【合格速報】東京学芸大学附属国際中等教育学校 作文を学ぶ意義 【合格速報】聖光学院中学校、渋谷教育学園幕張中学校 【合格速報】東京農業大学第一高校中等部 【合格速報】栄光学園中、聖光学院中、浅野中

記事 3174番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/11/21 
悪いところを直しても、上手な作文にはならない
森川林 2018/02/09 06:59 


 作文小論文の指導をしている人の中に、どういう作文がよくないのかということを事細かく説明する人がいます。
 そういう人たちが教える作文指導は、事後添削が中心です。
 子供が書いてきたものを見て、どこがよくないのかということを詳しく説明するのです。

 それを聞くと、まるで勉強を詳しく教えられているような気がします。
 しかし、だからといって、指摘されたところを直せば、上手な作文が書けるようになるというわけではありません。
 よくないところを直せば自然に上手になるのではないのです。

 上手な作文というのは、よくないところがあるかないかということとは別の次元の話です。
 よくないところを直した作文は、よくないところがない作文であって、上手な作文ではありません。

 そして、直すことを中心にした作文指導は、子供をどんどん暗くしていくのです。
 作文の学習は、長く続けることに意義があります。
 それは、作文力は国語力の集大成なので、上達に長い時間がかかるからです。

 作文指導を、直すこと中心に行っていくのは、作文指導をしないことよりもかえってマイナスが大きいとさえ言えます。
 作文指導に熱心な先生のクラスほど、作文嫌いの子が多くなるというのは、そういう事情があるからです。

 では、上手な作文を書くにはどうしたらいいかというと、それは書いたあとの作文を添削するのではなく、書く前に事前の指導をする必要があるのです。

 その事前の指導というものには、指導の枠組みが必要ですから、簡単にはできません。
 思いつきでいくつかの事前指導をすることができたとしても、その事前指導を何年も続けて系統的に進めて行くことは普通できないのです。

 作文指導は、子供が明るく勉強できることを基準にして進めていく必要があります。
 作文の勉強が嫌いにならなければ、必ず上達していくからです。


●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

森川林 2018年2月9日 7時4分 1 
 欠点を直すことと、長所を伸ばすことは別の次元の話です。
 ところが、作文教育の分野では、赤ペンでよくないところを直すのが指導の中心のようになっています。
 作文は、いくら悪いところを直しても、それでよくなるわけではありません。
 もっと明るく褒める指導を行っていく必要があるのです。


nane 2018年2月9日 7時16分 1 
 作文が苦手だった子が、毎週書いているうちにだんだん上手になり、そして何年かたつと見違えるようになるのは、ずっと褒め続ける指導をしているからです。
 どうしてそれほど長い間褒め続けることができるかというと、それは事前指導があるからです。
 「ここができるようにがんばろう」と指導して、子供がそれができるようになるから褒めているということなのです。
 ただ単に褒めるというだけでは、何年も続けることはできません。
 これは、子育てすべてに共通することだと思います。

コメントフォーム
悪いところを直しても、上手な作文にはならない 森川林 20180209 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
あいうえ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「あいうえ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
小1からの暗唱 nane
 久しぶりの投稿になりました。  引越 11/16
小1からの暗唱 森川林
 今の子供たちは、低学年からかなり忙しい 11/16
勉強を楽しむ子 nane
 これからの時代に必要なのは、個性的な学 11/11
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■【合格速報】東京学芸大学附属国際中等教育学校 2月8日
■作文を学ぶ意義 2月8日
■【合格速報】聖光学院中学校、渋谷教育学園幕張中学校 2月7日
■【合格速報】東京農業大学第一高校中等部 2月7日
■【合格速報】栄光学園中、聖光学院中、浅野中 2月7日
■面白い勉強とは 2月7日
■読書の楽しさは、読む楽しさと、紹介する楽しさ。作文も、人生も 2月6日
■【合格速報】東京農業大学第一高校中等部 2月5日
■【合格速報】東京都立産業技術高専 2月5日
■作文の勉強は小学校低学年から始めると長続きする 2月5日
■大学入試の小論文対策もできますが、講師の時間が取れないことも 2月4日
■作文は型から入ると書きやすい 2月3日
■【合格速報】順天高等学校・崇城大学・京華高校 2月2日
■【合格速報】東京都立西高校 2月1日
■【合格速報】福岡県立輝翔館中等教育学校 2月1日
■勉強は長い時間やることより、繰り返しやることが大事 2月1日
■改めて「もとになる勉強、枝葉の勉強」を考える――読書の差が学力の差 1月30日
■子供にもっと科学の本を読ませよう――頭のいい子は理科が好きという話の関連で 1月29日
■新しく始める少人数クラスは最先端の作文の授業 1月29日
■26日の発表交流会は理科的な話が多数 1月27日
■1月25日の発表交流会は少人数でした 1月26日
■1月24日の発表交流会は盛りだくさん 1月25日
■【合格速報】府立福知山中学校・立命館中学校・東山中学校 1月24日
■【合格速報】和光高校(推薦) 1月24日
■作文の構想図や社会研究の発表――勉強力に余裕がある子供たち 1月24日
■みんな知らない子どうしなのに楽しく進む発表交流会 1月23日
■作文と面接で受験できる都立中高一貫校の白鴎高附属中、立川国際中。倍率は2倍。条件は海外在住2年以上、帰国後2年以内 1月21日
■35年間の実績をふまえた言葉の森の全く新しい「オンライン作文少人数クラス」がスタートします 1月21日
■すべての子供たちに豊かな日本語の作文力を――森林プロジェクトの作文講師資格講座 1月20日
■【合格速報】上智大学 1月19日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare