思います。


コメントフォーム
作文の書き方——小学6年生の作文  森川林 20090620 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ふへほま (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ふへほま」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
算数は考えない nane
 ときどき、「読書感想文の書き方」とか、 8:39
算数は考えない 森川林
 勉強には、答えのあるものと答えのないも 8:38
7月の読解検定 森川林
 7月の読解検定は28日(日)10:00 7/16
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■7.3週の授業の動画をアップロード 7月17日
■算数は考えない勉強――図形問題を解く力をどうつけるか 7月17日
■7月の読解検定は、7月28日(日)10:00~(お申込みの締切は18日) 7月16日
■サマーキャンプの追加情報(2) 7月16日
■サマーキャンプの追加情報 7月15日
■サマーキャンプの案内一部変更――マイカーのチェックイン・アウトは6:00~12:00に――参加申し込みはまだ受付中 7月12日
■個性の発見と創造が教育の第一目標となる時代 7月12日
■社会人のための文章講座――社会人作文クラス 7月11日
■勉強の本来の姿は自主学習――家庭で学ぶからこそ能率がよい【動画あり】 7月10日
■小学校高学年や中学生の生徒が作文の課題をためない方法 7月9日
■問題集読書と読解検定と自主学習クラスで国語力を高める 7月8日
■中学入試ハイパー作文7.3週「日本人や日本について考えたこと」 7月8日
■7.2週の授業の動画を「鳥の村」にアップロードしました 7月7日
■サマーキャンプの読書感想文予習シート 7月7日
■日曜朝9時の作文クラス募集中――寺オン作文クラスの授業の様子【動画】 7月7日
■アクティブラーニングを超える発表学習――個性の発見と創造、そして知的なコミュニケーション 7月5日
■国語の成績を上げるコツ 7月4日
■実力をつけるコツは毎日同じことを同じように続けること 7月3日
■教えない授業で子供が伸びる――自主学習クラスの勉強の仕方 7月3日
■読書感想文の宿題をサマーキャンプで仕上げる 7月2日
■寺子屋オンライン案内を作り直しました――7月からは父母面談や父母懇談会もしやすくなります 7月1日
■国語の成績が悪いだけなら大丈夫 6月30日
■7.1週の授業の動画をアップしました――ハイパー作文コースの7.2週は「意見文」 6月28日
■暗唱は毎日欠かさずやるのが最も続けやすい――できるようにさせて褒めるのが教育、できるようにさせないで叱るのは自分勝手(笑) 6月28日
■【事務連絡】「山のたより」の公中検返却日程のプリントミス 6月27日
■読解検定裏話――7月の読解検定はサマーキャンプでも 6月27日
■【重要連絡】言葉の森の料金システムの変更といろいろな企画のお知らせ 6月26日
■STEM教育の先にあるもの――発表学習クラスの授業から 6月25日
■6月の読解検定終わる――百点は2名 6月23日
■STEM教育の先にあるもの(その1) 6月23日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。