記事 1205番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/23
連休中の雨に備えて、福島原発周辺の下水管の閉鎖を
森川林 2011/03/19 12:40 
 3月20日、21日は、前線の通過に伴い、全国的に雨が予想されます。
 福島原発の周辺も雨になるはずですから、この雨水を原発の冷却として利用することができます。
 雨水を有効に生かすために、原発周辺の下水管を閉鎖し、水はけの悪い状態を意図的に作っておく必要があります。
 既に似たようなことは考えられていると思いますが、もしまだなら、現場で具体策を検討していただきたいと思います。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定2月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
東日本大震災(15) 

コメント欄

コメントフォーム
連休中の雨に備えて、福島原発周辺の下水管の閉鎖を 森川林 20110319 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
くけこさ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「くけこさ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3.1週の授業 nane
 せいかつ文化コースの動画には、子供のこ 2/22
3.1週の授業 森川林
 「雑草の枯れ草で納豆を作ろう」というの 2/22
読点の打ち方 匿名
このもんだいすき 2/21
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■日本の復活に向けて(その1) 3月19日
■本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明) 3月18日
■東日本を放棄し、これ以上の犠牲を出さず、天皇陛下を中心に、全国民の力で日本を再建しよう 3月18日
■日本の真の独立国家としての再生を 3月17日
■大きく土のうで囲み水没させて湖に沈める 3月17日
■原発に川を引き込むか、原発を海に引き込むか 3月16日
■美しい日本列島よ、永遠に 3月15日
■今回の地震災害に対応した当面の電話指導について(生徒父母連絡) 3月14日
■福島原発、勇気ある撤退を。原発に依存しないエネルギー政策を日本の総意に 3月13日
■日本が目指す新しい産業。その前提としての国語力 3月11日
■作文をきっかけとした対話によって伸びる子供の思考力 3月10日
■作文の勉強を家族の対話に生かす。--点数の勉強から対話の勉強へ 3月9日
■新学期の教材から縦書き中心に。今後手書きの活用も 3月8日
■読書の習慣をつけるには。課題作文が負担。暗唱を黙読で覚えるが。(父母アンケートより) 3月7日
■自習は、「自立する勉強」と発想を変える(その2)(生徒父母向け記事) 3月6日
■自習は、「自立する勉強」と発想を変える(その1)(生徒父母向け記事) 3月5日
■作文は、発想を変えれば楽しく勉強できる!(生徒父母向け記事) 3月4日
■幼児教育の理論と方法について(その2) 3月3日
■幼児教育の理論と方法について(その1) 3月2日
■大学生の勉強の仕方―大学生は、挑戦する大学生活と古典の読書を 3月1日
■高校生の勉強の仕方―大学入試は過去問を中心にした勉強を 2月28日
■中学生の勉強の仕方―正しい勉強法を身につける 2月26日
■小学校5、6年生の勉強の仕方―考える力を高める両親との対話 2月25日
■小学校3、4年生の勉強の仕方―作文力と読書力が最も伸びる時期 2月24日
■小学校1、2年生の勉強の仕方―家庭で豊かな日本語を身につける 2月23日
■1月の森リン大賞(中3の部) 2月22日
■1月の森リン大賞(中2の部) 2月21日
■1月の森リン大賞(中1の部) 2月20日
■1月の森リン大賞(小6の部) 2月19日
■1月の森リン大賞(小1-小5) 2月18日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。