記事 4173番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/3/1
未来を見据えた学習を小学生低学年のうちから
森川林 2021/01/31 08:55 

 世の中の仕事には、「堅い仕事」というものがあります。
 例えば、医師、公務員,学校の先生、士業の資格を取得した仕事などです。
 なぜ堅いかというと、これらのサービスは誰にとっても必要なものだからです。

 しかし逆に、誰にとっても必要なものだからこそ、これからはその分野がAI化される可能性も大きくなるのです。

 では、堅い仕事の反対の堅くない仕事は何かというと、それは誰にとっても必要と言えない仕事です。
 それがこれから生き残る可能性の高い仕事になるのです。
 そんな仕事で食べていけるのかというような分野を極めることが、未来の仕事を考える際の一つのイメージになります。

 スポーツの世界でも同様です。
 メジャーな分野の方が「潰しがきく」という考えがあります。
 サッカー、バスケットボール、ゴルフ、テニスなどのよく知られているスポーツの方が、競技人口も多いし、その分野で何か仕事ができる可能性があるように見えます。
 しかし逆に、メジャーでないスポーツの方が自分が第一人者になれる可能性が高いというような考え方もできるのです。

 語学でも同様です。
 英語と中国語は、これから多くの人にとって必要な外国語になります。
 しかし、多くの人にとって必要だからこそ、これもまたAI化が最も進む分野になるのです。

 では、未来に生きる子供たちの勉強では、どのようなものを中心にしていくといいのでしょう。
 それは、思考力、創造性、共感力を育てる分野の勉強です。
 思考力は、母語である日本語の力を十分に育てることです。
 それは主に、読書、作文、暗唱などによって育ちます。

 創造性は、創造発表学習、理科実験工作、プログラミングなど、創造的に取り組む必要のある学習に参加することによって育ちます。

 共感力は、人間や自然や小動物との関わりの中で育ちます。

 これからの子育てのイメージは、この三つの分野のバランスをとり、学力の個性を伸ばしていくことを中心に考えていくことです。

 堅い勉強というと、これまでは、漢字の書き取りや計算の正確さなどが考えられがちでした。
 しかし、それらは今の時点でこそ試験の問題として出されていますが、今後の社会ではますます重要度の低い分野になってきます。
 例えば、試験にしても、辞書持ち込み可、電卓持ち込み可、スマホ持ち込み可というようなことが将来生まれてくるはずですから、それらのツールを使う力さえあれば、人間がツールの代わりに自分の時間を割いてそれらの能力を習熟させる必要は少なくなっていくのです。
 ただし、更にその先のことを言うと、人間はこれまで何千年も、場合によっては何万年も、正確に記憶をしたり正確に模倣したりすることが必要な世界に生きてきました。
 だから、それらの必要がなくなる社会になっても、人間自身のバランスのとれた成長のためには、記憶や反復の学習を続けることもまた必要になるのです。

https://youtu.be/PaXZpDQNjG8
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定2月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 

コメント欄

森川林 2021年1月31日 12時46分  
誰もが勉強と認める勉強があります。
漢字の書き取り、計算練習などです。
これが堅い勉強です。
その反対に、誰もが「それ勉強?」と思うような勉強があります。
創造発表やプログラミングや理科実験工作などです。
半分遊びと思われるような勉強、これがこれから大事になってくるのです。
それがはっきりわかるのは、子供たちがずっと大きくなっってからです。

nane 2021年1月31日 13時49分  
漢字の書き取りよりも大事なのは、漢字と似ていますが、漢字ではなく語彙です。
学年相応の漢字を書けることよりも、学年を超えた語彙もばりばり読めることなのです。

コメントフォーム
未来を見据えた学習を小学生低学年のうちから 森川林 20210131 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
なにぬね (スパム投稿を防ぐために五十音表の「なにぬね」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
【合格速報】宝 四季島
おめでとうございます。 高校での更なる 2/18
自主学習クラス nane
 公中受験作文は、中学生の指導項目で勉強 2/15
自主学習クラス 森川林
 自主学習クラスの公中講座は、新年度から 2/15
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【重要】新年度の教材切り替えは、2月15日(2.3週)からとしました 1月30日
■出口汪氏の「出口式現代文」を読んで 1月29日
■【合格速報】法政大学国際高校IBコース 1月27日
■【合格速報】愛媛県立松山西中等教育学校 1月26日
■【合格速報】神戸大学附属中等教育学校 1月25日
■【重要】オンラインクラスの1.4週保護者懇談会資料 1月22日
■【合格速報】宮崎学園・日向学院中学校 1月20日
■【合格速報】開智未来中学校 1月18日
■学力の教育とともに創造力と共感力の教育へ――2月からのオンラインクラス 1月17日
■【合格速報】山梨学院中 1月14日
■自主学習クラスの2021年度の教材は、2月2週2月3週から新しくなります――注文は1月末から 1月10日
■読解検定12月を1月23(土)24日(日)に実施、読解検定1月は2月13(土)14日(日)に 1月2日
■【重要】2021年2月からの受講料改定のお知らせ 1月2日
■新年の挨拶――言葉の森の2021年の方針 1月1日
■【お知らせ】年末年始の予定 12月27日
■総合化の考え方 12月20日
■読書好きな子供の作文 12月17日
■【合格速報】同志社国際高校・英理女子学院 12月15日
■【お知らせ】体験学習の件 12月12日
■【お知らせ】電話の受付時間 12月10日
■【合格速報】法政大学国際高校 12月9日
■小さいころから大切にしているもの 12月8日
■【合格速報】成城大学経済学部  12月7日
■要約は三文抜き書きから 12月5日
■効力感を育てるには 12月4日
■受験作文で知っておいた方がよいこと 12月3日
■作文のマンネリ化? 12月2日
■【合格速報】慶応義塾大学文学部(自己推薦) 11月27日
■【合格速報】東京薬科大学 薬学部 11月11日
■コロナ後に来る新しい社会と新しい産業 10月7日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。