国語力アップの秘訣(1)――読む力をつける 「作文が全然書けないんです」という相談 読む力書く力をつける言葉の森の読書作文教育 書を持って街に出よう 作文の勉強が親子バトルにならないようにする方法

記事 3046番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/10/22 
国語力アップの秘訣(2)――問題集読書のすすめ
森川林 2017/09/21 07:18 


 問題集読書は、飽きて続けにくくなることが多いので、家庭でどう続けるかということが大事になります。
 その問題集読書を続ける方法はあとで書くことにして、まず問題集読書の意義にについて説明していきます。

 国語の問題集は問題を解くものではなく、問題文を読むために使うものと考えることです。
 それはなぜかというと、問題を解くと、答えが合っていたかどうかということに終始してしまうからです。
 こういう勉強の仕方では、国語の問題をいくら解いても、国語の力はつきません。

 国語の読解問題で大切なことは、正しい答えがわかることではありません。
 正しくない答えがなぜ正しくないかわかることです。
 易しい国語の問題であれば、正しい答えがわかる程度でも正解になります。
 しかし、入試問題レベルのテストになると、正しくない答えがなぜ正しくないかがわからなければ、正解にはなりません。

 国語の点数にムラがある子の多くは、正しい答えがわかるという勉強の仕方をしています。

 正しくない答えがわかるためには、問題文をじっくり読む必要があります。
 問題文をじっくり読むためには、問題文の文章に書かれている内容や語句に慣れている必要があります。
 特に、難関校の国語の問題の文章は長いものが多いので、難しい文章を読み慣れていることが国語力をつける大前提になるのです。

 問題集読書では、問題を解くのではなく、問題集にあらかじめ答えを書き込んでおき、その問題でなぜそういう答えになるのかを読むようにしていきます。
 最初は、ただ問題文と設問と答えを読むだけでかまいません。
 慣れてきたら、正しくない答えがなぜ正しくないかも考えながら読んでいきます。

 それを1冊の問題集について、5回繰り返します。
 同じものを繰り返すということが大事で、これは国語の勉強に限らずすべての教科について言えることです。

 この繰り返しの勉強を形骸化させないために、問題集読書は音読が基本です。
 子供は音読を嫌がり、黙読で済ませようとしますが、黙読では繰り返しているうちに斜め読みになり、やがて表面だけの読み方になります。

 子供が音読を嫌がらないようにするためには、親がその音読の仕方を絶対に注意しないことです。
 子供の音読というものは、近くで聞いていると、必ず何かひとこと言いたくなるものです。
 それをじっと我慢して、音読したことを褒めてあげるだけにするのです。

 問題を解くとか、書いて覚えるとかいうやり方よりも、ただ読むだけでというやり方がなぜよいかというと、読む勉強は、解く勉強や書く勉強に比べて何倍も能率がよいからです。
 国語の問題を1問解く時間があれば、その同じ時間でその問題と答えを5回以上読むことができます。
 これが読む勉強を優先させる理由です。

 ところが、この長文の音読をしたり問題集の読書をしたりというのは、実は子供にとってはかなり張り合いのない勉強なのです。
 また、そばで見ている親にとっても、ただ読むだけ勉強は、それがどういう力になるのかあてのない気がするものです。
 鉛筆を動かしているような勉強の方が、子供も親も、勉強しているという実感がわくからです。

 このため、長文音読や問題集読書を始めてはみたものの、じきに飽きてやめてしまうという人が圧倒的に多いのです。

 そこで、言葉の森が行っているのが、自主学習クラスで問題集読書に取り組むという勉強方法です。
 これは、国語の問題集読書を中心として、その他の教科の勉強や読書もオプションで付け加えられるようにして、その日の国語問題集読書を先生がオンラインでチェックするというものです。

 この自主学習クラスを受講をして、毎日の問題集読書をしている子は、確実に国語の成績が上がっていきます。
 家庭だけでは続けにくい問題集読書を、家庭と先生との連携で、オンラインで子供の勉強をチェックしながら続けていくというのが、これからの国語の勉強の新しいやり方になると思います。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
自主学習クラス(0) 国語力読解力(155) 家庭学習(92) 

