記事 1625番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/8/22 
国語力と読書の関係(facebook記事より)
森川林 2012/09/28 07:11 



 国語力と読書とは関係がないという人がいます。
 そう言えるのは、第一に短期間のことについてです。
 第二に、読んでいる本が易しすぎる場合についてです。

 国語力を建物にたとえると、その建物は、小高い丘の上に建っています。
 国語の成績を上げるコツは、短時間で説明でき、ほとんどの子はすぐに成績が上がります。
 国語力の建物は、すぐに建つのです。

 しかし、問題は小高い丘の方です。
 その建物が建っている丘は、その子のこれまでの読書や経験が積み重なってできたものです。

 小学生の場合は、大きく言えばそれまでの読書の量です。
 読書量が丘の高さになり、それはその上に建つ建物の高さよりも決定的なものなのです。

 中学生や高校生になると、丘はだんだん大きくなります。
 それはやがて小さな山のようになり、そこに、裾野、中腹、山頂などの区別ができるようになります。

 易しい本ばかり読んでいると、裾野だけが広がり、中腹や山頂が形成されません。
 しかし、易しい本がよくないというのではありません。
 易しい読書の裾野があるからこそ、中腹や山頂につながる道ができるからです。

 山頂近くの読書とは、入試問題の国語の文章と同じぐらいのレベルの読書です。
 そこまで読んでいる子は、建物をわざわざ建てる必要がないぐらい、読書力だけで国語力をカバーできるのです。



 昨日の「子育て講座」は、読解力のつけ方についてでした。
 そこで出された質問のひとつが、上の「国語力と読書は関係があるか」ということでした。
 約1時間、実際の国語問題をもとにして長々と話をしたので、聞いているお母さん方は眠かったと思います。

 でも、このわずか1時間ぐらいの説明を、子供の実際の国語のテストにあてはめて話してあげると、すぐに成績が上がるのです。
 その効果は、中学生や高校生という学年が高いほど顕著です。
 それは、既に小高い丘ができている年齢なので、建物の高さがすぐに国語の成績につながるからです。
 ただし、その場合でも、全体の高さを決めるのは、丘の高さと建物の高さの合計です。
 だから、第一に読書、第二に読解力をつけるコツという順番なのです。

言葉の森作文ネットワーク
http://www.facebook.com/kotobanomori


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 読書(95) 

コメント欄

コメントフォーム
国語力と読書の関係(facebook記事より) 森川林 20120928 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ふへほま (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ふへほま」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
内在化する勉強 nane
 言葉の森が暗唱の大切さを書いていると、 8/20
内在化する勉強 森川林
 暗唱については、まだ科学的な研究がほと 8/20
作文の書き方— ヒカトラ
ありがとうございました。頑張ってみます。 8/20
……次のコメント

過去の記事

過去の1~30件目を表示
■親が教えられない勉強は、する必要がない勉強(facebook記事より) 9月27日
■あるがままを褒める―作文がなかな書けないときはすぐに電話を( 9月26日
■森林プロジェクトが目指す教育の未来 1 9月21日
■勉強の仕方総まとめ 4 繰り返し読むことが理解の王道 9月20日
■勉強の仕方総まとめ 3 多読と精読が国語力を育てる 9月19日
■勉強の仕方総まとめ 2 毎日やることが自習の原則 9月16日
■権ある者には禄うすく、禄ある者には権うすく(facebook記事より) 9月15日
■勉強の仕方総まとめ 1 小学校の早めの時期から作文と国語の勉強をする意義 9月14日
■作文力、読解力、勉強力の四つのパターン 9月14日
■進んで取り組む受験と、引きずられて取り組む受験 9月13日
■どうして勉強しないといけないの?(facebook記事より) 9月13日
■読書感想文の宿題を出すのはやめよう 9月13日
■口で言うだけの注意よりも、実行できることに絞った注意 9月13日
■本当の電話指導と担任制がある作文教室は言葉の森だけ 9月12日
■漢字の面白さ、再発見(facebook記事より) 9月12日
■上手にリフレッシュする(facebook記事より) 9月12日
■読書の好きな子になる庭(facebook記事より) 9月11日
■幸せであることを知ること--教育の目的としての幸福(facebook記事より) 9月11日
■自分で作るシナリオ(facebook記事より) 9月10日
■自分の足で歩く(facebook記事より) 9月9日
■道は長い。ゆっくり行こう(facebook記事より) 9月8日
■熱心な勉強より長続きする勉強を 9月7日
■自由の作文、型の作文(facebook記事より) 9月7日
■ドラえもんの2012年現在の「ひみつ道具」(facebook記事より) 9月7日
■上げ潮の英会話ブームのあとに来るもの 9月6日
■「ダジャレの木」(facebookページより) 9月6日
■子育ては長い道のり(facebookページより) 9月6日
■今後の世界経済と日本の未来--都会から田舎へ 9月5日
■通学教室で家庭学習チェック開始 1 8月29日
■頭の悪くなる勉強の仕方、頭のよくなる本の読み方 2 8月23日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。