大学入試の小論文対策もできますが、講師の時間が取れないことも 作文は型から入ると書きやすい 【合格速報】順天高等学校・崇城大学・京華高校 【合格速報】東京都立西高校 【合格速報】福岡県立輝翔館中等教育学校

記事 3163番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/2/25 
作文の勉強は小学校低学年から始めると長続きする
森川林 2018/02/05 08:04 


 小学1、2年生のころは、何でも吸収できる時期です。
 この時期に吸収するのは、しかし、勉強の中身ではなく、勉強の取り組み方という習慣なのです。

 小学1年生のころに知識を詰め込むような勉強の仕方をすると、詰め込むというスタイルが勉強の形になってしまいます。

 この時期に、自分で体験し、自分で考え、読書をしたり、対話をしたり、文章を書いたりするというスタイルの勉強を身につけると、自分で取り組む姿勢ができてきます。
 与えられた知識を覚えて答えを書いて○×をつけてもらうという勉強の仕方ではなく、自分で主体的に考えるというスタイルの学習の仕方が身につくのです。

 このような学習の仕方が身につくと、作文の課題が難しくなる小学校高学年以降になっても、その難しさを自分なりに克服していくことが向上心の喜びのようなものになり、難しい勉強でもくじけずに取り組んでいくことができます。

 作文というものは、小学1年生のころはまだ十分に書けないのが普通です。
 作文が楽に書けるようになるのは小学3年生のころからで、そのころになると、誰でも急に上手に書けるようになります。

 しかし、小学3年生から始める子は、すでに勉強のスタイルが身についているので、自分から進んで書くという姿勢が取りにくく、課題が難しくなると書くのをあきらめてしまうことも多いのです。

 これは、データにも現れていて、小学2年生から作文を始めた子は、小学3年生から作文を始めた子の2倍近く長続きするという結果が出ています。

 小学校低学年のころの習慣作りは、意外と大きな影響があるのです。

 私のうちの子供2人も、小学1年生から作文の勉強を始めました。
 最初は字数も少なく、表記のミスもかなりありましたが、低学年のころに毎週作文を書くという習慣がついたので勉強を長く続けることができました。

 言葉の森の生徒の中には、小学校1年生のころから始めて高校3年生のころまで勉強を続ける子もいます。

 そういう子供たちは、自分で考えて取り組むという学習姿勢ができているので、社会に出てからも自分なりに考えて行動することができると思います。

 小学校低学年の勉強は、勉強の中身ではなく、勉強の取り組み方を身につけることが第一の目的です。

 この時期に、よりよい勉強の仕方を身につけるように考えていくことが大切なのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 小学校低学年(79) 

コメント欄

森川林 20180205 1 
 子供が小さいころは、何でも吸収できるので、どの子も天才のように見えます。
 しかし、そこで、吸収させるのは、中身ではなく姿勢です。勉強の場合は、勉強の姿勢です。
 この時期に、正しい答えを見つけるだけの勉強ではなく、自分で考えるという勉強の姿勢を身につけていくといいのです。


nane 20180205 1 
 言葉の森の生徒で高校生まで勉強をしている生徒の内訳を見ると、小学校高学年や中学生から始めた子ももちろんいますが、やはり小学校低学年から始めた子が、割合としてはかなり多かったのです。
 小学1、2年生のころから始めると、作文を書くことが生活の一部のようになっていくのだと思います。


コメントフォーム
作文の勉強は小学校低学年から始めると長続きする 森川林 20180205 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
けこさし (スパム投稿を防ぐために五十音表の「けこさし」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,511件
新着コメント1~10件
小1から楽しく nane
 海外生徒向けの作文クラスを始めると言っ 7:42
小1から楽しく 森川林
 公立中高一貫校受験のことだけを考えると 7:34
読書力をつける nane
 幼児のころに読み聞かせをたっぷりされた 2/24
読書力をつける 森川林
 読書は読む楽しみのためにもありますが、 2/24
起業できる未来 nane
 今は3月からの新しい企画の準備で時間が 2/24
起業できる未来 森川林
 一昔前は、起業などどいうのは危ないこと 2/24
作文が好きにな 森川林
言葉の森の特徴をわかりやすく書きました。 2/23
スマホやインタ 森川林
 書かれている内容から判断する限り、それ 2/23
スマホやインタ 中学生で
いつも記事で勉強させていただいています。 2/23
昨日の発表会は nane
 学校での少人数クラスというと、20人と 2/23
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■大学入試の小論文対策もできますが、講師の時間が取れないことも 2月4日
■作文は型から入ると書きやすい 2月3日
■【合格速報】順天高等学校・崇城大学・京華高校 2月2日
■【合格速報】東京都立西高校 2月1日
■【合格速報】福岡県立輝翔館中等教育学校 2月1日
■勉強は長い時間やることより、繰り返しやることが大事 2月1日
■改めて「もとになる勉強、枝葉の勉強」を考える――読書の差が学力の差 1月30日
■子供にもっと科学の本を読ませよう――頭のいい子は理科が好きという話の関連で 1月29日
■新しく始める少人数クラスは最先端の作文の授業 1月29日
■26日の発表交流会は理科的な話が多数 1月27日
■1月25日の発表交流会は少人数でした 1月26日
■1月24日の発表交流会は盛りだくさん 1月25日
■【合格速報】府立福知山中学校・立命館中学校・東山中学校 1月24日
■【合格速報】和光高校(推薦) 1月24日
■作文の構想図や社会研究の発表――勉強力に余裕がある子供たち 1月24日
■みんな知らない子どうしなのに楽しく進む発表交流会 1月23日
■作文と面接で受験できる都立中高一貫校の白鴎高附属中、立川国際中。倍率は2倍。条件は海外在住2年以上、帰国後2年以内 1月21日
■35年間の実績をふまえた言葉の森の全く新しい「オンライン作文少人数クラス」がスタートします 1月21日
■すべての子供たちに豊かな日本語の作文力を――森林プロジェクトの作文講師資格講座 1月20日
■【合格速報】上智大学 1月19日
■語彙力がつき、面接力がつく、少人数授業の思考発表クラブ 1月19日
■【合格速報】東大寺学園中学校・洛北高校附属中学校 1月18日
■自宅での自主的な勉強習慣が身につく、少人数制の自主学習クラス(当面言葉の森の生徒限定で募集中) 1月18日
■森林プロジェクトの1月会合のお知らせ 1月17日
■これからの子育ては、成績のいい子を育てることではなく、面白い子を育てることを重点に 1月16日
■少人数で一緒に学べるオンラインの作文クラス、自主学習クラスを開設 1月15日
■1月4週の発表交流会のお知らせ 1月14日
■発表交流会の作品のアップロードの仕方 1月14日
■昔、小学2年生だった生徒が、いつの間にか博士論文など書くようになっていて、「先生、お元気ですか」(笑) 1月13日
■ワールドカフェの広がりにに見る個性の時代の教育 1月12日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare