ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4489番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2022/8/11
web3.0時代の教育 as/4489.html
森川林 2022/06/24 07:00 


●動画:https://youtu.be/88otBtykoMc

 web3.0は、インターネットが単なるページの閲覧や、双方向コミュニケーションの手段となるだけでなく、価値の交換も含めたより現実社会に近い流通の手段となることです。

 ここから何が生まれるかというと、より個人の自由な社会参加ができるようになるということです。

 現在の社会では、個人の社会参加は、会社などの組織を通じてという形をとるのが普通です。
 ビジネスに参加するには会社を通して、政治に参加するには政党を通して、というのが大きな枠としてあり、個人が自分ひとりで参加できるのは、価値の移転が伴わない趣味の世界や、自分の持っている資金や時間の範囲内でということでした。

 しかし、これからは、より自由に個人が直接社会に参加できるようになります。
 すでに、YouTubeやSNSの世界では、個人が個性を生かして社会参加することが現実的になっています。

 これまでの社会参加は、組織を通してということが一般的だったので、その組織に所属するために学歴が必要であり、その組織に所属したあと、本人の個性をもとにした学力を発揮するという順序になっていました。

     ┏━━┓
     ┃学力┃
    ┏┻━━┻┓
    ┃個性  ┃
┏━━━┻━━━━┻━━━┓
┃学歴          ┃
┃            ┃
┃            ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

 しかし、これからは、個々人の個性がより直接的に社会の中で表現できるようになるので、最初にあるのは、基本的な学力を身につけることだけで、最も大事なのは、個性とその個性を生かす学力を身につけることになります。

  ┏━━━━━━━━┓
  ┃学力      ┃
 ┏┻━━━━━━━━┻┓
 ┃個性        ┃
 ┃          ┃
 ┃          ┃
┏┻━━━━━━━━━━┻┓
┃学力          ┃
┗━━━━━━━━━━━━┛

 今の教育は、子供たちに学力をつけることよりも、点数の差をつけることを目的にしているように見えます。
 先生の仕事は、その点数の差を、より正規分布に近い形でつけることになっています。
 しかし、教育の本当の目的は、全員が100点を取れるようになることです。

 その100点を取れる学力の中心は、日本語の読み書きの力と基本的な算数数学の力をつけることです。
 それ以外のことは、本人の興味の範囲でやっていけばいいのです。

 その全員が100点を取れる学力の基礎の上に、その子の個性を伸ばし、その個性を生かすために、真に必要な学力を伸ばしていくということが、これからの教育になります。

 web3.0の時代は、個人の社会参加が現実に可能になる時代です。
 インターネットを、単にYouTubeやブログを見るツールとして使うのではなく、また、単にSNSでコミュニケーションを交わすツールとして使うのでもなく、個人が価値の移転を伴う社会参加をするためのツールとして使うことが、これから誰にも可能になるという時代なのです。

 これまでの教育の目的は、よりよい組織に所属することでした。多くの場合、それはより難しい大学や学部に合格することで、そのあと、会社に就職し、そのあと、仕事をするという順番になっていました。

 これからの時代は、個人が直接に社会参加の仕事ができる時代になります。
 そのときに必要な教育は、個性、思考力、創造性、コミュニケーション力、共感力を育てる教育です。
 そのためには、小学生時代から、これからの教育の方向に沿った学力を育てていく必要があるのです。


※web3.0は、「ウェブスリー」と読む人が多いと思いますが、この動画の中では、「ウェブさんてんぜろ」又は「ウェブさんてんれい」と読んでいます。
 その理由は、今後、web3.1やweb3.2などとなった場合、「ウェブスリーポイントワン」「ウェブスリーポイントツー」などと言うよりも、「ウェブさんてんいち」「ウェブさんてんに」という方が言いやすいからです。


 オンライン4人クラスの夏期講習で、充実した夏休みを過ごそう!
オンライン夏期講習 ★1クラスの定員4名。個別指導と対話のある新しいオンライン教育。作文、親子作文、読書感想文、受験作文ほか。幼長~高3。
 

コメント欄

森川林 2022年6月24日 10時3分  
 web3.0時代の教育とは、勉強ができるのはもちろんいいことだが、勉強以外にできることがあるということです。
 子供が成長して世の中に出たあとに役に立つのは、勉強以外の長所だからです。
 そして、それが単なる長所で終わるのではなく、社会生活の中心になるのがweb3.0以降の時代です。


コメントフォーム
web3.0時代の教育 森川林 20220624 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
そたちつ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「そたちつ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 未来の教育(31) 
新着コメント1~5件
作文の書き方— 森川林
 普通に「~」と書けばいいです。 8/3
作文の書き方— 931
原稿用紙に〜を書きたいのですがどの様に書けば良いのか教えて下 8/2
作文自動採点ソ 森川林
 森リン採点は、こちらの方で入れてください。 ▽ htt 7/19
作文自動採点ソ NNN
私は興味のある職種が2つあります。    1つ目はエンジ 7/18
兄弟で作文を書 シナモロ
参考になりました 7/15
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■金1700の親子作文クラスを金1800に変更し、名称を通常の作文クラスと同じにし、学年指定を設けます 8月10日
■基礎学力クラスの名称を総合学力クラスにし、小3、小4を含め、運営の仕方を一部変更します 8月10日
■プログラミングクラスの新しい教材について 8月10日
■小学3年生の総合学力クラス――夏期講習の受講受付中!! 8月9日
■小学1年生の 作文クラス――無料体験学習受付中!! 8月9日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習