ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 問題集読書は、なぜ1冊を最後まで読み終えてから最初に戻って繰り返すのか Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4462番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2022/5/23
問題集読書は、なぜ1冊を最後まで読み終えてから最初に戻って繰り返すのか as/4462.html
森川林 2022/05/06 06:20 


 覚えるために読むのであれば、短期間に何度も繰り返した方がいいのです。いわゆる一夜漬けの勉強法です。
 覚えたことは、記憶の忘却曲線に沿って忘れていくので、忘れる前に同じことを覚え直せば、その記憶は残ります。だから、試験前はそういう勉強の仕方をするのです。
 しかし、その記憶は頭の表面にとどまる記憶なので、時間がたてばすぐに忘れます。

 人間の頭脳は、短期間に集中的に覚えたことは、一時的な記憶だとみなします。だから、忘れるのも早いのです。
 すっかり忘れたあとに、また同じことを繰り返すと、最初に覚えたのと同じくらいの時間がかかります。だから、一見能率が悪いように見えます。
 しかし、人間の頭脳は、忘れたころにまた同じことに遭遇すると、その記憶が人生にとって大事なことだとみなすらしいのです。だから、時間をかけて覚えたことほど、忘れにくくなります。

 筋肉も同じです。
 短期間でつけた筋肉は、運動をやめれば短期間で落ちます。
 長い時間をかけてつけた筋肉は、運動をやめてもなかなか落ちません。

 考える力や読む力をつける勉強は、一夜漬けの勉強ではありません。
 試験に間に合わせるために読むのではなく、自分の実力をつけるために読む勉強です。

 だから、問題集読書は、同じページを昨日も今日も明日も繰り返し読むのではなく、1冊を最後まで読んでから最初に戻って読み直すようにしているのです。
 また、1冊が最後まで終わったら最初に戻るという方法なら、勉強の仕方に迷うことはありません。

 これは、読む子供の立場に立ってみればわかりますが、同じものを今日も明日も明後日もやるというのは飽きるのです。
 だから、昨日やったことがまだ残っているうちに、今日も同じことをやると、自然に斜め読みになります。
 同じ文章を新鮮な気持ちで読むためにも、すっかり忘れたころに読むのがいいのです。
オンライン4人クラスで学ぶ小中高一貫指導の作文。――読書紹介と予習発表で読書力、作文力、発表力がつく。
▶ 無料体験学習受付中

 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
問題集読書(33) 国語力読解力(155) 

コメント欄

コメントフォーム
問題集読書は、なぜ1冊を最後まで読み終えてから最初に戻って繰り返すのか 森川林 20220506 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
みむめも (スパム投稿を防ぐために五十音表の「みむめも」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
問題集読書(33) 国語力読解力(155) 
新着コメント1~5件
【合格速報】北 森川林
 とうこさん、ありがとうございました。 4/9
【合格速報】北 とうこ
CYさん、合格おめでとうございます!!がんばりましたね!! 4/9
優しい母が減っ 匿名
優しい、怖いはあくまで主観である。優しい、怖いには定義はない 4/8
国語のテストは トップ
他のテストは100てんとったことあるけど国語だけない 3/15
3.11を思い 匿名
知ってます、知ってます。ただ、子供に教えるのはもっと先かな、 3/15
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■【合格速報】横浜市立大学医学部 4月25日
■作文、国語読解、基礎学力、創造発表の体験の仕方の動画 4月22日
■オンラインクラス保護者懇談会4月資料 4月22日
■算数は例題、英語は文法、国語は理屈が大事 4月15日
■オンラインクラスの学習を便利にするツール 4月13日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習