国語力をアップさせるコツと付箋読書 勉強の中身と勉強の形 父母講座 1冊主義――1冊を軸にしてすべてに対応する 作文力の本質は思考力、思考力の本質は語彙力

記事 2225番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/6/18 
勉強はやりやすいものほど密度が薄い
森川林 2014/09/23 17:10 


 せっかく楽しく勉強をしているのに水を差すようですが、やりやすい勉強というのは、実は密度の薄い勉強であることが多いのです。

 それは、読書の場合も同じです。人の話を聞く場合でも同じです。
 肝心な内容の間に、息抜きの部分が入っているので、楽に読んだり聞いたりすることができます。
 だから、難しい本を読んだり、密度の濃い話を聞いたりしていると、理解力がその密度についていけなくなって眠くなることが多いのです。

 密度の薄い勉強で楽しく長時間できる方がいいか、密度の濃い勉強で苦しいのを我慢して短時間で集中的に取り組める方がいいかは人によって違ってきます。
 一般に、低学年の場合は、勉強の習慣をつけることが大事なので、密度は薄くても楽しく勉強できた方がいいと言えます。
 だから、子供がくたびれているときは、「今日は読書だけにしておこうね」というような対応がいいのです。その読書ももちろん、子供が楽に楽しく読めるようなものです。

 小学校高学年や中学生になり、高校生になると、次第に本人が密度の濃い勉強を求めるようになります。
 ときどき、中高生向けに、楽しく英単語を覚えるゲームアプリなどが紹介されることがありますが、まともな中高生ならばそういうものには見向きもしません。紙ベースでしっかりやった方が確実に身につくとわかっているからです。

 ここで、ひとつ問題になるのは、塾や予備校などで友達が一緒にいると、密度の薄い勉強でも、ついそのまま続けてしまうことがあることです。
 勉強というものは、ひとりでやった方が密度の濃いものになります。他人と一緒にやれば、その分必ず密度が薄くなります。

 しかし、人間はよほど気力が充実しているときでないと、ひとりで勉強に取り組むことができません。
 これは、仕事も同じで、ひとりで困難な仕事に取り組める人は、気力の充実している人です。ほとんどの人は、他人との関わりで、締め切りがあるとか、約束があるとかいう形にしないと、難しい仕事には取り組めません。

 そこで、今考えているのは、ひとりでも密度の濃い勉強や仕事に取り組める方法です。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 自習表(5) 

コメント欄

コメントフォーム
勉強はやりやすいものほど密度が薄い 森川林 20140923 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
にぬねの (スパム投稿を防ぐために五十音表の「にぬねの」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~10件
誰でも暗唱がで 森川林
 国語力をつける方法としては、読書と音読 6:19
誰でも暗唱がで nane
 なお、暗唱検定試験は1回500円、オン 6:8
誤字対策は漢字 匿名
「大幅な原点になってしまうことがあります 6/16
6月のオンライ nane
今回のオンライン懇談会は、テーマを「子供 6/15
6月のオンライ 森川林
 6月4週は、いろいろな企画が目白押しで 6/15
人に教わるので nane
 世の中はテストによって進歩してきたので 6/15
人に教わるので 森川林
 勉強が苦しいと思うのは、人からさせられ 6/15
親子の対話が子 nane
 小学校高学年の難しい課題の感想文のとき 6/14
親子の対話が子 森川林
 子供に何かを聞かれたとき、子供が興味を 6/14
作文は準備七分 nane
 作文の準備で、何が面白いかというと、取 6/13
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語力をアップさせるコツと付箋読書 9月22日
■勉強の中身と勉強の形 9月21日
■父母講座 9月20日
■1冊主義――1冊を軸にしてすべてに対応する 9月19日
■作文力の本質は思考力、思考力の本質は語彙力 9月18日
■難しい問題と、難しそうに見える問題 9月17日
■低学年の漢字力、計算力をどうつけるか 9月16日
■寺子屋オンエアのページを更新。skypeも利用して個別指導を 9月15日
■変化の時代の子育てと、仕事の力をつけるための勉強 9月13日
■寺子屋オンエアと自然合宿の組み合わせによる勉強 9月12日
■子供に自分で○付けをさせたら、答えを先に見てしまうのでは、という心配をしないために 9月11日
■寺子屋オンエアに見る新しいネット教育 1 9月10日
■小中学校の勉強は、意欲、教材、方法、かけた時間に比例。考える力をつける本質的な難しさは読書と対話から 9月9日
■英語学習の方法 9月8日
■世界のシナリオは、経済変動のあと、社会の大きな代謝に 9月7日
■奪い合う社会から与え合う社会へ 9月6日
■勉強はのんびり気長にやるほど得意になる 9月5日
■思考力は、答えのない世界を楽しむことで育つ 9月4日
■将来のその子の仕事のための教育と子育て 9月3日
■家庭学習は、毎日少しずつ、丸付けは自分で、読書も勉強のうち 9月2日
■実力をつける全教科の勉強の土台の上に、思考力と創造性を育てる作文の勉強を 9月1日
■旧社会から新社会へ(2)自学自習の本質的な勉強と、未来の学力となる創造的な勉強 8月31日
■旧社会から新社会へ(1)江戸時代の寺子屋に見る未来の教育の姿 8月27日
■教えすぎ、教材の与えすぎが子供の学力を低下させる 8月25日
■記述問題に対応するための家庭学習の方法 8月23日
■学力テスト(模試)の点数が低くても気にしない 8月18日
■理屈で理解する勉強法から、まるごと自分のものにする勉強法へ 8月13日
■競争の勝ち負けよりも、自分の使命に合わせた創造 8月12日
■これからの世界、日本、教育 4 8月10日
■8月5~7日の夏合宿、終わる 8月8日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare