5月の森リン大賞(中3の部) & 今日の教室 読書感想文のコツは、あらすじや感想を書くことではなく似た例を書くこと 5月の森リン大賞(中2の部) 過去問は仕上げのためではなく、作戦を立てるために取り組むことが大事 国語力をつけるには、共感力と論理性

記事 1874番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/8/18 
漢字の書き取りは、すぐにはできるようにはならないと思って気長に取り組む仕組みを
森川林 2013/07/12 09:33 



 facebook記事より。

====
 そろそろ夏休み。学校から成績をもらってくると、苦手だったところがわかります。
 先日も、あるお母さんから、「漢字が苦手だったんですけど」と、相談がありました。

 漢字が苦手というとき、多くの場合は、書き取りが苦手ということです。
 書き取りは、勉強の量に比例します。

 読みがよくできるのに、書き取りが苦手という子は、よく本を読んでいるのに、あまり勉強をしていない子で、そういう子は、実は大きな可能性があります。
 つまり、まだ余力がたっぷりあるのです。

 反対に、書き取りはよくできるのに、読みがそれほどでもないという子は、勉強のしすぎです。
 勉強はほどほどにして、もっと本を読まなければなりません。

 ところで、書き取りは勉強の量に比例するとは言っても、その量は実はかなりあります。
 大人は、自分が既にできているので、子供の漢字もやればすぐにできると思いがちですが、そういうことはありません。
 ちょっと漢字の問題集をやったからといって、すぐにできるようにはならないのです。

 漢字の書き取りは、気長に勉強する姿勢で取り組む必要があります。
 気長にやるためのコツは、毎日の生活習慣としてやっていくことです。

 毎日の生活習慣で、私がいちばんいいと思うのは、朝起きたらすぐにやることです。
 勉強は食事の前にやるのがコツです。

 よく、朝食後に勉強したり、夕食後すぐに勉強したりする子がいますが、それは能率の悪いやり方です。
 勉強は空腹のときにやるとき、最も能率が上がるのです。


 ▽参考までに、言葉の森の漢字集。
http://www.mori7.com/kg/koku/kk.php
(google chromeでも、縦書き表示ができるようになりました。まだブラウザによって揺れがありますが。)
====

 江戸時代の書き取りの練習は、1枚の半紙が真っ黒になるまで筆でひとつの文字をなぞり書きするという方法でした。
 だから、書き取りの練習は、手で覚えたのです。

 部首の意味で覚えたり、形から覚えたり、熟語として覚えたりという方法は、補助的なものです。
 練習の基本は、繰り返し同じ文字を書くという単純な方法なのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
漢字(17) 

コメント欄

touko 2017年2月23日 20時1分 77 
日本の学校では、やはり今でも書きとりがあるんですね。海外の生徒にはハードルが高いです。

コメントフォーム
漢字の書き取りは、すぐにはできるようにはならないと思って気長に取り組む仕組みを 森川林 20130712 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
めもやゆ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「めもやゆ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
読解力には段階 森川林
 子供たちの読解力が低下しているといった 7:32
読解力には段階 nane
 論理的な読解力をつけるのに、特別の教材 8/17
読解力には段階 森川林
 国語の読解力とは、単に論理的に読み取る 8/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■5月の森リン大賞(中3の部) & 今日の教室 7月8日
■読書感想文のコツは、あらすじや感想を書くことではなく似た例を書くこと 7月8日
■5月の森リン大賞(中2の部) 7月6日
■過去問は仕上げのためではなく、作戦を立てるために取り組むことが大事 7月6日
■国語力をつけるには、共感力と論理性 7月5日
■共感力の必要な国語の問題を解く力をつける勉強法 7月4日
■5月の森リン大賞(中1の部) 7月3日
■高校入試小論文問題と解説8「自分が工夫して解決した体験と将来の目標」 7月2日
■高校入試小論文問題と解説7「セレンディピティ」 7月2日
■高校入試小論文問題と解説6「情報化社会」の問題 7月2日
■高校入試小論文問題と解説5「遺伝子組み換え作物のメリットとデメリット」 7月2日
■高校入試小論文問題と解説4「野生化したアライグマによる京都の社寺の被害」 7月2日
■高校入試小論文問題と解説3「日頃関心を持っている学問分野」 7月2日
■高校入試小論文問題と解説2「因果関係と相関関係」 7月2日
■高校入試小論文問題と解説1「生きるということは徐々に……」 7月2日
■今日から七夕週間 7月2日
■選択式から記述式へ。googleリーダーの引っ越しをしながら考えたこと 7月1日
■漢字の読みの先取りと、暗唱漢字集 6月30日
■公立学校運営の民間への委託と、これからの作文教育の可能性 6月28日
■夏の体験学習が始まります 6月28日
■国語の記述式問題を解く力をつけるには 6月27日
■家庭での作文の教え方、算数数学の教え方、国語の教え方(1) 6月26日
■人に頼る勉強から自分で工夫する勉強へ 6月26日
■言葉の森の夏の無料体験学習 6月25日
■5月の森リン大賞(小6の作文から) 6月24日
■子供の読書、言葉の森の予習、受験小論文のfacebookグループ紹介 6月23日
■国語力を育てる要となる読書、作文、対話 6月22日
■これから来る自由で豊かな社会における教育の目標としての創造性 6月21日
■低学年からできる公立中高一貫校受験にも対応した「読解-記述-対話」の自習教材 6月20日
■公立中高一貫校の勉強の基本。塾-宿題-問題-試験型の勉強から、家庭-自習-読書-対話型の勉強へ 6月18日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare