中学生の作文が高校生以降の小論文の基本――そのために読む力をつける 田舎に行ったら言葉遊び――暗唱長文集も遊びの感覚で 小学校高学年以上の生徒に読ませる本 受験作文コースの今の時期に大切なこと 英語を学ぶのは小4以降――帰国子女の日本語教育の基本は家庭

記事 2487番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/6/29 
若者は就職以外の道も考えよう――森林プロジェクトのように自分で働ける仕事の展望を
森川林 2015/12/09 20:27 


 甲野善紀さんは、古武術を自分なりに研究して新たな境地を切り開いてきた人です。
 その甲野さんが、「今までにない職業をつくる」という本を出しています。これは、自分がこれから作るというのではなく、今の若者の仕事の状況を見て、やむにやまれぬ気持ちで、「もっと自分たちで新しい職業を作ればいいんだよ」とアドバイスしているのだと思います。
http://www.amazon.co.jp/dp/4903908593
 若い人たちの就職の環境は、今のままではますます展望のないものになっていきます。
 派遣という形の仕事が増えると、当面の生活は何とかなりますが、その仕事の中で自分が何かを学び成長するという面がどうしても弱くなります。

 しかし、正社員でもその事情はあまり変わりません。生活の安定度がある程度あるとしても、これからの社会では、高度成長時代のように毎年規模が拡大するような仕事はもうありません。
 逆に、毎年縮小する市場を多くの企業が奪い合う中で、そのしわよせは社員に向けられます。つまり、競争の中で最も削減の対象となるのは人件費なのです。

 そのため、正社員であっても、仕事の中で自分の成長や挑戦が実感できる人はごくわずかで、ほとんどの人は、縮小する市場の中でいかに仕事を能率よくこなすかというようなところに力を入れざるを得なくなっていきます。
 若い人の離職率が高いのは、根性がないからではなく、やはりその仕事の中で先の展望が見えない気がするからなのだと思います。

 昔のように、会社自体が発展していく中であれば、長年勤めているだけで、部下が増え新しい仕事が増えました。それに伴って、自分も成長していくことができたのです。
 しかし、これからのように会社も市場も縮小していく中では、仕事の中で成長するどころか、今ある能力自体もさびついていく可能性が高いのです。

 では、どうしたらいいかというと、それは、若いうちに時間を味方にすることです。
 時間を味方にするというのは、時間をかければかけるだけその分野のプロになれるようなことに今から着手しておくのです。

 甲野善紀さんが、古武術の研究を始めたころは、そういうことが仕事になると思っている人は誰もいなかったでしょう。本人自身も、それが仕事になるとは思っていなかったではずです。
 しかし、自分の好きなことをずっと続けていく中で、やがて時間がたち、気がついたら押しも押されぬその分野の第一人者になっていたということなのです。

 これからが個性の時代というのは、こういうことなのです。
 個性というものが持って生まれたものだけであれば、それが特に何かに役に立つことはあまりありません。しかし、時間をかけた個性であれば、それは個性を生かした仕事に結びつくのです。

 しかし、個性というぐらいですから、みんなと同じ安全に見える道を歩いていたのではその分野の第一人者にはなかなかなれません。
 例えば、野球やサッカーやバスケットボールというメジャーなスポーツであれば、同好の士も多いし、練習する機会や場所も幅広く提供されています。しかし、その分野でプロになる可能性はほとんどないでしょう。
 ところが、周りに同じことをやっている人がほとんどいないような珍しいスポーツであれば、最初は誰からも相手にされないという苦労を味わうでしょうが、何年もたつうちに、そのスポーツの第一人者になっている可能性がずっと高くなるのです。

 これが、昔のような住んでいる地域に限定された狭い情報の社会であれば、人と違うことをやっていることは特に大きな利益にはなりませんでした。
 しかし、今のインターネット時代の特徴は、ロングテールなのです。つまり、インターネットを使えば世界中が市場ですから、自分の住んでいる町が人口10万人で1人だけ同じ趣味を持つ人がいたとしたら、同じ確率で考えると日本全体の1億人の中では、1000人も同じ趣味を持つ人がいます。世界全体で考えれば、もっと多くの仲間がいて、その人たちに自分の経験を教える仕事をすれば、そこに大きなマーケットが生まれるのです。

 こういうことが可能になるのは、ただ自分の好きなことに時間をかけることによってです。そして、若いということは、これからの時間がたくさんあるということです。
 だから、今仕事をしている人も、これから新たに社会に出る人も、まず自分の好きな分野で、多くの人がまだ参加していない分野をライフワークにする展望で取り組んでいくといいのです。

