記事 3876番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/4
10.2週の解説を「鳥の村」の資料室にアップロードしました
森川林 2019/10/08 18:46 

 小1から中1までの10.2週の解説を資料室にアップロードしました。
 せいかつ文化コース、公中全科コース、プレ受検コースの資料もアップロードしてあります。
個別指導の対話型オンライン授業
おすすめ→ 個別指導の対話型授業「朝のオンラインスクール」
新型コロナウイルスによる学校の休校対応で、朝9時から午後3時まで個別指導の対話型オンライン授業。小1~中1の国語、算数数学、英語、理科、社会、読書、暗唱、図工、記述のうちから自由選択、1時間550円。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生徒父母連絡(78) 

コメント欄

コメントフォーム
10.2週の解説を「鳥の村」の資料室にアップロードしました 森川林 20191008 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
おかきく (スパム投稿を防ぐために五十音表の「おかきく」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
オンライン教育 森川林
 まえ先生、ありがとうございます。ああい 6/3
オンライン教育 まえ
朝オン、子供たちの力に驚かされることばか 6/2
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■これからの新しい勉強はオンラインクラスで 10月8日
■【合格速報】日本医科大学医学部 10月7日
■10月の読解検定は無料キャンペーンとして実施します――この機会にぜひ読解検定の体験を 10月7日
■頭をよくすれば短期間で成績が上がる 10月6日
■レベルの高い会話が続くオンライン作文クラス 10月4日
■オンラインで作文の予習の話が弾む作文クラス 10月3日
■子供のころに自然の中に連れて行く 10月2日
■プレ受験コース(ハイパー作文コース)の10.1週の課題をアップロードしました 10月1日
■10.1週の資料の動画をアップロードしました 10月1日
■家庭学習講演会へのご参加ありがとうございました 10月1日
■創造発表クラス・せいかつ文化コースの説明会【動画】――明日は「家庭学習の計画の立て方」説明会 9月29日
■思考力をつけるパズルなんてない 9月28日
■言葉の森の「オンライン案内」が新しくなり、オンラインクラスが参加しやすくなりました 9月27日
■参加型オンライン学習で、作文力、読解力、創造力、自主学習力がつき、しかも楽しく勉強できる 9月26日
■サマーキャンプの読書感想文、再び学年代表に 9月25日
■【お願い】小学456年生のおすすめ図書を募集 9月24日
■9.4週の授業の資料アップロード 9月24日
■自主学習が自分のペースで過不足なくできる表 9月24日
■国語力をつけ読解力を伸ばす感想文の練習と読解検定 9月19日
■受験対策講演会参加のお礼 9月18日
■Zoomで「エラーコード:3010」が出たら 9月18日
■言葉の森が取り組む3つの学習クラスの内容――作文読解、発表学習、自主学習の各クラス 9月17日
■明日9月17日(火)20:15より受験勉強対策講演会 9月16日
■9.3週の授業の動画アップロード 9月16日
■小学5年生対象のプレ受験作文読解コースのお知らせ 9月15日
■新しい学力を育て、勉強が好きになる発表学習クラス 9月14日
■受験勉強対策講演会の話題 9月13日
■作文が苦手な子をどう上達させるか 9月12日
■サマーキャンプで書いた感想文が、6年生の学年代表作品に 9月11日
■好きな勉強を好きなだけできる場所 9月11日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。