記事 3245番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/29
デジタルよりも紙、ばらばらのプリントよりも製本されたもの
森川林 2018/03/18 07:26 

 デジタルの情報は便利です。
 検索もできるし、コピーもできるし、必要に応じて自分の好きなように加工できます。
 だから、情報はデジタルで処理していくといいのです。

 しかし、学習はそうではありません。
 それは、学習というものが、情報を身体化する作業だからです。

 身体化には時間がかかります。
 コピー、貼り付けという機械的な作業ではできません。
 何度も同じことを繰り返して、少しずつその情報が自分の身体に染み込んでいき、やがて意識せずにその情報が引き出せるようになるのです。

 その身体化に必要なものは、同じものを、同じ順序や同じ配置で、同じように繰り返すことです。
 そのときに、デジタル情報の加工のしやすさがかえって定着を妨げます。

 身体化された情報は、あの辺の棚にある、あのぐらいの大きさの本の、確かあの辺に書いてあったはずだという身体の感覚と結びついています。
 だから、学習の基本は紙ベースで、その補助的なールとしてデジタルがあると考えておくといいのです。
 その紙についても、ばらばらになりやすいプリント類ではなく、1冊に製本されている問題集の方が基本になるのです。

▽関連記事
「もとになる勉強、枝葉の勉強――作文と結びつけて読む力をつける」
https://www.mori7.com/index.php?e=2789
====
 教育に関する情報が豊富にあると、かえってその中で、何が重要で何が重要でないかを見失ってしまうことがあります。
 親も子供も熱心にやっているように見えても、その方向が脇道にそれている場合も多いのです。

 勉強の中心は、家庭で毎日取り組むと決めたことを繰り返す勉強です。生活の中で毎日当然のように行う平凡な勉強の積み重ねが、もとになる勉強のです。

 これに対して、学校や塾から宿題で出されるような勉強は、枝葉の勉強です。宿題のプリントをもらってきて、それをやるような勉強は、繰り返して身につけるというようなことがしにくいので、結局一回きりの勉強にになってしまうことが多いからです。

 子供が小さいときは、そういうばらばらのプリントをこなすような勉強も、親がファイルをして整理してやらせることができます。
 しかし、子供がひとりでそういうプリント類の管理をすることは難しいので、学年が上がると、与えられた勉強を次々とこなすだけの勉強になりがちです。

 宿題というと、やることが義務のように思うので、その勉強を第一に考えてしまう人が多いのですが、自分のペースでやると決めた勉強がもとになる勉強で、人から与えられた勉強は枝葉の勉強だという区別をしておくことが大切です。


 勉強の内容として大事なものは、第一に読む力をつけることです。小学生時代は特に、速く、楽に、和多く読む力をつけておくことが勉強の中心になります。

 第二に大事なものは、計算する力です。これも、速く、楽に、正確に計算する力をつけておくことです。
 それは、計算が苦手だと、その延長で算数や数学が苦手だと思ってしまうことがあるからです。

 ただし、計算力はあくまでも第二です。
 計算は電卓に代わってやってもらうことができますが、読書は機械に代わってやってもらうことはできません。
 計算力に比べると、読書力の差は表面には出ませんが、実はこの読書力の差がいちばん大きいのです。

 読む力を更に発展させるものとして、音読、暗唱、親子の対話などの勉強もあります。これらは単独で取り組むよりも、作文の勉強の中で取り組むようにすると定着します。

 習い事の中には、子供の個性にあったさまざまなものがあります。英語、プログラミング、スポーツ、音楽など、今は多様な学習の機会がありますが、それらは、読む力、計算する力の勉強に比べると、あくまでも枝葉の勉強と考えておくことが大切です。

 子供の好きな分野で個性を伸ばすことは大事ですが、その個性も、もとになる土台の勉強ができて初めて生きてくるのです。
====
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 

コメント欄

森川林 2018年3月18日 7時39分  
 通い慣れた道は、道順を意識しなくても歩けます。
 それは、道順が身体化されているからです。
 勉強も、同じです。
 早く身につけるためには、1冊の同じ本を同じ順序で繰り返しやるのがいいのです。
 1冊の問題集のできなかったところにだけ印をつけてやり直すというのは手間がかかりますが、それが身体化のいちばん能率のよい方法なのです。


nane 2018年3月18日 7時44分  
 作文の構想図を手書きで書のは、手で書く方が頭が活性化するからです。
 しかし、清書はパソコン書きで能率よくやるのがいいのです。
 その反対に、志望理由書は、下書きはパソコンで情報処理的に行い、清書は手書きで仕上げるのです。


コメントフォーム
デジタルよりも紙、ばらばらのプリントよりも製本されたもの 森川林 20180318 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
へほまみ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「へほまみ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森2~3 nane
 去年の春キャンプは、薄日でちょっと寒い 1/27
言葉の森2~3 森川林
 春の自然寺子屋合宿の含めて2~3月の企 1/27
これから作文試 nane
 字数いっぱいまで書くというのは、意外と 1/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文の丘から手書きとテキストの両方の作文を同時に送るには 3月17日
■これからの世の中、これからの子育て 3月16日
■寺子屋オンラインクラスのZoomの操作の仕方などの説明 3月15日
■低学年の作文、高学年の作文は頭の使い方が180度違う 3月15日
■子供の勉強は、やらせることよりも、やらせないことを先に考える 3月14日
■寺子屋オンライン自主学習クラスのお知らせ――家庭学習を基本に勉強を続けていこうと考えている方へ 3月13日
■【合格速報】東京芸術大学音楽学部 3月13日
■新小学6年生、もうすぐ受講締切 3月12日
■新しいコンセプトの勉強 3月12日
■すぐに書き出せる作文――そして密度濃く、楽しい授業 3月10日
■子供が学校に行きたくないと言い出したら 3月10日
■【合格速報】横浜市立金沢高校 3月9日
■作文好きな子集まれ。ハイパー作文クラス、体験生徒募集中 3月9日
■言葉の森のオンライン少人数クラスの紹介(生徒保護者向け記事) 3月8日
■小学生のみなさんと、新しく中学生になるみなさんへ(生徒保護者向け記事) 3月8日
■世界中の子供たちとgoogle翻訳で日本語作文発表会――その前に英語作文発表会 3月7日
■呼んでもなかなか来ない犬がやっと来たときに、「早く来なきゃだめでしょ」と叱るのではなく、「遅かったけどよく来たね」と褒めるのが褒めて直すコツ 3月6日
■【合格速報】一関市医師会附属一関准看護高等専修学校 3月5日
■【合格速報】都立白鷗高等学校、武蔵野大学附属千代田高等学院 、龍谷高校 3月5日
■【合格速報】小石川中等教育学校、大妻女子中学校、麗澤中学校 3月5日
■【合格速報】神奈川県立横浜国際高校、早稲田佐賀高校、山手学院高校、法政大学国際高校 3月5日
■【合格速報】神奈川県立横浜南陵高校 3月5日
■寺オン作文クラスの土曜9:00~9:45がスタート 3月5日
■寺オン自主学習クラスの日本語暗唱、英語暗唱のページ 3月5日
■特色入試型の子供たち 3月4日
■読解力をつけるためにどうしたらよいか 3月3日
■いよいよスタート、英語暗唱講座 3月2日
■親子の対話は読書よりも効果がある 3月1日
■子供の反抗期にどう対処するか――家庭に犬や猫のペットがいると家庭がなごむ 2月28日
■小3からの理科の勉強、プログラミング――保護者懇談会の話から 2月27日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。