記事 2293番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/7/21 
自前主義、本質志向、起業精神
森川林 2015/01/19 08:24 


 経済がリセットされるとき、新しく生まれる三つのトレンド。
 カタカナ語を使わずに言うと、経済の行き詰まりがいったん終焉を迎え初期化されるとき、新しく生まれる三つの社会的精神的傾向。かえってややこしい(笑)。

 その三つのトレンドのうちの一つが、自前主義、つまり生活の基本はできるだけ自分たちでやろうということです。
 これまでは、物やサービスを買うという形で、あるいは行政のサービスを受けるという形で、他人任せにすることが一般的でした。
 しかし、これからは、生活に密着したものは、自分たちの家庭や地域の中で、自前でやっていこうという動きが出てきます。そして、その範囲は、生活の周囲から次第に広がっていきます。

 二つ目が、本質志向です。
 自分たちでやるから、自然に本質的なものを志向するようになります。
 農業でも、商品化して人に売るときは、曲がったキュウリではだめで、何しろ見た目のよさが重要になります。しかし、自前で作るときは、曲がっていようが虫が食っていようが気にせずに、何しろ安全なものを作るようになります。
 これが、農業に限らず、あらゆる分野で起こります。
 その本質志向の普及を加速させるのが、インターネットによる情報交換です。

 三つ目が、起業精神です。
 自前主義、本質志向なら、自分の得意な分野で社会に貢献しようという人が次々と出てきます。
 そして、世界の大きな流れは、大企業になればなるほどますます人件費を削る方向に進みます。なぜなら、工業時代の物を売る仕事は、サービスという「物」を売る仕事も含めて、既に供給が過剰になっているからです。
 まだ途上国には膨大な需要があるという人もいますが、人間の求める需要は人間の自然の数に応じてしか増えませんが、機械の作る供給は機械的にいくらでも増やせます。だから、膨大な需要もすぐに供給で埋め尽くされるのです。
 そこには当然環境の問題も出てきますが、環境保護もまた新しい需要として、新しい供給によって埋められていきます。

 こうして、これまでの大衆消費社会はそのまま残りますが、それはもはや社会の後景に退き、それに代わって、各人が各人の好みに応じて生産する社会が生まれてきます。
 やがてそのミニ生産の中から、突出したものが出てくると、それが「道」の文化として確立するようになります。
 この「道」の文化は、高度化するにつれて、広い裾野を形成するようになります。こうして、日本発の新しい文化的経済が生まれるのです。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
新しい産業(23) 未来の教育(31) 言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

コメントフォーム
自前主義、本質志向、起業精神 森川林 20150119 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
すせそた (スパム投稿を防ぐために五十音表の「すせそた」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
先生の役割 nane
 「塾に任せてください。お母さんは何もす 6:20
先生の役割 森川林
 野口英世のお母さんは、無学でした。 6:20
幼児から小3ま nane
 英語教育に関しては、いろいろな論議があ 7/20
……次のコメント

過去の記事

過去の1~30件目を表示
■創造の時代の準備 1月16日
■国語力をつけるための国語問題集読書は、音読と対話で補強する 1月15日
■作文の勉強は、先生との触れ合いが大事――どんなによい教材でも教材だけではある時期から書けなくなる 1月14日
■読書は薬を飲むように読むのではなく、美味しいものを味わうように読む 1月13日
■創造性を育てる作文指導と、本質的な学力を育てる寺子屋オンエア指導 1月12日
■言葉の森の作文指導の特徴――事前指導で苦手な子も楽に書け、得意な子は更に得意に 1月8日
■「灘→東大理3の3兄弟を育てた母の秀才の育て方」を読んで 1月6日
■問題集読書で、記述式の語彙力と、読解問題の消去法を身につける 1月5日
■作文試験は、字数が長ければ意味がある。200字や400字の作文では評価の意味がない 1 1月4日
■受験作文小論文コースの添削アドバイスをアップ 1月2日
■新しい一月一日の朝を迎えて 1月1日
■新年を迎えて平成27年(2015年) 1月1日
■この一年をふりかえって――試行錯誤と新しいビジョン 12月31日
■小2の課題の暗唱長文の追加 12月28日
■物語文の読解力は読書から 12月27日
■受験前には、やり方を変えたり、新しいことを試みたりしないこと。不安なのは誰でも同じ 12月25日
■寺子屋オンエアで集中力のある学習 12月24日
■本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その3) 12月21日
■本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その2) 12月19日
■本質教育、実力教育、創造教育、文化教育(その1) 12月19日
■子供の学力は家庭で決まる 12月18日
■自習検定を更に本格的に 12月16日
■寺子屋オンエアの体験学習生徒を募集中(言葉の森の生徒対象) 12月15日
■言葉の森を卒業した大学生・社会人のための学問コース 12月13日
■受験コースの作文、最終チェック(言葉の森の生徒対象) 12月12日
■国語は問題を解くのではなく何度も読むこと、算数数学はできなかったところだけを何度も解くこと 2 12月5日
■国語は問題を解くのではなく何度も読むこと、算数数学はできなかったところだけを何度も解くこと 1 12月4日
■学力をつけるには、正しい勉強法がすべて 11月27日
■作文検定試験とインターネット 11月21日
■「勉強の仕方がわからない」という調査結果をどう見るか 2 11月20日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺オン作文クラス(2)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。