【合格速報】静岡聖光学院中学 朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒 小1から楽しく勉強して帰国子女受験の準備ができる海外生徒向け作文クラス 読書力をつける作文とは 起業できる未来のオンライン教育

記事 3213番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/9/21 
言葉の森の勉強は中学1年生から意見文に
森川林 2018/02/26 14:37 

 言葉の森での作文の勉強は、中学1年生から意見文の課題になります。
 題名だけの課題のときもありますが、ほとんどは、高校入試問題レベルの説明文を読んで、それについていろいろな構成で自分の意見を書くという練習です。

 小学6年生まで実例中心の作文を上手に書けていた生徒が、中学生の意見文になると意見の語彙力が伴わないために急に作文がうまく書けなくなることがあります。
 しかし、それも毎週難しい長文を読む練習をすることによって、中学3年生になるころにはどの生徒も自分らしい意見文が書けるようになります。

 小学6年生で受験が終わると、もう作文の勉強は必要ないとばかりにやめてしまう人もいますが、本当はこの中学生からの意見文で、本格的に小論文の練習を始めていくといいのです。

 言葉の森には、中学生から作文の勉強を始める人ももちろんいます。
 そういう人たちに共通する動機は、中学受験などの勉強で国語が苦手だったということがわかったので中学生から本格的に国語の勉強をやり直したいということです。
 勉強を始める目的がはっきりしているので、中学生から新たに勉強を始める生徒は上達するのも早いという傾向があります。

 小学6年生の人は、ちょうど今の時期はこれからの勉強をどのように進めていこうかと考えているところだと思います。
 塾や部活で忙しくなる人もいると思いますが、できるだけ時間の都合をつけて意見文の勉強を続けていきましょう。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

コメント欄

森川林 2018年2月26日 15時7分 1 
 作文の勉強というのは、やったことのある人ならわかると思いますが、実はかなり大変なのです。
 中学生以上になると、まず気合いが入っていないと書けません。
 次に、まともに書こうと思うと、すぐに1時間半ぐらいたってしまいます。
 そして、その結果が学校のテストなどで生かされることはありません。
 学校に作文の授業というようなものがないからです。
 では、なぜ作文の勉強をするかというと、深く考える力をつけるためなのです。
 だから、今中学生の生徒たちが大きくなって、大学生や社会人になったころに、自分が中学生時代に書いた作文を読み直してみると、その作文のレベルの高さに改めて驚くことが多いのです。


nane 2018年2月26日 15時21分  
 中学生は、まともに書こうと思うと、1200字の作文を1本仕上げるのに1時間半ぐらいかかります。
 時間のないときは要約と感想だけでいいと言っても、なかなかそれでは納得しない子も多いのです。
 そこで、今度は、忙しいときは音声入力でやっていいとしようかと思っています。
 音声入力なら、1200字の作文は10分ちょっとです。あとで手直しをする時間入れても合計20分ほどです。
 必要な機材は、ICレコーダーとパソコンだけですから、誰でも用意できると思います。
 もちろん時間の取れるときは、手書きで書いていいのです。

コメントフォーム
言葉の森の勉強は中学1年生から意見文に 森川林 20180226 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
めもやゆ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「めもやゆ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
オンラインの少 nane
 昔の勉強の動機は、他人と比較して勝ちた 9/20
オンラインの少 森川林
 オンラインの教育というと、これまでは、 9/20
世界でも有数な 森川林
 ちしきさん、ありがとうございます。 9/20
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【合格速報】静岡聖光学院中学 2月26日
■朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒 2月26日
■小1から楽しく勉強して帰国子女受験の準備ができる海外生徒向け作文クラス 2月25日
■読書力をつける作文とは 2月24日
■起業できる未来のオンライン教育 2月24日
■作文が好きになり、読書力も国語力も伸びる 2月23日
■昨日の発表会はバレエの話に 2月23日
■作文の本質は書くことではなく考えること――音声入力の方法 2月22日
■誤字対策は漢字問題集ではなく作文練習で――作文の印象点を左右する漢字力(3) 2月21日
■もっと字を丁寧に書かなきゃ、と言うよりも(facebookページより) 2月21日
■【合格速報】上智大、杏林大、帝京平成大 2月20日
■字を上手に書くコツ――作文試験の印象点を左右する漢字力(2) 2月20日
■作文試験の印象点を左右する漢字力――文字の上手下手は無関係(1) 2月19日
■保護者懇談会の参加を受付中(生徒の保護者以外の方も参加できます) 2月18日
■2月4週の発表交流会の参加申し込みを受付中(生徒以外の方も参加できます) 2月18日
■3月から始まるオンライン学習の説明動画 2月17日
■作文試験合格のコツは、字数ぴったりに書く力 2月17日
■【合格速報】名城大学附属高校 2月16日
■【合格速報】芦屋国際中 2月16日
■帰宅の遅いお父さんが帰りの電車の中から参加できるオンライン学習の授業参観 2月16日
■【合格速報】湘南学園中学校・捜真女学校中学部 2月15日
■言葉の森のオンライン学習の紹介ページができました 2月15日
■【合格速報】横浜市立南高校附属中 2月15日
■消える競争、育つ共創 2月15日
■作文は高校3年生からうまくなる 2月14日
■【合格速報】東京学芸大学附属国際中等教育学校、三田国際中学、八雲学園中学   2月13日
■【合格速報】長崎県立諫早高等学校附属中学校 2月13日
■木彫りと塑像 2月13日
■究極の国語は理系 2月12日
■寺子屋オンラインは、単なるオンライン学習ではなくオンラインの少人数クラスの学習です 2月11日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare