記事 3441番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2019/12/12
作文力をつけるための三つの方法
森川林 2018/11/05 09:32 

 作文力をつけるのは、一般にかなり時間がかかります。。
 算数や英語など、主に知識の勉強は、始めてからすぐに成果が上がり、三ヶ月も一生懸命やれば見違えるほどできるようになります。
 苦手だった科目が得意になるぐらいの大逆転の成果が出ることもあります。

 ところが、作文の場合はそうではありません。
 上達することは、もちろん必ず上達しますか、普通の勉強よりもずっと時間がかかります。
 しかし、上達させる方法ははっきりしています。

 第一は、事前の指導をしっかり行うことです。
 何をどのように書くかという指示をもとに、目標を持って書く練習をすることです。
 ただ漠然と作文を書いて、赤ペンの添削を受けただけでは、作文力はつきません。
 例えば、学校から日記を書く宿題が出されたときも、ただその日にあったことを書くのではなく、たとえを入れて書くとか、会話を思い出して書くとか、「どうしてかというと」という理由がわかるように書くとかいう目標を決めて書く練習をするのです。
 この事前の目標のひとつに、身近な人への取材というものがあります。
 作文に何かを書く場合、それと似た話を身近な両親に取材します。
 すると、そこで生まれる親子の対話の中で、題材力、語彙力、主題力がついてくるのです。

 第二は、音読、暗唱、読書など、生活の中で自然にできる日本語の読み取りの練習をしていくことです。
 作文力の土台にあるのは、書く力よりもむしろ読む力です。
 音読については、学校や塾でも取り上げられるようになってきましたが、やり方はまちまちです。
 音読に必要な文書は、やや難しい説明文的な文章にしていく必要があります。
 そして、2、3回読めばいいというのではなく、同じものを何度も繰り返して半ば暗唱できるぐらいまで読んでいくことが大切です。
 この音読の練習の延長に、暗唱があります。
 また、生活の中で、自然にできるのは読書です。
 日常生活の中で、毎日の習慣として無理なく行える勉強が、音読、暗唱、読書なのです。

 第三は、作文をほかの人の前で発表する機会を作ることです。
 子供たちは、無機的なテストの点数で成長するのではなく、人間との関わりの中で成長していきます。
 小学校低学年のうちは、親や先生の励ましによって、小学校中学年からは友達との関わりの中で、作文の勉強に対する意欲を持ち続けていくようになります。
 だから、子供の作文を見たり聞いたりする機会があったら、親は必ずその作文のいいところを見て励ましてあげることが必要なのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
自分のペースで学ぶ密度の濃い自主学習
勉強は自分のペースで学ぶときが最も能率よくできます。わからないところだけを先生がチェックしてくれるので安心です。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

森川林 2018年11月5日 9時45分  
 読書力は、ただ何でも読めば身につくというものではありません。
 本人が好きなものを読むのが基本ですが、そこに、語彙と文章のレベルも考慮する必要があります。
 作文力も同じです。ただ何でも書けば身につくというものではありません。
 やはり、それなりに努力する目標が必要です。
 そして、そういう目標があった方が、子供たちは作文に意欲的に取り組むようになるのです。


nane 2018年11月5日 10時24分  
 作文力の本質は思考力です。
 小学生の間は、まだ「正しい書き方を身につける」というような表記の練習が中心になりますが、そういう段階はすぐに終わります。
 中学生、高校生になると、上手な作文を書くためには、深く考える力が必要になります。
 だから、作文力の土台は、難しい文章を読み取る力になります。
 そのためには、小学生の間から読書に力を入れていく必要があります。


コメントフォーム
作文力をつけるための三つの方法 森川林 20181105 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
なにぬね (スパム投稿を防ぐために五十音表の「なにぬね」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
勉強の能率を上 nane
 私(森川林)は自分自身はもちろん、うち 9:8
勉強の能率を上 森川林
 「新しいオンライン教育」のシリーズは、 8:57
作文の書き方— 森川林
 ちちきさんお返事遅れて失礼。  こん 1:11
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■小学生の新しい英語の勉強法 11月4日
■成績以外のものの価値を見直す教育――西澤潤一さんの本を読んで 11月2日
■受験作文と相性がいい、構成を重視した作文 10月30日
■もし、働かなくてもよい社会が来たら 10月29日
■寺子屋オンライン講師育成講座、4時間半の講習会終わる 10月27日
■本日、10月27日(土)13時から寺子屋オンライン講師育成講座 10月27日
■全国一学区制の通信教育 10月26日
■漢字を使わずに作文をひらがなばかりで書く子 10月24日
■上達が早い寺子屋オンライン作文の子供たち 10月22日
■主要教科は学校時代の勉強、作文と読書は生涯の勉強 10月19日
■書く勉強よりも読む勉強の方がなぜ良いのか 10月18日
■これからの新しい作文教室の姿――通学も通信も超えた教室 10月16日
■移転先はオープン教育掲示板に――今後の大方針変更――言葉の森の教室も引越しに 10月15日
■少人数のオンラインクラスと相性のいい個性的な勉強、読書と作文とプログラミング 10月12日
■学力は8割でよいという考え――では何を伸ばすのか 10月11日
■一人ひとりの個性が光る教育を日本から 10月10日
■google+終了につき、寺子屋オンラインの作品アップの移行先にWorkplaceを検討中 10月9日
■「良い子」とは少し外れたところにいるのが本当の良い子 10月8日
■提出率百パーセントの通信作文とは 10月6日
■8月の森リン大賞より(小5・小6・中1の部) 10月5日
■今、寺子屋オンラインシステムで考えていること(3)――森林プロジェクトの講師 10月4日
■今、寺子屋オンラインシステムで考えていること(2)――実習時間の確保、学年分け、定期テストなど 10月3日
■今、寺子屋オンラインシステムで考えていること(1)――実習時間の確保、学年分け、定期テストなど 10月2日
■国語の勉強の仕方は、まず読むことから――問題を解く勉強はずっとあとから 10月1日
■本当の教育は、家庭教育も含めた教育から――学力だけでなく文化力も育てる寺子屋オンライン教育 9月30日
■小4で作文が上手に書ける子は、小5からの考える作文の前夜の時期にいる――その時期をどう過ごすか 9月28日
■読書力がつく寺子屋オンラインの読書紹介 9月25日
■遊びと同じように子供たちが熱中できる勉強――勉強はつまらないのに遊びはなぜ面白いか 9月24日
■毎回の作文が日に日に上達する作文クラス――時間よりも意欲に比例する作文力 9月22日
■作文が好きで得意なのに、模試の点数が悪かったというケース 9月21日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。