記事 3796番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/20 
幼児から小3までは日本語脳を育てる時期――英語脳は日本語の土台が確立してから
森川林 2019/07/20 14:46 

 「小学生のうちに身につけたい英語力。脱『日英変換』のための5つの視点」という広告記事を読みました。
 その記事には、「英語脳をさらに伸ばしていくために、幼稚園児か小学生の低学年から英語脳で味わうという習慣をつけておくことが大切だ」ということが書かれていました。

 英語を英語で理解しながら読むという「英語脳」を作ることは、一見、英語学習の近道にように見えます。
 しかし、それは、「日本語脳」が失われることと裏腹の関係にあるのです。

 小学3年生までは、日本語脳がまだ十分に形成されていない時期なので、この時期に英語の学習をすれば、たやすく英語脳にすることができるかもしれません。
 しかし、それは日本語脳が不完全にしか成長しないというリスクをおかしての上のことなのです。

 日本語脳が確立すると言われる小学4年生以降に英語脳を鍛える練習をするならば問題はありません。
 むしろ、中学生以降に英語の学習をするよりも、英語になじむ度合いはずっと高くなるでしょう。
 中学生になると、英語を日本語のフィルターを通して、知識と理屈で理解する面が強くなります。
 小4から小6にかけては、英語を英語のまま聞き取る力が、まだ十分に発達しているからです。

 しかし、小4以降の、日本語脳がある程度形成された時期から始める英語の学習は、日本語脳が十分に形成されていない幼児や小学校低学年のころから始める英語学習よりも進度が落ちるはずです
 だからといって、幼児や小学校低学年のうちから英語の学習を始めるというのは短絡的な発想です。

 低学年のうちに英語脳をつくるということは、低学年のうちの日本語脳の発達を止めるということと同じです。
 この弊害が出てくるのは、子供たちが高学年になってからです。
 今、幼稚園や小学校低学年で英語の勉強をしている人は、英語ができるようになったというよい面しか見ていません。
 日本語の生活自体がまだ初歩的なレベルなので、日本語脳が阻害されているとは感じられません。
 だから、英語も日本語も同じようにできている気がするのです。
 しかし、学年が上がり、難しい日本語の文章を読む時期になると、日本語を実感的に読み取れないという弱点が次第に強くなってきます。

 ただし、英語と親しむ程度の英語教育は、こういう心配はありません。
 英語の音声をシャワーのように聞かせ、親子でも英語で話をし、英語の本を日本語の本よりも優先して読ませるというようなやりすぎの幼児英語教育の場合に、弊害が生まれてきます。

 英語教育に真剣に携わっている人は、英語の基礎となる幼児期の日本語学習の大切さを理解しています。
 私の知っている人の中にも、そういう人はたくさんいます。
 しかし、それ以上に多くの人が、幼児期や低学年の日本語の土台の大切さを理解していないようなのです。
 そのひとつが、冒頭の広告記事にあるような考え方です。

 では、なぜそのような英語教育が行われているかというと、言語というものを単なる伝達の手段として考えているからです。
 言語は、伝達の手段ではなく文化の手段です。
 言語は、ものの見方や考え方を身につける枠組みであって、単に情報を人に伝えるための入れ物ではありません。

 人に伝える道具としてので言語は、これから急速に機械化されていきます。
 今でもすでに、さまざまな言語を他の言語に翻訳するソフトが、不十分ながら実用に近いレベルで開発されています。
 伝達の精度を100パーセント保証できるようになるまでは、まだ時間がかかるでしょうが、実用性のレベルでは100パーセントに近いという程度で十分です。

 そういう先のことを考えると、子供たちの学習の重点は、第一に日本語、第二に算数数学、第三に英語です。
 学習以外のことも含めれば、第一と同じところに「遊び」も入ると思います。

 英語教育を行っている人の仕事の邪魔をするわけではありませんが、こういう、ごく当然のことを書く人があまりにも少ないように思ったので、敢えて書きました。

▽参考図書
「日本語人の脳: 理性・感性・情動、時間と大地の科学」角田 忠信
「英語の早期教育・社内公用語は百害あって一利なし」 渡部 昇一


言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
英語教育(10) 日本語脳(15) 

コメント欄

森川林 2019年7月20日 15時13分  
 人が物事を本気で考えるときは、母語でなければ考えられません。
 この本気で考えるときに、母語の充実度が重要になってくるのです。
 普通の日常会話のレベルでは、母語でも習熟した外国語でも差がありません。
 だから、多くの人は、両方同じようにできると考えてしまうのです。


nane 2019年7月20日 15時15分  
 英語教育に関しては、いろいろな論議があるはずですが、コマーシャルレベルで発言する人の声が大きすぎるところに問題があります。
 英語教育は、単に英語の教育と考えるのではなく、子供の言語能力を高めるための英語教育と考える必要があります。
 基準は、子供の方にあります。
 だから、英語を話せることよりも、何を話すかということが大事です。
 英語の本を読めるのはいいことですが、どんな本を読むかということの方がもっと大事です。
 学力は、何を話し何を読むかといいう「何」の方にあるのです。


コメントフォーム
幼児から小3までは日本語脳を育てる時期――英語脳は日本語の土台が確立してから 森川林 20190720 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
るれろわ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「るれろわ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
苦手をなくす教 nane
 大きな海を見ていると、人間界の競争など 8:37
苦手をなくす教 森川林
 今の教育の多くは、恐怖を動機としていま 8:29
公立中高一貫校 森川林
 公立中高一貫校の模試をオンラインで行い 10/19
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■保護者懇談交流会7月のお知らせ 7月19日
■勉強はたくさんやるよりも毎日やることを優先して 7月19日
■暗唱の仕方のコツ――大事なのは繰り返しの音読だけ 7月18日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。