記事 3712番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/20 
普通の勉強と受験のための勉強は違う
森川林 2019/05/11 11:00 

 勉強というと、たいていの人は実力をつけるための勉強を考えます。
 学校や塾のテストができるようになることが、実力をつけることで、それが勉強だと多くの人は考えています。

 普通の勉強はそれでいいのです。しかし、受験に関してはこれは大きな勘違いになります。

 小学生ばかりでなく、中学生や高校生でも、受験に臨む際の勉強を普通の勉強に臨むときと同じものとして考えている人がいます。
 それは、分かりやすく言うと、勉強の実力を全体的に付けておき、その実力で合格しそうなところを受けるという考え方です。
 学習塾でも、この考え方で勉強を教えているところがあります。
 そのひとつの例は、受験直前になるまで過去問はやらないで取っておくという方針です。
 つまり、受験直前になるまで全体的な勉強の実力をつけておき、いよいよ受験が近づいたら、過去問をやってみて、その時点の実力で受かりそうなところを受けるというのです。

 受験というものは、まずどこに合格したいかということが先にあって、その学校の出題の傾向調べ、その出題傾向に対して本人の実力はどのぐらいであるかを見極め、そしてその学校に受かるための勉強計画を立てるというやり方で取り組むものです。

 ですから、過去問は、受験に入る1年前の春休みに取り組むものであって、秋になってから過去問に取り組むというのは勉強の仕方を全く分かっていないやり方なのです。

 ところが、今のお父さんやお母さんの世代も、ほとんどの人が過去問は秋になってから取り組むというような勉強の仕方をしてきたので、早めに過去問に取り組むという発想はなかなか出てきません。
 そのため、多くの人が長時間の無駄の多い勉強をして、たまたま合格したり合格しなかったりという状態になっているのです。

 志望校の過去問分析が大事だということは、学習塾などでも、どこそこの学校に強い塾というような言われ方がされるのを見ても分かります。
 どの学校にも受かるような全体的な学力をつけるのではなく、ある特定の学校に合格しやすい勉強に絞って行うという方法があるということなのです。

 ところが、大勢の生徒を教えなければならない学習塾の場合、個々の生徒の志望校に合わせ、その生徒の実力に応じた指導を行えるようなところはまずありません。
 そこまで行うには、家庭教師のような個人指導をしてくれる先生に頼むことが必要になります。
 しかし、家庭教師であっても志望校の過去問の分析にはかなり時間がかかりますから、そこまでやれる人はほとんどいないと言ってもいいと思います。

 だから、いちばんいいのは、保護者が子供の目指す志望校の過去問を研究し、その子の実力のどこを伸ばすべきかを考え勉強の計画を立てていくということなのです。


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

コメント欄

森川林 2019年5月11日 11時30分  
 実力を、その名のとおり「力」そのものだとすると、方法というのは、テコにあたります。
 同じ力でも、テコの支点、力点、作用点の位置によって効果は大きく違ってきます。
 受験もそれと同じです。
 受験の合否は実力よりも、方法によって決まってくるのです。


nane 2019年5月11日 11時35分  
 受験の1年前に過去問に取り組むと言っても、それは問題を実際に解いてみるわけではありません。
 問題にあらかじめ答えを書き込み、その問題と答えを読むのです。
 すると、自ずから今後自分がどういう方向で勉強すべきかがわかってきます。
 そこで、初めて自分に合った教材を探すのです。


コメントフォーム
普通の勉強と受験のための勉強は違う 森川林 20190511 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
はひふへ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「はひふへ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
苦手をなくす教 nane
 大きな海を見ていると、人間界の競争など 8:37
苦手をなくす教 森川林
 今の教育の多くは、恐怖を動機としていま 8:29
公立中高一貫校 森川林
 公立中高一貫校の模試をオンラインで行い 10/19
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■夏合宿の遊べる場所と勉強する内容が決まりました――スケジュール一部変更 5月10日
■作文教育の言葉の森が、公立中高一貫校対策の全教科学習クラスを始めます――中学生は公立高校入試対策。5月4週説明会 5月8日
■5.2週の授業の動画をアップロードしました(鳥の村) 5月7日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。