記事 1650番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/28
低中学年から進学塾に行く弊害
森川林 2012/11/12 08:59 


 小学校2、3年生の生徒の保護者から、「塾に行くようになったので勉強が忙しくなった」という相談を受けることが増えてきました。

 それだけ、学習塾が受験勉強の前倒しをするようになったからです。しかし、それは少子化に対応するための塾の都合によるものです。

 小学校低中学年の塾通いは、多くの弊害を生み出します。まず、塾は点数の差のつきやすい算数に力を入れることで勉強の成果を上げようとします。また、国語についても点数の差のつきやすい漢字の学習を中心にしがちです。そして、算数にしても国語にしても点数で競争させることによって意欲を引き出そうとします。すると、点数に表れにくい読書や対話や創造性を育てる遊びの時間がどうしても削られてくるのです。

 その結果、早くから塾通いをした子ほど、表面的な点数はよくなったように見えても肝心の考える力が育っていないために、学年が上がるにつれて伸びなくなってくるのです。

 また、低中学年から点数の競争をすると、成績に対する優越感や劣等感を持ちやすくなります。勉強の本来の面白さは、新しいことを学ぶということにありますが、競争を意識すると、勉強の面白さが勝ち負けの面白さになってきます。ところが、勝ち負けが意欲につながるのはせいぜい中学生までですから、肝心の高校生以降はかえって勉強に対する意欲がなくなるのです。

 小中学生の勉強は、家庭での学習が基本です。受験直前の時期には、志望校の過去問に合わせた難問を集中して取り組む必要がありますが、そういう難問を先取りして勉強する必要はありません。学年に応じた基礎の学習ができていれば、受験対応の力はすぐにつけられるのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定1月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭学習(92) 小学校低学年(79) 

コメント欄

コメントフォーム
低中学年から進学塾に行く弊害 森川林 20121112 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
てとなに (スパム投稿を防ぐために五十音表の「てとなに」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森2~3 nane
 去年の春キャンプは、薄日でちょっと寒い 1/27
言葉の森2~3 森川林
 春の自然寺子屋合宿の含めて2~3月の企 1/27
これから作文試 nane
 字数いっぱいまで書くというのは、意外と 1/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■今の教育が未来の日本を作る(facebook記事より) 11月10日
■バブル崩壊のあとに来る循環型の社会と創造の時代(facebook記事より) 11月8日
■塾の作文模試でひどい点数(facebook記事より) 11月7日
■頼りになるのは、未来に向かう力(facebook記事より) 11月5日
■国語力はいつの間にかついてくるもの(facebook記事より) 11月3日
■創造性を育てる教育の土台としての日本語(facebook記事より) 10月30日
■10月29日14時ごろに言葉の森にファクスを送られた方へ 10月29日
■材料重視のラーメン屋流小論文術(facebook記事より) 10月29日
■日常生活で豊かな日本語を(facebook記事より) 10月28日
■国語力と読書の関係のつづき(facebook記事より) 10月27日
■家庭学習に関する質問に答えて 10月25日
■家庭学習の進め方、家庭での対話の仕方(facebook記事より) 10月25日
■国語力と読書力(facebook記事より) 10月24日
■作文発表会のページ(港南台教室の生徒保護者向け連絡) 10月23日
■言葉の森の自習を楽に続けるために 10月19日
■対話は、子供の発言をすべて認めて楽しくやること(facebook記事より) 10月17日
■日本の対話と欧米のディベート(facebook記事より) 10月17日
■子供の教育は家庭での工夫から(facebook記事より) 10月14日
■記憶力、理解力、創造力(facebook記事より) 10月13日
■生活の中で力をつける国語 10月12日
■人間らしい仕事をする社会(facebook記事より) 10月12日
■言葉の森の作文の体験学習セット―作文と暗唱を結びつけた学習 10月8日
■家庭学習のすすめ―解く勉強より読む勉強で学力・作文力がつく 10月4日
■デフレの時代は、創造の時代(facebook記事より) 10月2日
■国語力と読書の関係(facebook記事より) 9月28日
■親が教えられない勉強は、する必要がない勉強(facebook記事より) 9月27日
■あるがままを褒める―作文がなかな書けないときはすぐに電話を( 9月26日
■森林プロジェクトが目指す教育の未来 1 9月21日
■勉強の仕方総まとめ 4 繰り返し読むことが理解の王道 9月20日
■勉強の仕方総まとめ 3 多読と精読が国語力を育てる 9月19日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。