「受験直前まで過去問をやらないように」という塾 中学・高校・大学入試の志望理由書の書き方(再掲) 受験作文小論文コースの解説作成やっと終わる 低学年のうちから自分で勉強する習慣を――そして厳父慈母の実践 学年別作文の特徴と指導のポイント2

記事 2433番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/5/26 
作文に生かすことわざの引用と加工
森川林 2015/10/03 06:30 


 小学生が、作文にことわざを引用すると、その部分がひとつの光る表現になります。
 平板な事実の中に、感想の深みが出てくるのです。

 しかし、ことわざというものは、意識して出てくるものではありません。その文章の文脈の中で自然のひらめきとして思いつくものなのです。
 だから、子供に、「こういう(事実の)ときに、どんなことわざを使えばいいか」と聞かれても、すぐには答えは出てきません。
 ことわざの引用を意識的にすることは、大人でも難しいのです。

 同じく難しいのが、ダジャレの引用です。しかし、この話は置いといて(笑)。

 ところで、ことわざの引用が文章を効果的にするのは、小学生までの間です。
 中学生や高校生、更に大人が文章にことわざを引用すると、その部分だけかえってありきたりの表現になってしまいます。

 せっかく個性的な事実を書いておきながら、それをありあわせの言葉でしめくくってしまうというのがことわざの直接的な引用です。
 大人の場合は、ことわざはそのまま引用するのではなく、加工して引用するといいのです。

 ことわざの引用と同じように陳腐な表現になりやすいのが、流行語の引用です。
 少し前までよく使われる表現に、「背中を押される」というのがありました。自分の迷いを振り切って行動するように促されるというような意味です。
 イメージ力のある言葉ほど鮮度が落ちるのも早いので、何度か使われているうちに、かえって古臭い表現のようになってきました。

 文章は、伝える中身が大事ですから、表現は平凡でいいのですが、その流行語を使いたいときもあります。
 そのときに使うのが、流行語の加工です。
 例えば、「背中を押される」の代わりに、「お尻を押される」とか「お腹を引っ張られる」とかいう表現を使うのです。(かなり変ですが)

 しかし、この流行語の加工は、その流行語が既に共有されている人の間でしか通用しません。
 日本語は、同質の文化環境の中で育ってきた言葉なので、こういう共有の範囲がほかの言語よりもかなり広くなっています。
 例えば、誰かが閉まっているドアを開けようとしたときに、中にいる人が、「山」と言えば、自然に、「川」という言葉が出てきます。「え、山がどうしたの」などと言う人はあまりいません。
 この共有度の高さを生かしたものが、言葉の加工なのです。

 ことわざの加工は、高校生の小論文でも使えます。
 もちろん、それ以前に中身の文章がしっかり書いてあることが重要ですが、小論文を書き終えて時間の余裕のあるときは、文章の結びの5行の表現を工夫していくといいのです。
 その工夫の方法が、ことわざの加工や、流行語の加工や、自作名言や、書き出しのキーワードに戻ることなどなのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) 

コメント欄

森川林 20151006  
 ことわざを作文に引用すると、小学生の間は、事実に深みが出てきます。
 しかし、中高生になると、個性的な事実を、ありきたりの見方でしめくくってしまうおそれが出てきます。
 だから、ことわざを使いたいときは、ことわざを加工して使うのです。
 そのいちばん簡単な例は、反対の意味にして使うことです。
 例えば、「木から落ちるサルは滅多にいない」「川を流れるカッパはカッパとは言えない」「ウリのつるにナスビをならす」「五十歩と百歩は二倍も違う」「医者の養生」……いくらでも出てくるわ(笑)。

わてな 20160623  
言葉の森、やってます❣️
参考になりました!

森川林 20160624  
 わてなさん、こんにちは。
 これから、ことわざの加工、がんばあってやってください。
 ダジャレのようなセンスが必要(笑)。

コメントフォーム
作文に生かすことわざの引用と加工 森川林 20151003 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
れろわを (スパム投稿を防ぐために五十音表の「れろわを」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~10件
答えのない勉強 nane
 「勉強は成績をよくするが、読書は頭をよ 5/25
答えのない勉強 森川林
 勉強の差は点数ですぐに見えますが、読書 5/25
親が本当に子供 nane
 日本のロケットの父と言われる糸川英夫氏 5/24
親が本当に子供 森川林
 成績を上げるとか、体力をつけるとかいう 5/24
音声入力のコツ nane
 AIによって音声認識が実用可能なものに 5/24
音声入力のコツ 森川林
 音声入力のいちばんの利点は、書くことが 5/24
言葉の森の勉強 nane
 普段の学校や塾でのテストは、出題範囲の 5/23
言葉の森の勉強 森川林
 言葉の森で真面目に作文の勉強をしている 5/23
東大推薦入試型 nane
 寺子屋オンラインの発表学習コースの料金 5/22
東大推薦入試型 森川林
 考える力のある子にとって、受け身で聞く 5/22
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「受験直前まで過去問をやらないように」という塾 10月2日
■中学・高校・大学入試の志望理由書の書き方(再掲) 10月2日
■受験作文小論文コースの解説作成やっと終わる 10月1日
■低学年のうちから自分で勉強する習慣を――そして厳父慈母の実践 10月1日
■学年別作文の特徴と指導のポイント2 9月28日
■学年別作文の特徴と指導のポイント1 9月27日
■勉強とテレビゲーム――素直に言うことを聞く時期に、子供の自主性を育てる 9月25日
■作文力は、ひとまとまりの文章を書くことで身につく。そのためには、読む練習、褒め言葉、事前の準備が大事 9月24日
■国語力は、受験だけでなく社会に出てから役に立つ 9月23日
■言葉の森のちょっと未来の話2――どの子も自分に合った進度で勉強でき、学力と創造性を伸ばせる教育システム 9月20日
■言葉の森のちょっと未来の話 9月18日
■作文も、音読も、勉強も、理解より慣れが大事な勉強 9月17日
■寺子屋オンエアの勉強の仕方で注意すること――勉強は長時間やらせない、問題集に答えを書かない、面白い本を中心に少しずつ難しい本を、問題集読書は音読が大事 9月16日
■寺子屋オンエアの家庭学習は凡事徹底の勉強 9月15日
■受験コースの作文の勉強の仕方 9月14日
■教育の距離感――天外伺朗さんの「教えないから人が育つ」と、中室牧子さんの「学力の経済学」 9月12日
■2020年の教育改革に向けて勉強の方向を考える 9月11日
■国語力の二つの段階――第一段階は理屈で理解、第二段階は音読で難読に慣れる 9月10日
■ネット教育の新しいスタイル、寺子屋オンエア1 9月8日
■子育ての原則は、ルールを守ること、やらせすぎないこと2 9月7日
■子育ての原則は、ルールを守ること、やらせすぎないこと1 9月4日
■寺子屋オンエアによる家庭学習1――自立心を育てるためには 9月3日
■「地方消滅 創生戦略篇」(増田寛也・冨山和彦著 中公新書)を読み、寺子屋オンエアとの関連を考える 8月29日
■上田渉さんの「勉強革命」読んで――物語文と説明文の読解 8月28日
■言葉の森の先生の話のあとはよく書けるのに、学校ではうまく書けないというケース 8月27日
■家庭で音読の学習を無理なく続けるために 8月25日
■上田渉さんの「勉強革命」を読んで――音読を基本にした国語力 8月24日
■親が簡単に教えられる小1、小2の時代にこそ正しい勉強法を 8月21日
■集中力がない子にどう接するか 8月20日
■注意する言葉であっても、明るい波動で 8月19日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare