記事 2004番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/28
来年受験生になる人のための勉強法
森川林 2013/12/14 08:36 


 facebook記事より。

====

 まず志望校の過去問を見て、答えを先に書き込んで眺めてみます。
 すると、これからの1年で自分がどういう勉強をすればいいのかという方向が見えてきます。
 遠くにある目的地の方向を見定めることがまず第一で、その次に出かける準備をするのです。

 準備とは、受験勉強の仕方の本を読むことです。
 先人の知恵をしっかり借りるのです。
 そういう本は、大きい書店の参考書のコーナーの片隅に、目立たない形でしかしかなりたくさん置かれています。
 アマゾンで探せば、芋づる式にそういう受験勉強法の本が見つかります。

 何かを始めるときに参考のために読む本の基準は10冊と考えておくといいでしょう。
 志望校に合格した人の体験記などがあれば、それももちろん購入します。

 そのあと、これからの1年間で自分が取り組む参考書と問題集を選びます。
 ここでは、出費は惜しみません。

 丸1日かけてじっくりと、参考書や問題集を実際にやる分よりも多めに選びます。
 実際に勉強を始めてみると、自分に合ったものがわかってくるので、次第に1種類に絞るようにします。
 その1種類を5回繰り返してやることを目標にします。

 受験勉強がスタートしてからも、時々過去問に戻って、自分の勉強の軌道修正をしていきます。

 受験勉強は、人生の一大イベントです。
 このイベントにどう取り組むかということが、その人のその後の人生のさまざまなイベントに取り組むひとつのパターンとなります。
 大事なことは、自分で試行錯誤しながらやっていくことです。
 もちろん、塾や予備校の力を借りてもいいのです。
 しかし、その場合でも、最初にあるのは自分の基本方針だということを忘れないようにしていきましょう。

====
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

コメント欄

森川林 2013年12月14日 8時47分  
 これは主に高2の人向けの記事です。

コメントフォーム
来年受験生になる人のための勉強法 森川林 20131214 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
うえおか (スパム投稿を防ぐために五十音表の「うえおか」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 2/27
「小学校最後の 森川林
 小学生の子供たちは、意外と純粋です。 2/27
読解問題の解き nane
 読解問題を解く力の基礎は、文章を読む力 2/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語の苦手な子の原因と対策のエッセンス 12月13日
■見せるための芸術や勝つためのスポーツから、楽しむための芸術やスポーツへ。そしてプレゼン作文も。 12月13日
■感謝の日々 12月13日
■自習検定試験と寺子屋オンエア 12月10日
■作文の項目指導は、相撲や柔道などの技の型と同じ 12月9日
■光り輝く星、地球 12月9日
■アメリカを入れないアジア平和会議を作り、それを将来の新国連に 12月8日
■日本文化を世界に広げるには、その本質を言葉化したうえで、言葉以外のものとして表すことが必要 12月5日
■理想の人間像は、男は日本男児、女は大和撫子 12月4日
■家庭学習を軌道に乗せるために、自習検定のページを作成中 12月3日
■物語文の心情を読み取るには、その物語文に没頭すること 12月3日
■作文を手書きで書く理由とパソコンで打つ理由。将来は作文+図や絵に 12月1日
■中国の防衛識別圏の問題は、日本と中国の交渉で解決を 11月30日
■親は子供の前で迷わないこと 11月27日
■人間には誰でも天才がある 11月27日
■受験作文の勉強法 11月25日
■プレゼン作文発表会のページ 11月22日
■作文の勉強は、何を書くかと考えただけでも意味がある 11月21日
■模試の点数で一喜一憂しない 11月20日
■言葉の森の今後のビジョンを簡潔に 11月19日
■インターネットを生かした寺子屋教育 11月18日
■自分のためではなく、社会をよくするために仕事や勉強をする 11月16日
■子供のころの自由な遊びの時間が楽しく生きる力を育てる 11月14日
■読書、遊び、行事、長文のオープン教材作成ページ 11月13日
■精読とは繰り返し読むこと、そのために傍線を引くこと 11月12日
■子供は家庭の中で周囲の人を模倣して成長する 11月11日
■新しい時代の勉強は、幸福、向上、創造、貢献のために 11月10日
■作文感想文の力をつけるには、作文で直すのではなく、音読を続けて力がつくのを待つこと 11月8日
■未来の教育5「もうひとつの新しい人間能力のフロンティア、心身教育」 11月7日
■未来の教育4「新しい知のフロンティア、ハイパー日本語」 11月5日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。