記事 3705番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/20 
ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月2日
森川林 2019/05/03 03:32 

 5月1日はずっと快晴で、河原で遊んだあと、合宿所に帰るころから急に雨が降り出しました。
 雨は一晩中降っていたようですが、2日の朝は快晴。うまくできています。

 午前中の暗唱と作文のあと、今日は河原ではなく草原に行くことにしました。
 広い草原で、近くに小川があり、生き物がたくさんいそうでしたが、まだ季節が早いせいか、つかまえたのはアマガエル1匹だけ。
 夏には、もっといろいろな生き物がいると思います。

 少し歩くと大きい川の河原もあり、そこで、魚のつかみどりができそうな場所がありました。
 今回は、小さい子も多かったので、明日はそれを企画する予定です。

 勉強が終わって、さあ出発。田んぼは田植えが始まったばかりでした。


 着いたところは草原です。
 アマガエルをつかまえました。(あとで逃がしてあげました。)


 スミレが咲いていました。


 焼き鳥ができたよう。


 広い草原で、ほとんど人がいませんでした。
 虫を捕まえているのかな。


 次は焼きそば。


 じゃれ合う子供たち。


 近くには広い河原もありました。ここで魚のつかみ取りをする予定です。



言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

コメント欄

森川林 2019年5月3日 3時57分  
 5月2日も朝から快晴。
 昨夜も子供たちは合宿所の中で遅くまで遊んでいたようで、なかなか起きて来ませんでした。
 しかし、予定どおり、起きたら朝ご飯のあと、勉強。
 昨日は、暗唱の2日分をまとめてやったので、みんな大変そうでしたから、今日は1日分のみ。

 そして、作文を書いたあと、昨日見つけた草原に出発。
 その草原は、思ったとおり気持ちのいいところで、人はほかにはほとんど誰もいませんでした。
 そこで、たっぷり食べたり遊んだりしたあと、今日帰る人は解散。
 1日か2日の間の触れ合いでも、みんな昔から仲のいい友達のようになっていました。



nane 2019年5月3日 4時7分  
 今回は、夏のキャンプの予行演習のような意味もありました。
 出かける場所が大体決まったので、夏のキャンプは、午前中勉強、午後自然の中で遊び、夕方部屋の中で読書と遊びというパターンで、毎日同じようにやっていけそうです
 子供には、やはり自然と友達というのが大事なのだと思いました。

コメントフォーム
ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月2日 森川林 20190503 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
しすせそ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「しすせそ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
苦手をなくす教 nane
 大きな海を見ていると、人間界の競争など 8:37
苦手をなくす教 森川林
 今の教育の多くは、恐怖を動機としていま 8:29
公立中高一貫校 森川林
 公立中高一貫校の模試をオンラインで行い 10/19
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月1日 5月1日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ4月29~30日 5月1日
■夏休み読書作文勉強キャンプ――朝夕は勉強、昼は自然の中で友達と遊び 4月28日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。