豊かさへの展望(子供たちの教育を守るために)2 豊かさへの展望(子供たちの教育を守るために) 「すべての成績は、国語力で9割決まる!」を読んで(3) 「すべての成績は、国語力で9割決まる!」を読んで(2) 「すべての成績は、国語力で9割決まる!」を読んで

記事 1362番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/10/23 
豊かさへの展望(子供たちの教育を守るために)3
森川林 2011/10/04 15:53 


 言葉の森が考えている森林プロジェクトの目的の一つは、新しい教育を提案することです。



 新しい教育とは、簡単に言えば、

(1)受験のための教育から実力のための教育へ、
(2)外部に委託する教育から家庭と地域による教育へ、
(3)点数を目標とした教育から文化を目標とした教育へ、
(4)競争を動機とした教育から独立を動機とした教育へ、

という大きな流れの中に位置づけられる教育です。

 これを作文と国語の教育を中心に実現していくことが森林プロジェクトの目標です。



 今の子供たちの学力は、全体的に見て昔よりも低下していますが、それよりも大きな問題は、学力の二極分化が起こっていることです。(学力の低下は、はっきりしたデータが少ないという問題がありますが、なだらかな低下が起こっていることはほぼ間違いありません)

 これからの創造文化産業は、どの分野であっても理解力や思考力の裏づけが必要になります。芸術、音楽、スポーツなどの分野でも、これからは知的な裏づけが必要になってくるのです。

 だから、子供たちの学力を育てることは、教育の最も大きな目的になります。



 学力低下の原因はさまざまですが、大きく三つのことが考えられると思います。

 第一は、学習が子供たちの内的な意欲を引き出していないことです。そのために、現在の学習の多くは、強制、競争、賞罰などを意欲の動因としています。これからの学習は、子供たちどうしの協力、家庭における対話、地域での承認と期待などに支えられたものになる必要があります。

 第二は、学習の中身が、本来の目的からはずれていることです。今の学習は、子供たちの将来の生活に必要な学力をつけるよりも、受験で差がつく分野の学力をつけることを中心にして行われています。例えば、高校生の早い段階で、大学入試に対応するために理系と文系のコースが分けられてしまうことがあります。人間には、文系の教養も理系の教養も両方必要です。それが、ただ受験に対応するためという理由によって偏ったものにさせられています。

 第三は、教育の方法が時代後れになっていることです。今の一斉授業の教育は、同じぐらいの年齢や知的レベルの子供に同じ手順で同じことを教えるという昔の工業時代の教育観を基礎としています。しかし、現代は、子供たちの生活環境も学力も目標も多様化しています。このような中で、一斉授業を続けようとすれば、少人数学級や習熟度別クラスの方向に進まざるを得ません。しかし、それはただコストがかかるだけで、コストのわりに効果の少ないものです。また、コストがかかることによって、所得による教育格差を更に拡大します。



 これらの現代教育の限界を克服する方法として考えられるのが、子供たちの自学自習を基本にして、家庭と地域で支えていく新しい形の寺子屋的な教育です。(つづく)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 

コメント欄

コメントフォーム
豊かさへの展望(子供たちの教育を守るために)3 森川林 20111004 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,301件
新着コメント1~10件
小1オンライン nane
 オンラインの会合は、今はまだ主催する側 10/22
小1オンライン 森川林
 言葉の森のホームページには、いろいろな 10/22
プレゼン作文発 森川林
 これまでのプレゼン作文発表会は、あらか 10/20
雨の日は明るい nane
 自分の子供が小さかったとき、「もしこの 10/20
雨の日は明るい 森川林
 いつも明るい気持ちでいるのが難しいとい 10/20
受験作文コース nane
 受験作文コースで練習した生徒は、合格し 10/19
受験作文コース 森川林
 入試に作文試験があり、それがかなり得点 10/19
小1オンライン nane
 子育てには、やりすぎの問題と、やらなさ 10/18
小1オンライン 森川林
 勉強の仕方のコツを知っていると知らない 10/18
小1オンライン nane
 私は、いつも同じことを言っていますが、 10/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■豊かさへの展望(子供たちの教育を守るために)2 10月3日
■豊かさへの展望(子供たちの教育を守るために) 9月28日
■「すべての成績は、国語力で9割決まる!」を読んで(3) 9月26日
■「すべての成績は、国語力で9割決まる!」を読んで(2) 9月22日
■「すべての成績は、国語力で9割決まる!」を読んで 9月21日
■意欲を育てる仲間意識 9月20日
■意欲のきっかけとしての小さな実行 9月16日
■意欲を育てる(熱中する力と退屈さに耐える力) 9月15日
■作文は事後の評価よりも、事前の指導。(復習よりも予習の大切な勉強) 9月14日
■頭括型の書き方をなぜするか 9月13日
■国語力と作文力のつけ方2 9月12日
■国語力と作文力のつけ方(家庭での読書と対話) 9月9日
■森林プロジェクトのお金の流れについて 9月8日
■対話のある勉強 9月7日
■無の文化と教育7(最終回) 9月6日
■無の文化と教育6 9月5日
■無の文化と教育5 9月2日
■無の文化と教育4 9月1日
■無の文化と教育3 8月31日
■無の文化と教育2 8月30日
■入試の作文の書き方(後半は大人の文章について) 8月29日
■無の文化と教育1 8月27日
■無の文化と経済 8月26日
■「脱アメリカ時代のプリンシプル(原田武夫著)」を読んで―無の文化と日本 8月25日
■日本の強さを支える「国語力」 8月24日
■読書と対話と暗唱 8月23日
■世の中が大きく変わりつつある予感 8月22日
■facebookとgoogle+の違い 8月18日
■日本文化の抽象化(これからの新しい成長産業) 8月14日
■8月12日から18日まで教室はお休み 8月12日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。