記事 1079番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/6/27 
作文が苦手な子の自宅学習(その2)
森川林 2010/11/18 13:48 


 家庭で作文力つけるためには、どうしたらいいでしょうか。

 作文力の土台にあるのは、読む力です。それは、読解力というよりも読書力に近いものです。なぜなら、国語の読解問題の成績がいい子が、必ずしも作文が得意なわけではないからです。

 しかし、読書が好きで本をよく読んでいる子は、ほぼ例外なく作文も好きです。たとえ、今は作文があまり得意ではなくても、読書好きな子は少しのアドバイスですぐ上手になります。

 しかし、もちろん読書だけではカバーできない作文力独自の分野もあります。その一つは、速く書く力と長く書く力です。これはある程度慣れによるものなので、実際に作文を書かないと身につきません。

 もう一つ、書かないとわからないものは、誤字と誤表記のチェックです。それは、勘違いして覚えていることが多いので、実際に書いてみないとチェックできないからです。また自分でいいと思っている表現が、読む人にとってはそうでないということもよくあります。

 ところが、家で作文を書く練習すると、数回で子供が嫌がるようになります。作文は、負担が大きくしかも成果が見えない勉強だからです。

 これが、ドリルなど行う勉強との違いです。漢字ドリルや計算ドリルは、負担がそれほど大きくなく、やりとげたあとがページ数として残ります。作文はやりとげた感覚を持ちにくいのです。

 また、親が作文の勉強で成果を出そうとして書き方の注意をすると、次から次へと注意が出てきて、親も子もくたびれる結果になることがよくあります。

 更に、上手な子の作文を見せて、こんなふうに書けばいいなどと教えると、子供はかえってやる気をなくします。それは、子供にとっては多くの場合不可能なことだからです。

 だから、作文は家庭ではあまり教えないのが基本です。楽しく読書をして読む力をつけていくことが、家庭での勉強の中心になります。

 しかし、文章を書くことに何か意味を持たせれば、家庭でも作文の練習を続けることはできます。

 その一つは、田舎のおじいちゃんやおばあちゃんに手紙を書く練習です。その手紙の構成は、書き出しがあいさつ、結びもあいさつ、しかし本部の中身は作文という形になります。

 しかし、この場合にも大事なことは、子供が作文を書いたあとは極力直さずに褒めるだけにするということです。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭で教える作文(55) 

コメント欄

コメントフォーム
作文が苦手な子の自宅学習(その2) 森川林 20101118 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ひふへほ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ひふへほ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
作文の書き方— 森川林
 プリンさん、お返事が遅くなって失礼。 10:12
読解検定裏話― nane
 読解問題の作成で大変なのは、厳密に考え 6:0
読解検定裏話― 森川林
 勉強のよくできる人でも、国語の勉強の仕 6:0
……次のコメント

過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文が苦手な子の自宅学習 11月17日
■はやぶさ、おめでとう! 11月16日
■難しいことを少しさせるよりも基本をたっぷりさせること 11月16日
■子供に言うことを聞かせるには(その2) 11月15日
■子供に言うことを聞かせるには 11月13日
■作文小論文試験の受験の心構え(言葉の森新聞の記事より) 11月12日
■他人任せの教育から自分で学ぶ教育へ 11月11日
■サーバーが復旧しました 11月11日
■一部のページが停止中 11月11日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その5)―問題集読書と四行詩 11月10日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その4)―難読で考えの核を作る 11月9日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その3)―暗唱力検定を計画中 11月8日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その2)―読書の習慣をつける 11月6日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その1)―長文音読の新しい方法 11月5日
■未来の学校の夢(その5)―生き物みんなが家族 11月4日
■未来の学校の夢(その4)―修行で豊かになる社会 11月3日
■未来の学校の夢(その3)―泥棒と警察のいない国 11月2日
■未来の学校の夢(その2)―動物や植物との共存 11月1日
■暗唱をすると頭が良くなる(その2) 10月31日
■暗唱をすると頭が良くなる(その1) 10月30日
■9月の森リン大賞(中2・中3・高・社の部) 10月29日
■9月の森リン大賞(小6-中1の部) 10月28日
■世界でも有数な日本語の語彙の豊かさ 10月27日
■日本の未来の見取り図(6)―フリーエージェント時代の教育 10月26日
■日本の未来の見取り図(5)―フリーエージェント社会だった江戸時代 10月25日
■日本の未来の見取り図(4)―フリーエージェント社会という新しい内需 10月24日
■日本の未来の見取り図(3)―フリーエージェント社会 10月23日
■勉強よりも読書と対話 10月22日
■未来の学校の夢(その1)―寺子屋の復活 10月21日
■脳の働きから見た暗唱の仕組み 10月20日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。