コメント欄

森川林 20170921 1 
 勉強のやり方というものは、誰でもわかっています。
 しかし、それが続かないことが多いのです。
 特に、国語の勉強ではやり方はかなり単純です。
 ただ難しい文章を読み慣れておけばいいのです。
 ところが、それがなかなか続かないのです。


nane 20170921 1 
 簡単で無駄のない勉強法は、問題と答えをただ読むという勉強です。
 それを繰り返していれば確実に力がつきます。
 特に国語ではこれが当てはまります。
 しかし、それが惰性に流れないようにするためにはやはり工夫が必要です。


コメントフォーム
国語力アップの秘訣(2)――問題集読書のすすめ 森川林 20170921 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,301件
新着コメント1~10件
コメントは24時間以内に表示
プレゼン作文発 森川林
 これまでのプレゼン作文発表会は、あらか 10/20
雨の日は明るい nane
 自分の子供が小さかったとき、「もしこの 10/20
雨の日は明るい 森川林
 いつも明るい気持ちでいるのが難しいとい 10/20
受験作文コース nane
 受験作文コースで練習した生徒は、合格し 10/19
受験作文コース 森川林
 入試に作文試験があり、それがかなり得点 10/19
小1オンライン nane
 子育てには、やりすぎの問題と、やらなさ 10/18
小1オンライン 森川林
 勉強の仕方のコツを知っていると知らない 10/18
小1オンライン nane
 私は、いつも同じことを言っていますが、 10/17
小1オンライン 森川林
 今回は、小1の生徒を中心にしていました 10/17
学力向上の秘訣 nane
 知っていることと、できることは、かなり 10/16
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語力アップの秘訣(1)――読む力をつける 9月20日
■「作文が全然書けないんです」という相談 9月19日
■読む力書く力をつける言葉の森の読書作文教育 9月18日
■書を持って街に出よう 9月17日
■作文の勉強が親子バトルにならないようにする方法 9月16日
■森林プロジェクトの作文資格講師講座の料金改定前の受講申し込みは9月20日締め切り 9月15日
■国語力は忘れたころについてくる 9月15日
■作文は人に見てもらうことでうまくなる 9月14日
■作文は準備のときに考える――将来の目標は10分1000字作文(構想図の例付き) 9月13日
■作文はできることに力を入れるから楽しく書ける(2) 9月12日
■作文はできることに力を入れるから楽しく書ける(1) 9月12日
■見えるのは結果だが、身につくのは過程 9月11日
■未来の教育作り――言葉の森の今後の方針 9月11日
■1677万色の自然 9月10日
■幼児期からの英語教育より、日本語の土台を作ること 9月10日
■小学1、2年生の作文は、書くことよりも読むことに力を入れる 9月9日
■森林プロジェクト9.9説明会のご案内 9月8日
■低学年の勉強は、能率第二、納得第一で 9月8日
■公立中高一貫校受験という選択(2) 9月8日
■真面目な先生より面白い先生――子供が勉強に熱中するとき 9月7日
■公立中高一貫校受験という選択(1) 9月7日
■勘違いの勉強のさせ方――自分の力でやらせようとする 9月6日
■小学1年生は勉強の仕方を確立する大事な時期――間違いは褒めて直すもの 9月5日
■小学4年生が反抗期の始まり=自立の始まり 9月4日
■分かりやすい映像の授業で思考力が低下する――考える力は文章を読むことによって育つ 9月3日
■小学校低学年の日記の宿題を国語力アップに生かす 9月2日
■中学生になって本を読まなくなるのは、小学校高学年のころの読書のあり方に遠因 9月1日
■森林プロジェクト問い合わせの人にお送りした「読書感想文の書き方」に多数の誤字と文字化け 8月31日
■人口の教育から自然の教育へ 8月31日
■上達にいちばん時間のかかるのが作文(2) 8月30日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。