記事 2135番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/18
森林プロジェクトで、家庭と地域の学習を広げる時代に
森川林 2014/05/05 04:39 



 小中学生の教育で最も大事なものは、教える先生の人柄です。
 学力は、勉強さえすれば誰でもつきますが、子供たちが先生を通して身につけるものは、知識ではなく、教える先生の生き方やものの見方や考え方や行動の仕方です。
 その意味で、子供たちの教育者として最もふさわしいのは、両親と地域で信頼される大人です。

 小中学生の勉強は、先生に教えてもらう勉強ではなく、自ら学ぶ勉強にしていく必要があります。また、教材に頼る勉強ではなく、シンプルな方法を徹底するような勉強にしていく必要があります。

 言葉の森では、これまでの30年間の作文指導のノウハウと、家庭学習のエッセンスをセットにして、両親が自分の子供や地域の子供を教えるという森林プロジェクトを始めました。
 これからの子供たちの学力を育てるのは、このような草の根からの教育です。
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 

コメント欄

コメントフォーム
森林プロジェクトで、家庭と地域の学習を広げる時代に 森川林 20140505 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
そたちつ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「そたちつ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
プログラミング nane
 言葉の森の通学教室の卒業生の結構多くの 1/15
プログラミング 森川林
 プログラミング教育は、最初は子供にとっ 1/15
日本一のオンラ nane
 なぜ日本一を目指すかというと、これから 1/13
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■言葉の森の作文指導が、ほかの作文指導と違うところ 5月4日
■低学年の勉強は国語力と作文力が最重点 5月3日
■言葉の森の受験作文小論文で書きやすい構成の仕方を身につける 5月2日
■国語力をどのようにしてつけるか 5月1日
■公立中高一貫校講座オンエア(1~4) 4月27日
■作文の実力をつけるには 4月25日
■家庭で行う自習のポイント 4月23日
■5月の実行課題がウェブで見られます 4月23日
■4月の自習検定のページ使えます(生徒父母連絡) 4月23日
■個性と創造の時代における学力 4月19日
■親子の対話の中心は、親の体験談 4月15日
■2月の森リン大賞より 4月14日
■寺子屋オンエア、試運転中 4月13日
■公立中高一貫校講座をオンエアで 4月13日
■算数・数学の勉強は、自分で答えを見て進めていく 4月13日
■幼児作文コースで幼児期に学力の土台を作る 4月12日
■バランスのよい枝葉を作ることより、しっかりした幹を育てること 4月11日
■自習表の書き方(簡易版) 4月8日
■小1小2は、勉強をする時期ではなく、勉強の習慣を作る時期 4月7日
■読書は勉強よりも優先して 4月6日
■小1、小2は勉強の習慣を作る時期 4月5日
■勉強は追加すればだらだらやるようになり、早めに終えれば集中力がつくようになる 4月2日
■中学生になっても言葉の森を続けた方がいいかどうか 3月31日
■言葉の森のこれからのビジョン 3月29日
■卒業生からのメッセージ「言葉の森の思い出」 3月26日
■MOOC(大規模公開オンライン講座)とは対極にある幼・小・中の教育が未来の産業の土台となる 3月24日
■大学合格のお知らせのメールが卒業生から 3月19日
■家庭での自習のコツ 3月19日
■4月の遊びと行事の実行課題を募集中 3月16日
■寺子屋オンエア方式で通信の授業も通学的なスタイルに 3月12日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。