 言葉の森では、森林プロジェクトという名称で、作文を教える仕事を提供していますが、これを今後作文だけでなくもっと幅広い分野でできるものにしていきたいと思っています。
 当面、毎月第二火曜日は、森林プロジェクトに参加している人の交流会を、googleハングアウトで行っていく予定です。

 同じようなことをしているところは、今はたくさんあるはずです。
 若い人たちは、こういうさまざまな機会を利用して、自分のライフワークを見つける参考にしていくといいと思います。
 そのときに大事なことは、まず第一に自分の好きなこと、そして第二にできるだけみんなのやっていないことを時間をかけてやっていくことです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 

コメント欄

suman 20160905  
仕事は自分の能力を伸ばしたり挑戦したりする機会だとすると、「就職」以外の道を考えるほうが、ライフワークに結びつくかもしれませんね。

コメントフォーム
若者は就職以外の道も考えよう――森林プロジェクトのように自分で働ける仕事の展望を 森川林 20151209 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,924件
新着コメント1~10件
これからの子育 nane
 子供を見るときには、その子が将来どうい 6/24
これからの子育 森川林
 昔は、本を読んでいる暇があったら勉強し 6/24
「子供が説明す 森川林
 あきらめのはまだ早い(笑)。  これ 6/23
作文はよく書け nane
 受験直前でもなければ、国語の成績を上げ 6/23
作文はよく書け 森川林
 国語の入試問題というのは、大体いじわる 6/23
「子供が説明す kaka
私の娘も六年生で、いまだに2語までの文章 6/22
読むことが苦に nane
 勉強しすぎると頭が悪くなる、というのは 6/19
読むことが苦に 森川林
 低学年ですごく成績がいい子というのは、 6/19
読書と勉強を両 nane
 言葉の森の通学クラスに作文を書きにくる 6/15
読書と勉強を両 森川林
 小学校低中学年の勉強は、基本的なことば 6/15
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■中学生の作文が高校生以降の小論文の基本――そのために読む力をつける 12月5日
■田舎に行ったら言葉遊び――暗唱長文集も遊びの感覚で 12月4日
■小学校高学年以上の生徒に読ませる本 12月3日
■受験作文コースの今の時期に大切なこと 12月2日
■英語を学ぶのは小4以降――帰国子女の日本語教育の基本は家庭 12月1日
■21世紀に求められる教育と仕事と森林プロジェクト 11月30日
■小学校1、2年生は、日記の宿題よりもまず読書を――家庭学習の基準は中高生まで続けられること 11月27日
■中学生の勉強も基本は音読暗唱で 11月26日
■読書は、好きな1冊を何度も、じっくりよりも早く、易よりも難で 11月25日
■遊びによる子供の個性の発見のためには、他の家族の遊び方を参考にすることも必要 11月24日
■帰国子女の漢字の勉強は作文で 11月23日
■外国人にとって日本語を学ぶのは意外と簡単 11月22日
■作文指導も今後はネットの中で――森林プロジェクトの未来 11月21日
■家庭が子供の教育のもとになる場――「天才はなぜ生まれるか」を読んで 11月20日
■中学生の問題集読書の進め方――読解問題の選択肢の分析 11月19日
■親子の遊びを小学校低学年の作文に生かす――実行課題作文発表会 11月18日
■学習障害を改善する高速言語入力、そしてその先にある超速読と超暗唱という方法 11月17日
■日本語が学力の中心――帰国子女の日本語教育と暗唱学習 11月16日
■外国人が日本語を勉強する方法としての読書、音読、暗唱 11月15日
■森林プロジェクトと寺子屋オンエアを通信制のフリースクール的な学校に 11月14日
■家庭学習の基本は、毎日同じことを同じように――新しい暗唱長文集を作成中 11月13日
■中学生は、その場しのぎでなく、長期的な作戦を立てた勉強を 11月12日
■遊びのような勉強――プレゼン作文発表会 11月11日
■世界を豊かにするための三つの対策と森林プロジェクト 11月10日
■読書についての質問二つ――「『かいけつゾロリ』ばかり」「質問しても答えられない」 11月10日
■帰国子女と受験作文 11月9日
■外国人と日本語――それぞれの関心に合わせた日本語の本の読書会を計画中 11月8日
■森林プロジェクトの話――作文検定と交流会 11月6日
■中学生の勉強は、差のつく数学、大事な国語、読む英語 11月6日
■遊びは創造性を育てる勉強 11月5日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。