記事 4107番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/9/25
夏のオンラインスクールの勉強の進め方
森川林 2020/08/02 20:17 
△荒崎海岸(2014年のサマーキャンプででかけたところです。)

 夏のオンラインスクール(以下、夏オン)の勉強の仕方について説明します。

  1. 毎日、朝8:30から行われる保護者説明会に、お子様とご一緒にご参加ください。(月~土830より15分程度)
     会場は、中庭(Zoom会場)です。
     説明会に参加できない方は、動画をごらんください。
    https://youtu.be/Wo44QSKuNHI
     ただし、ブレークアウトルームとメインルームの間の移動については、動画では説明していませんので、移動の仕方がわからない場合は別途お電話でお聞きください。(電話0120-22-3987言葉の森平日900-2000)

  2. オンラインクラス一覧表の教科名をクリックすると、各教科の教材と勉強の進め方が表示されます。(一部作成中)
     例えば、公中理系小5-6には、次のような説明を載せています。

    ■夏講公中理系小5-6の勉強の進め方

    ノートを1冊用意しましょう。
    10mm方眼罫がおすすめです。
    他の教科と併用しても構いません。
    問題集の例題を読み、答えを見て、その答えを理解しておきましょう。
    答えは書かなくてもいいですが、見ないでも大体同じ内容が書けるように覚えておきましょう。
    ★図形の問題は、実際に紙を切るなどして確かめてみると理解が深まります。
    ★理数の問題で解説を読んでも理解できないときは、理科や算数の該当する章を読んでみましょう。
    ステップ12なども同じように別冊の解答を読み解答を理解しておきましょう。
    「たしかめよう」「みつけよう」なども、同じように問題を読み、解答読み、解答を理解しておきましょう。
    巻末の総合問題も、問題を読み、解答を読み、解答を理解しておきましょう。
    個別指導では、先生が前回までにやり終えた範囲について質問をします。
    先生からの質問は、画面共有のZoom画面だけを見て(つまり、問題集や解答やノートを見ずに)口頭で質問に答えましょう。
    ★答え方は、共有画面にマウスで図をかくようにしてもかまいません。
    このようにして問題集が全部終わったら(つまり、1巡目が終わったら)2巡目も同じように取り組みます。
    1巡目はかなり時間がかかりますが、2巡目以降は早く進められると思います。
    2巡目3巡目4巡目も同じように終えたら、5巡目は答えや解答を見ずに、自分で答えをノートに書き出します。
    自分の書いた答えと実際の答えを照合して、大きく違っているところは赤ペンで直しておきます。
    口頭試問の答え方によっては、先生が5巡目よりも早めにノートに答えを書くように言う場合があります。
    先生の個別指導の際に質問があれば先生に聞くようにしてください。

    ▼動画
    https://youtu.be/HwS2OC4kJRE


  3. 教材は、7月31日までに申し込まれた方については、全員発送が完了していますので、既にお手元に届いていると思います。
     もしまだ届いていない教材があった場合は、ご連絡ください。
     教材が届くまでの間は、ウェブの教材見本の最初のページをプリントしてご使用ください。


★連絡事項

1.小5用の「公中受検新演習文系下巻」「公中受検新演習理系下巻」が注文できるようになっています。
 下記のページからご注文ください。
教材注文フォーム
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

コメント欄

森川林 2020年8月2日 20時43分  
 直前になってしまいましたが、夏のオンラインスクールの勉強の仕方をアップしました。
 まだ一部の講座の説明が済んでいませんが、明日早朝までに入れておく予定です。
 言葉の森の夏オンは、よくある塾の夏期講習のような形ではありません。
 先生が教えて生徒が受け身で聞いているだけの講習ではなく、生徒が主体的に自主学習に取り組み、先生が個別指導で学習確認をし、生徒どうしの交流で勉強の刺激を得る形の学習です。
 ですから、勉強はかなり密度が濃く、先生の授業を中心にした学習より何倍も早く学習が進みます。
 密度の濃い学習を、5、6人の少人数で楽しく交流しながら進めていきたいと思います。

nane 2020年8月2日 20時55分  
 個人的なことですが、6月からのアトピーが治りかけたのがやっと8月になってからで、それで、やっと「夏オンの勉強の進め方」などがアップできました。(まだ一部ですが。)
 6月と7月は、何をしていたかというと、ほとんど何もせず、youtubeばかりを見ていました。
 そのおかげで、これまで決して見なかったような番組をたくさん見て、いろいろ勉強になりました。(「宮迫ですっ!」とか「ヒカル」とか「ロンブーチャンネル」とか(笑)そのほかにアフターコロナ関係、米中関係、スピリチュアル関係なども。)
 今後、言葉の森のホームページも、youtubeと連動していくようにする予定です。

コメントフォーム
夏のオンラインスクールの勉強の進め方 森川林 20200802 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
らりるれ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「らりるれ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
本日9月24日 森川林
 プログラミング講師研修の第2回の会合を 9/24
受験作文のオー 森川林
 字の上手さと作文の中身のよさとの間には 9/24
受験作文のオー nane
 受験作文には、書き方のコツがあります。 9/24
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■本日9月24日(木)20:15~プログラミング講師研修第2回 9月24日
■受験作文のオープンアドバイス――表現の工夫で実力以上の差 9月24日
■本を読まない子供たち。抜本的な対策は、読書紹介と付箋読書 9月16日
■やる気の出ない中学生に、いかに作文を書かせるか 9月15日
■ポストコロナ時代の生活は、終身雇用、定年なしの仕事で 9月14日
■ポストコロナ時代の子育てに必要な新しい学力とは 9月12日
■受験作文のコツ2「構成の仕方を身につけよう」 9月11日
■【連絡】プログラム講師研修の第1回会合 9月10日
■受験作文のコツ「書き出しの意見をどう書いたらいいか」 9月9日
■ひらがなのまだ十分に書けない1年生にどう作文を書かせるか 9月9日
■【合格速報】同志社国際高校(編入) 9月7日
■【募集】(9/5追加)初級プログラミング講師養成研修、参加者募集 9月4日
■【連絡】(9/4追加)プログラミングコースのご案内 9月3日
■【連絡】(9月3日16:10更新)公立中高一貫校適性検査模試のお知らせ 9月2日
■女の子も楽しめるプログラミングとは、どういうものか 9月1日
■【連絡】9月からの自主学習コースは、夏オンの教材も使用できます 9月1日
■5歳から始められる、ひらがなだけのスクラッチジュニアforデスクトップ 8月31日
■言葉の森プログラミングコースは、Micro:bitによる手づくり工作から 8月29日
■プログラミング教育その後―IchigoJamからMicro:bitへ 8月25日
■思考力創造力共感力のある子供たちを育てる未来の仕事 8月19日
■オンラインプログラミング講座を新しく始める予定 8月17日
■言い返す技が子供のコミュニケーション力を育てる 8月16日
■コロナ後の経済破綻に備える新しい副業と子供の教育 8月15日
■記述や作文の勉強は書くよりも繰り返し読むこと 8月14日
■ポストコロナ時代の教育とは自主学習と個別指導と勉強友達 8月11日
■「考える社会」の勉強をどのように進めるか 8月10日
■アフターコロナ時代の新しい教育、新しい仕事 8月7日
■「森のオンラインスクール」の夏休みの授業振替について 8月7日
■夏オン始まる。難しかった小6算数、漢字練習は読みと書き 8月4日
■夏のオンラインスクールの勉強の進め方 8月2日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。