記事 4029番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/4
2月29日(土)10:00~創作発表会を開催します
森川林 2020/02/27 16:18 

 2月29日(土)10時から、8.会場「中庭」に入ってください。
 そのあと、分科会に分けます。
 分科会に分けるので、開始時刻に遅刻しそうな場合は、あらかじめご連絡ください。

 今回は、周知期間が短かったため、参加者はそれほど多くありませんでしたが、今後の参加を検討されている方は、見学として参加されるとよいと思います。
https://www.mori7.net/jform_pre.php?f=hkk202002

 発表に参加された方には、参加賞をお送りします。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定7月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
発表交流会(20) 

コメント欄

コメントフォーム
2月29日(土)10:00~創作発表会を開催します 森川林 20200227 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
そたちつ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「そたちつ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
夏のオンライン nane
 言葉の森の少人数オンラインクラスは、未 7/3
夏のオンライン 森川林
 夏のオンラインスクールを開講します。 7/3
エデュナビで「 nane
 私は、言葉の森の設立当初から、教育の目 6/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」の「はじめに」 2月27日
■読解問題の解き方の例「浦島太郎はなぜ亀を助けたのか」 2月26日
■【合格速報】郁文館高等学校 3月10日
■森オンラインクラス案内を改訂――子供たちが主体的に参加する教室を 2月25日
■3.1週の授業の動画「雑草の枯れ草で納豆を」「海外からの観光客の増加」ほか 2月22日
■【合格速報】兵庫県立芦屋国際中等教育学校 2月20日
■【合格速報】東京都市大学等々力中学校 2月20日
■親子の対話は、作文の勉強の手段というよりもそれ自体が目的 2月19日
■【合格速報】大阪市立水都国際中学校 2月17日
■保護者懇談会2月(新小1~小2)の動画をアップロード 2月16日
■自主学習クラスの教材注文を再開しました 2月16日
■能率のよい国語の学習方法 2月15日
■自主学習の新年度教材の勉強の進め方の動画 2月14日
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」3月6日発売予定 2月13日
■【合格速報】自修館中等教育学校・日大三中 2月12日
■新高校生の勉強の仕方―大学入試は過去問を中心にした勉強を 2月11日
■【合格速報】南多摩中等教育学校 2月10日
■【合格速報】芦屋国際中等教育学校 2月10日
■【合格速報】大成中学校 2月10日
■【合格速報】東京学芸大学・國學院大學・東洋大学・神奈川大学 3月10日
■【合格速報】東京学芸大学国際中等教育学校 2月10日
■【合格速報】早稲田中学校 2月10日
■都立南多摩中合格おめでとう! 2月10日
■小論文の前段階となる中学生の作文の勉強 2月10日
■考える力を深める新小学5・6年生の勉強 2月10日
■新小学3、4年生の勉強の仕方―作文力と読書力が最も伸びる時期 2月9日
■2.3週の授業の動画をアップロードしました 2月9日
■新小学1、2年生の勉強の仕方―家庭で豊かな日本語を身につける 2月8日
■合格しなくたって大丈夫 2月7日
■【合格速報】鎌倉学園中学校、横浜国大附属横浜中学校 2月7日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。