学校の教育から、家庭の教育へ 受験の教育から、実力の教育へ 日本人の対話と欧米人のディベートとの違い 国語の記述問題にどう取り組むか 公立中高一貫校の勉強は家庭の対話で

記事 1229番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/12/15 
点数の教育から、文化の教育へ
森川林 2011/04/09 22:27 


 未来の教育の大きな戦略目標として、「受験の教育から、実力の教育へ」、「学校の教育から、家庭の教育へ」と書いてきました。今回は、「点数の教育から、文化の教育へ」という話です。

 教育は、個人の側から見れば、自己の向上です。社会の側から見れば、社会の再生産です。その両者の出合うひとつの形が点数です。社会は、社会自身を再生産する方向に向かって100点を用意します。個人は、自己の向上のバロメータとして、その100点に近づくことを向上の目標とします。

 ところが、教育の目的が、実力をつけることから受験に合格することに狭められることによって、この点数による評価が極大化したというのが現代の教育の特徴です。点数が評価の中心になるにつれて,逆に、点数化しやすいものが教育の中心になっていきました。

 例えば、小学校から高校にかけての教科には、国語、数学、英語、理科、社会、音楽、美術、体育などがあります。このうち、音楽、美術、体育などは、点数化しにくいので、一般的な受験勉強の中心にはなっていません。理科や社会は、点数化しやすい教科ですが、そこで求められる知識は比較的平板なものなので、記憶力を中心としたものになります。国語、数学、英語は、理科や社会に比べると、知識が立体的な構造を持っているので、記憶力以外に思考力が必要になります。そのため、国語、数学、英語が受験勉強の主要な3教科になり、そこに、理科、社会を付け加えて5教科の勉強が教育の中心になるという体制になっています。



 教育とは、社会の再生産ですが、その再生産が点数化されやすいものに絞られることによって、自己の向上も点数化されやすいものに絞られるようになってきました。点数が教育の評価の中心になることによって、社会と自己の両者がともに質の低い目標に甘んじるようになってきたというところに、現代の教育のひとつの問題があります。

 例としては少し飛躍しますが、例えばドッグショーという犬の評価があります。そこで評価されるものは、姿形や血統が中心です。外面からは判断しにくい、性格のよさや頭のよさは評価の中に出てきません。そして、そういう内面的なものが出てこないばかりか、外面的なものが極端に重視されると内面的なものが低下する面も出てくるのです。人間の教育も似ています。点数化しやすいものによる評価は、ある程度までは有効ですが、それが極端に重視されるようになると、かえって人間の成長と社会の発展を妨げる面も出てきます。



 社会も人間も、その多くは、点数化されにくいものによって運営されています。例えば、江戸しぐさのような文化があります。座る場所が混んでいたら互いにちょっと詰めてあげるというような文化です。道でときどき出会う人には、相手のことをよく知らなくても会釈を交わします。災害のあった場所でもそれをいいことにして物を略奪するようなことはしません。見知らぬ人どうしでも分け隔てなく相手の立場に共感してものを考えます。自然と一体感を感じ、自然を味わうことに喜びを感じます。こういうことは、すべて社会の中で再生産されている文化です。しかし、これらの中で点数化されるようなものはほとんどありません。

 こういう例は、挙げればきりがありません。例えば、言葉だけで列挙すると、親孝行、自然への信頼、祖先への尊敬、日本語脳、よい姿勢、早寝早起きの習慣、清潔に対する感覚、色彩を表す表現、昔話に伝わる文化、助け合いの文化、譲り合いの文化、自己主張のない文化、誠実さや正直さに対する価値観、道を追求する文化、八百万(やおよろず)的な考え、オープン性、平和志向、静かな文化、清貧の思想、明るさに対する価値観、手先の器用さ、謝ればすぐに水に流す文化など、こういう日本の社会に伝わる文化のほとんどは、点数による評価とは無縁のものです。

 しかし、これらの文化は、点数評価を中心とした社会の中では、軽視されるどころか否定されてしまうこともあります。例えば、テスト勉強のコツとして、子供たちが、「時間がなかったら、選択問題はとにかくわからなくても埋めておけ」というようなことを教えられたとします。しかし、これは、日本文化の中にある正直さや潔さ(いさぎよさ)に対する価値観とは対極にある考え方です。



