記事 2783番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/8/14
成績は短期間で上がるが学力は知的な家庭生活の中で徐々に上がる
森川林 2017/01/06 05:52 


 夏休み1ヶ月の猛特訓で秋から成績が急上昇、ということはあり得ます。
 しかし、同じ夏休み1ヶ月の猛特訓で、秋から作文が見違えるほど上手に、ということはありません。

 勉強の成績は知識として身につけるものなので短期間で上がりますが、作文のような学力に属するものは考える力を必要とするので上達に長い時間がかかるのです。

 勉強にももちろん考える要素があります。しかし、成績を上げるコツは、その考えて解く解き方を知識として覚えることです。だから、短期間で成績は上がります。

 一方、作文も、短期間で上手になることはあります。しかし、それは作文力が上達したからではなく、本人の作文を書く意欲が増したからです。
 だから、意欲的に書く回数が増やすことは大事ですが、作文力をつけることはそれとはまた別の長い時間が必要なのです。

 では、長い時間を必要とするその学力は、どこで育つのかと言えば、それは家庭での生活によってです。
 学校で国語の勉強を毎日1時間やっているとしたら、1年間でずいぶんたくさん勉強をしたように思えます。しかし、国語力は実際には、家庭での読書によって育ちます。

 読書好きな子が家で毎日1時間本を読み、読書嫌いな子が家ではほとんど本を読まないとしたら、1年間でついたその差を学校や塾の勉強だけで補うのはほぼ不可能です。こういう生活の差が学力の差になっているのです。

 「学力の経済学」という本では、就学前教育の大切さが書かれています。
 4歳の子に、毎日2.5時間読み書きを教え、週に1回90分の家庭訪問をしたところ、その子たちが社会人になったときに、そういう教育を受けなかった子供たちに比べて、仕事や収入の面で大きな差があったというのです。
 著者は、それを具体的な数字で、4歳のころの100円の投資が、65歳には6千円から3万円になっていたと書いています。

 この教育による影響力を、著者は、先生の教育力として述べていますが、私は、毎日の2.5時間の先生が教えた勉強よりも、週に1回90分の家庭訪問による家庭の変化の方が大きかったのではないかと思います。

 私立の小中高一貫校で、大学入試の結果を出すのは主に高校から入学した生徒だというのは、よく聞く話です。学校の教育力はもちろんありますが、その土台となっているのは家庭での生活の中における教育力です。

 そして、その家庭での教育力は、成績よりもむしろその子が成長したあとの社会生活の中に現れてくるものなのです。

小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭学習(92) 

コメント欄

森川林 2017年1月6日 5時59分 1 
 ときどき、「偏差値が○○も上がった」などという話を聞きますが、それは成績が上がったのであって、学力が上がったのではありません。
 成績は主に知識によるものですから、短期間で上がることは十分にあります。
 受験期の勉強は、成績を上げることを重点にしていく必要があります。
 しかし、普段の勉強は成績よりも学力をつけることを重点にしていく方がいいのです。


nane 2017年1月6日 6時2分 1 
 勉強の成績は、次の学期からすぐに上がるということはありますが、作文はそういうことはありません。
 作文は、忘れたころに上がるのです。天災みたいですが。


jun 2017年1月6日 18時8分 2 
生活面はもちろんですが、学習面も、基盤となるのは家庭ですね。

jun 2017年1月6日 18時14分 2 
作文が急にうまくならないのは、それだけ奥の深い勉強だからなのでしょう。本当の実力が表れるのが作文とも言えそうですね。

mae 2017年1月10日 22時48分 9 
親の立場で考えると、どうしても「成績」イコール「学力」と考えがち
まずはそこから改めないと……

コメントフォーム
成績は短期間で上がるが学力は知的な家庭生活の中で徐々に上がる 森川林 20170106 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
かきくけ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「かきくけ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
ポストコロナ時 nane
 夏オンの今回の算数小6は難しい問題集に 8/11
ポストコロナ時 森川林
勉強は、同じぐらいの学力の子と一緒にやっ 8/11
「考える社会」 森川林
これから定期的にyoutubeに動画をア 8/10
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■プログラミング教育の前提となる学力教育――そして広い入口よりも高い出口を 1月5日
■これから広がるオンライン教育――顔の見える交流で勉強の意欲がわく 1月4日
■教育の自由化とオンライン教育 1月3日
■これからの子育ての目標は、勝てる子ではなく、みんなを勝たせることのできる子 1月2日
■アクティブ・ラーニングの効果と限界と今後の展望 1月1日
■謹賀新年――平成29年 1月1日
■今年も一年、ありがとうございました 12月31日
■近未来の作文指導は、構想図+音声入力+人工知能要約に 12月31日
■底辺を広げる勉強、高さを伸ばす勉強 12月30日
■学力は平均で、個性は一点集中で――これからの子育てで大事なこと 12月28日
■平成29(2017)年を迎えるにあたって 12月27日
■物を広める時代の教育から、事を高める時代の教育へ 12月26日
■10.29講演会のお礼動画、アマゾン11月中予約のお礼PDF、プラスα 12月25日
■創造性教育試案 12月24日
■本の予約やレビューや紹介、ありがとうございました 12月22日
■学力も個性もある子供たち 12月22日
■クリスマス会で絵を描く練習 12月20日
■作文は、読書や音読などの読む力をつける勉強と合わせて力がつく 12月19日
■作文の勉強も、みんなでやれば楽しくなる 12月17日
■教育の主導権は親が持つ――実力を育てる全身的な勉強を 12月14日
■勉強の目的――創造の時代に対応した勉強観を持つ 12月13日
■この数日で読んだ本 12月12日
■ネット教育の現状と今後の展望 12月8日
■12月7日講演会「勉強せずに学力をつける家庭教育のコツ」の内容 12月6日
■学歴インフレと個性 12月5日
■受験作文のオンエア特別講評終わる 12月5日
■暗唱検定の時間を7分以内とします――暗唱についての質問 12月2日
■本当に役立つ教育は、教えないこと、ワンテンポ遅れてあとからついていくこと 11月30日
■子供たちが、昼は自然の中で自由に遊び夜と朝は自主的に勉強する「森の学校オンエア」を企画中 11月29日
■創造性と勉強 11月28日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。