森林プロジェクト問い合わせの人にお送りした「読書感想文の書き方」に多数の誤字と文字化け 人口の教育から自然の教育へ 上達にいちばん時間のかかるのが作文(2) 2020年入試改革に対応した学力はどのように評価されるか(2) 2020年入試改革に対応した学力はどのように評価されるか(1)

記事 3018番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/11/19 
中学生になって本を読まなくなるのは、小学校高学年のころの読書のあり方に遠因
森川林 2017/09/01 18:35 


 小学生のころにたくさん本を読んでいた生徒が、中学生になるとパタリと本を読まなくなることがあります。

 これには、いろいろな理由が考えられます。
 一つは、学校で読書指導というものをしなくなるからということがあります。
 もう一つは、中学生は部活や定期テストでそれなりに忙しくなるからということもあります。

 また、ネットの情報で文章を読むことが多くなるので、その分読書から遠ざかるということもあるでしょう。

 しかし、いちばん大きい原因は、中学生になっても読み続けたくなるような魅力的な本があることを知らないからだということがあると思います。

 小学生のころに、本をよく読む子の多くは、物語の本を読んでいます。
 その物語の本も、古典的な名作から現代的な学校生活を描いたものまで幅広くあります。

 親は、子供が本をよく読んでいるからいいと思い、子供も自分は本をよく読んでいると思っていても、その本の内容が軽い物語文の本に限定されている場合も多いのです。

 すると、中学生になって学校の勉強などが忙しくなると、子供心にも、軽い物語の本を読んでいる暇があったら勉強をしたいと思うような場面も出てきます。

 中学生になっても本を読み続ける子は、もちろん物語文の本も読みます。
 しかし、それとともに、理科や社会や人生などの説明文的な本も読むようになっていることが多いのです。

 この説明文の本の面白さを知ると、勉強が忙しいときでも読書を続けたいと思うようになります。

 今、高校生の読書率が低下しています。
 小学生の読書率が上がっているのに対して、高校生の読書率が下がっているのは、小学校時代の読書が中学生、高校生の読書に結びつくようなものになっていないからではないかと思います。

 小学校高学年から中学生高校生にかけて子供の心を引きつけるような説明文の本は実はあまり多くありません。

 図書館などを利用して、その子が興味が持てるような説明文の本を小学校高学年から探していけるとよいと思います。

【参考資料】第62回学校読書調査
====
不読率、高校生で深刻
 書籍の不読率(1カ月間に本を1冊も読まなかった割合)は小学生4%、中学生15%、高校生57%だった。小中学生が2015年の前回調査からほぼ横ばいだったのに対し、高校生は前回比5ポイント増。小学生では02年から1桁台が続いており、多くの小学校で導入されている朝の読書運動が奏功しているようだ。しかし、進学するにつれ「読書離れ」が深刻になっている。

 1カ月の平均読書量は小中学校で1990年代後半から増加傾向にある。今回調査では小学生11・4冊、中学生4・2冊に上り、過去の調査と並び最多だった。高校生の平均読書量は1・4冊にとどまり、68年以降、2冊未満が続いている。
(毎日新聞2016年10月27日より)
====

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

コメント欄

森川林 20170901 1 
 読書というのは習慣的なものなので、何日か読まない日が続くと、そのまま読書から離れてしまうことがあります。
 また、物語文の本を一気に読めますが、説明文の本は途中で読むのをやめると、新たに読み出すのが億劫になることがあります。
 子供の読書習慣を続けさせるには、原則として毎日読む、付箋読書という方法を利用する、読書以外の問題集読書も組み合わせる、というようなことをしていくといいと思います。
 この読書力が、そのまま作文力の土台になってくるのです。


nane 20170901 1 
 今、タブレットなどを使い、映像でわかりやすく理解させる学習方法がありますが、映像というのは理解を助ける代わりに、考える力を必要としなくさせる働きがあるのです。
 なぜそうなのかということを、明日書く予定です。


コメントフォーム
中学生になって本を読まなくなるのは、小学校高学年のころの読書のあり方に遠因 森川林 20170901 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,301件
新着コメント1~10件
勉強に熱心な子 nane
 子供たちの発表とそのあとの相互の感想を 11/16
勉強に熱心な子 森川林
 手段としての勉強とは、何かのために苦し 11/16
11月25日( nane
 Zoomという選択肢はあることは知って 11/14
11月25日( nane
 プレゼン作文発表会は、急遽google 11/14
11月25日( 森川林
 25日のプレゼン作文発表会のリハーサル 11/14
本を繰り返し読 nane
 うちの子2人が、熱中して繰り返し読んで 11/11
本を繰り返し読 森川林
 大人になって、座右の書と言われるような 11/11
オンライン教育 nane
 先日、ブレンデッド教育という本を読みま 11/10
オンライン教育 森川林
 今後、海外生徒の授業の振替指導なども、 11/10
本を繰り返し読 nane
 なぜ本を繰り返し読む子が少ないかという 11/9
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■森林プロジェクト問い合わせの人にお送りした「読書感想文の書き方」に多数の誤字と文字化け 8月31日
■人口の教育から自然の教育へ 8月31日
■上達にいちばん時間のかかるのが作文(2) 8月30日
■2020年入試改革に対応した学力はどのように評価されるか(2) 8月29日
■2020年入試改革に対応した学力はどのように評価されるか(1) 8月28日
■上達にいちばん時間のかかるのが作文――兄弟の上の子が作文が得意で、下の子が苦手な場合 8月27日
■理科や社会の教科書を読んでいるのに、テストができないという質問――本当の学力と錯覚の学力 8月25日
■先細りする学力、先太りする学力 8月24日
■漢字書き取りの勉強で、字がていねいでないとき 8月23日
■森林プロジェクトにお問い合わせいただいた方に、9月9日(土)説明会のお知らせ 8月23日
■作文の提出率を高めるために――追加料金なしのオンライン作文オプション 8月22日
■通信教育を通学教育と同じように続けやすくする方法 8月22日
■2020年度大学入試改革に対応する記述力、文章力 8月21日
■人と人との触れ合いのある、オンラインの自学自習の勉強 8月20日
■読書指導のもうひとつの課題――楽しい多読から楽しい難読へ 8月19日
■子供の教育における方法と運用――よい教材よい指導法よい先生だけでは不十分 8月18日
■将来の作文教育とフリーのOCR 8月17日
■子供によい本を読ませるには 8月17日
■子供がyoutubeばかり見ていて困るとき 8月16日
■Facebookグループに、目標のわかるスローガンを設定 8月15日
■森林プロジェクトの新しい教育 8月13日
■頭を活性化させる対話と発表の学習 8月12日
■答えを見つける力、問題を見つける力 8月11日
■生涯続けられる仕事は、ITの分野ではなく、教育の分野 8月10日
■活発な読書紹介 8月9日
■人生100年時代の価値ある仕事としての教育 8月8日
■【募集】受験作文の模範解答作成の「オープン長文」プロジェクト 8月5日
■森林プロジェクトの作文講師資格講座、9月から料金改定 8月4日
■【募集】言葉の森合宿教室 那須の現地スタッフ 8月4日
■言葉の森の新しい教育 8月3日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。