 日本文化は、以前、無の文化だと書いたことがあります。(「新たな知のパラダイム」)。それは、西洋における有の文化とは正反対の哲学に立脚しています。西洋の有の文化とは、個人のエゴを社会の構成原理としている文化です。そして、このエゴ的なものほど、点数化されやすいという傾向があります。

 点数は、どこができていたらプラス何点で、どこができていなかったらマイナス何点だというふうに、特定の場所を基準として誰にとっても共通に客観的に採点されるので説得力があります。無味乾燥な説得力というのが、点数文化の特徴です。

 それに対して、点数化されない文化は、全体の雰囲気の中で承認や共感を受ける形で評価されます。未来の教育のひとつの大きな方向は、この「点数の教育から、文化の教育へ」という流れの中にあるのだと思います。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
知のパラダイム(15) 

コメント欄

コメントフォーム
点数の教育から、文化の教育へ 森川林 20110409 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,511件
新着コメント1~10件
コメントは24時間以内に表示
■■12月4週 nane
 江戸時代の寺子屋では、席書と言って、子 12/14
■■12月4週 森川林
 オンラインで勉強している生徒は、せっか 12/14
来年の夏合宿の nane
 以前、教室で行ったキャンプでは、参加者 12/11
来年の夏合宿の 森川林
 先の話になりますが、今から夏合宿のいろ 12/11
子育ての原点を nane
 仕事も同じ。  売上とか利益とか黒字 12/10
子育ての原点を 森川林
 原点を忘れないというのは、難しいことで 12/10
長所を伸ばすの nane
 欠点をいくら直しても、ほかの人と同じに 12/6
長所を伸ばすの 森川林
 子供は、基本的に褒めているだけでいい子 12/6
【重要】12. nane
 最近は、オンラインの勉強が限りなくリア 12/6
【重要】12. 森川林
 思考発表クラブというのは、作文の構想図 12/6
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■学校の教育から、家庭の教育へ 4月7日
■受験の教育から、実力の教育へ 4月6日
■日本人の対話と欧米人のディベートとの違い 4月5日
■国語の記述問題にどう取り組むか 4月4日
■公立中高一貫校の勉強は家庭の対話で 4月2日
■日本の経済復興のために 4月1日
■言葉の森で、書くことが好きになり、読解力、作文力がついて、受験にも勝つ 3月31日
■4月1日から、福島県の新学期教材の再発送を開始(生徒父母連絡) 3月31日
■知的な対話が共有できる家族を目指す 3月30日
■放射能汚染対策に本当の科学の力を 3月29日
■作文力は、大学入試でも、大学に入ってからも役立つ 3月29日
■【重要】東日本大震災の被災地への新学期教材発送について(生徒父母向け連絡) 3月28日
■政治の力で日本全国の原発を廃棄しよう 3月28日
■作文を中心とした知的な創造社会 (日本の新しい産業 その八) 3月27日
■創造産業の重点は言語的、知性的なものに (日本の新しい産業 その7) 3月26日
■創造産業のさまざまな形 (日本の新しい産業 その6) 3月26日
■創造産業の広がり方 (日本の新しい産業 その5) 3月25日
■創造産業の前提としての日本の国防 (日本の新しい産業 その4) 3月25日
■人間の持つ創造性の土台としての不完全性 (日本の新しい産業 その3) 3月24日
■日本の未来は創造産業にある (日本の新しい産業 その2) 3月23日
■日本の新しい産業(その1) 3月22日
■今回の地震原発事故で得たもの 3月20日
■国民の英知を結集した情報交換を(日本の復活に向けて(その2)) 3月19日
■連休中の雨に備えて、福島原発周辺の下水管の閉鎖を 3月19日
■日本の復活に向けて(その1) 3月19日
■本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明) 3月18日
■東日本を放棄し、これ以上の犠牲を出さず、天皇陛下を中心に、全国民の力で日本を再建しよう 3月18日
■日本の真の独立国家としての再生を 3月17日
■大きく土のうで囲み水没させて湖に沈める 3月17日
■原発に川を引き込むか、原発を海に引き込むか 3月16日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。