記事 2484番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/21
小学校高学年以上の生徒に読ませる本
森川林 2015/12/03 10:17 


 日本の子供の読書環境は、幼児や低中学年のころに読む本はかなり充実しています。
 よく、どういう本を読んだらよいかという質問を受けますが、書店や図書館に並んでいる本で面白そうなものはどれでもいいというぐらいよいい本がそろっています。

 ただし、次のような本の選び方はあまりよくありません。
 それは、
(1)名前が有名だからという理由だけで読ませる本(難しすぎたり、逆に子供向けに省略されていたりするものがあります)、
(2)親が昔読んだ感動した本(現代に合わない暗い話になっているものが多いです)、
(3)「○年生の読みもの」などと銘打ってある本(短い話がぶつ切りに載っているようなものが多く、読書に没頭するという読み方ができません)

 いい選び方は、次のようなものです。
(1)ブックオフなどに並べられている本(よく読まれているものが多いからです)、
(2)本の奥付を見て何度も印刷されていることがわかる本(人気のある本だからです)、
(3)シリーズ化されている本(「フォア文庫」「青い鳥文庫」などのようにシリーズ化されているものは、これまでに人気のあった本だからです)

 さて、小学校中学年のころまでは読書環境が充実していますが、小学校高学年、中学生、高校生になると、その年齢にふさわしい本がだんだん少なくなってきます。
 高校生で本を読まない人が多いというのも、やはりいい本が身近にないためです。昔は、高校生向けの新書版の本が何種類かありましたが、今はあまり見かけません。
 特に、説明文の本は、書店にはほとんどないと言っていいので、いい本を探すためには図書館を利用していく必要があります。
 図書館では、「岩波ジュニア新書」「ちくま少年図書館」「ちくまプリマー新書」などが並んでいると思います。

 しかし、父親や母親が最近読んで感銘を受けた本であれば、小学校高学年以上の生徒でも、同じように読めるものがかなりあります。
 私が数日前人に薦められて読んだ本で面白かったものは、「サラとソロモン」のシリーズです。
 ストーリーもいいのですが、中に説明的な言葉がよく出てきます。ストーリーの面白さにひかれて読んでいくうちに、説明的な概念も身につきます。
 このような大人も、高学年以上の子供も同時に楽しめるような本は結構あると思います。

 ただし、ここで注意することは、自分が読んでよかったと思った本でも、必ずしも子供はそうは思わないことがあるということです。
 読書というものは個性的な面がありますから、好き嫌いははっきりしています。
 そこで、読ませ方のコツとしては、2冊以上の本を並行して読むようにすることです。1冊だけにこだわると、その本にあまり関心がない場合、そこで読書が止まってしまいます。2冊以上を同時に読んでいれば、1冊にあまり興味がわかないときでも、ほかの本を手に取ることができます。

 また、読書は必ず毎日読むようにさせることです。週に3日とか4日とかいう読み方では、読書の習慣はつきません。
 何しろ毎日読むことが大事で、その目安は、本当は毎日50ページ以上です。しかし、読書の苦手な子は、毎日50ページ以上ではかえって続きませんから、少なくとも10ページ以上は読むというようにしておくといいと思います。その場合でも大事なことは、毎日読むということです。
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

コメント欄

コメントフォーム
小学校高学年以上の生徒に読ませる本 森川林 20151203 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
てとなに (スパム投稿を防ぐために五十音表の「てとなに」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
親子の対話は、 nane
 子供の思考力を伸ばすのは、読書と対話で 2/19
親子の対話は、 森川林
 お父さんやお母さんは忙しいので、子供の 2/19
高校入試小論文 野獣先輩
わかりやすスギイ 2/17
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■受験作文コースの今の時期に大切なこと 12月2日
■英語を学ぶのは小4以降――帰国子女の日本語教育の基本は家庭 12月1日
■21世紀に求められる教育と仕事と森林プロジェクト 11月30日
■小学校1、2年生は、日記の宿題よりもまず読書を――家庭学習の基準は中高生まで続けられること 11月27日
■中学生の勉強も基本は音読暗唱で 11月26日
■読書は、好きな1冊を何度も、じっくりよりも早く、易よりも難で 11月25日
■遊びによる子供の個性の発見のためには、他の家族の遊び方を参考にすることも必要 11月24日
■帰国子女の漢字の勉強は作文で 11月23日
■外国人にとって日本語を学ぶのは意外と簡単 11月22日
■作文指導も今後はネットの中で――森林プロジェクトの未来 11月21日
■家庭が子供の教育のもとになる場――「天才はなぜ生まれるか」を読んで 11月20日
■中学生の問題集読書の進め方――読解問題の選択肢の分析 11月19日
■親子の遊びを小学校低学年の作文に生かす――実行課題作文発表会 11月18日
■学習障害を改善する高速言語入力、そしてその先にある超速読と超暗唱という方法 11月17日
■日本語が学力の中心――帰国子女の日本語教育と暗唱学習 11月16日
■外国人が日本語を勉強する方法としての読書、音読、暗唱 11月15日
■森林プロジェクトと寺子屋オンエアを通信制のフリースクール的な学校に 11月14日
■家庭学習の基本は、毎日同じことを同じように――新しい暗唱長文集を作成中 11月13日
■中学生は、その場しのぎでなく、長期的な作戦を立てた勉強を 11月12日
■遊びのような勉強――プレゼン作文発表会 11月11日
■世界を豊かにするための三つの対策と森林プロジェクト 11月10日
■読書についての質問二つ――「『かいけつゾロリ』ばかり」「質問しても答えられない」 11月10日
■帰国子女と受験作文 11月9日
■外国人と日本語――それぞれの関心に合わせた日本語の本の読書会を計画中 11月8日
■森林プロジェクトの話――作文検定と交流会 11月6日
■中学生の勉強は、差のつく数学、大事な国語、読む英語 11月6日
■遊びは創造性を育てる勉強 11月5日
■中学生になる前に、勉強に取り組む姿勢を作る 11月4日
■高校生になったら、易しい本をたくさん読むよりも難しい本に挑戦 11月2日
■子育ての重要な目標は、一に勉強、二に個性を育てること――子供の教育は学校+家庭学習で 10月31日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。