記事 3461番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/5
アマチュアの時代
森川林 2018/12/13 09:31 


 「石の上にも三年」という言葉があります。
 最初は偶然に勤めた始めたような会社で、特に興味もなくやっていた仕事が、何年も続けているうちに次第に面白くなり、やがて天職のようになる。
 そういう生き方をしてきた人が、これまでの社会ではほとんどだったと思います。
 最初から、自分の好きな仕事をするために目的を決めて就職したという幸運な人もいるかもしれませんが、そういうケースはまれだったでしょう。

 ところが、さかなクンの仕事に見られるように、自分の好きなことを続けているうちに、それがやがて仕事になる、というケースが最近増えてきました。
 さかなクンは、魚が好きで、魚のことをいろいろ調べたり、つかまえたり、飼ったりするうちに、今では魚の専門家のような仕事をすることになったのです。

 ウーバーやエアビーアンドビーも、同じようなスタイルの仕事です。専門のタクシー業者や専門の旅館業者ではなく、アマチュアが、自分のできる範囲で、それまでの専門家が行ってきたことを行うようになっています。

 ブログやSNSやyoutubeの情報発信力は、今では大手のマスコミを上回るようになっています。
 そのブログやSNSやyoutubeの作者は、ほとんどがアマチュアの立場で情報を発信している人たちです。

 教育の仕事も同様です。
 正規の教育課程で教育原理や教育心理学を学び、各教科の知識と技能を身につけている人ももちろんいますが、子供を教えることが楽しいからということで始めた教育の仕事が、何年も続けているうちに自分の天職のようになってきたという人も多いのです。

 専門家の利点は、体系的な学問の裏付けのある知識を身につけていることです。しかし、与えられたことに素直に従ってきただけで、自分なりの創意工夫に欠けたまま、半分惰性で仕事をしている人もいます。

 アマチュアの弱点は、専門家の反対で、体系的な知識を持っていないことです。しかし、もともとその仕事をしたいということが動機ですから、仕事について意欲的でさまざまな工夫をするという長所があります。そして、その意欲の延長で、体系的な学問を身につけていくという人も多いのです。

 「石の上にも三年」という言葉は、苦しいことや嫌なことでも長年続けていれば良い面が見えてくるというニュアンスで使われることの多いことわざでした。ところが、これからは逆に、好きなだけことでも長年続けていれば、専門の仕事のようになってくる、という意味の言葉になってくるでしょう。
 今はそういう時代なのです。

 言葉の森では、現在、森林プロジェクトという企画で、作文講師育成講座を行っています。
 参加している人の中には、既に自分の教室で英語を教えているとか、塾を開いているとかいう人もいます。ある意味で、教える技能を身につけている人たちです。
 しかし、その一方で、子供を教えたことなどはないという人もいます。では、なぜその仕事をやってみたいと思ったかというと、それはただ、「子供に作文を教えることが面白そうだから」という動機なのです。
 この、「面白そうだから、やってみる」という考え方が、これからの世の中では大事になってくると思います。

 それは、子供の勉強にもあてはまります。
 主要教科をしっかり勉強することももちろん大切ですが、それとともに、あるいはそれ以上に、自分の好きなことに費やす時間を大切にすることが、これからの時代には必要になってくるのです。
小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 言葉の森のビジョン(51) 

コメント欄

森川林 2018年12月13日 9時37分  
 これからはアマチュアの時代だなどと言うと、専門家の方から叱られそうですが、どんなことでも長年やっていれば、同じようなところに行き着きます。
 しかし、そのために大事なことは、アマチュアは学問を身につけること、専門家は新しいことに挑戦することです。

nane 2018年12月13日 9時41分  
 どんな専門家も、最初は素人です。生まれたときからプロという人はいません。伝統芸能ではそういうことがあるかもしれませんが、世の中のほとんどは、長い時間をかけた人が次第にプロになっていったのです。

コメントフォーム
アマチュアの時代 森川林 20181213 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
へほまみ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「へほまみ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
夏のオンライン nane
 言葉の森の少人数オンラインクラスは、未 7/3
夏のオンライン 森川林
 夏のオンラインスクールを開講します。 7/3
エデュナビで「 nane
 私は、言葉の森の設立当初から、教育の目 6/26
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■受験作文の直前アドバイスのお知らせ 12月11日
■オンライン教育と創造教育 12月11日
■学力の二つの道とそれぞれの個性 12月9日
■災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 12月6日
■作文は、子どもたちの学力を全面的に育てる 12月6日
■【重要】言葉の森への電話は、フリーダイヤル0120-22-3987へ【訂正12/6 18:33】 12月6日
■【合格速報】東京薬科大学生命科学部 12月5日
■【合格速報】國學院大学人間開発学部 12月5日
■電話5日まで正常に使えず。受験コース木金土の教材は本日から 12月4日
■言葉の森の引越し完了。12月2日現在電話はまだ使えません。受験作文コースの教材一部発送 12月2日
■SNSはどれも一長一短なので自分で作ることに 11月17日
■移転のため11月27・28日は電話受付ができません 11月17日
■小1からの暗唱練習で、国語力も作文力もつく 11月16日
■勉強を楽しむ子供たち 11月11日
■12月1日から言葉の森が移転します 11月9日
■手助けを楽しむ 11月8日
■子供を成長させる楽しいけれど難しいもの 11月7日
■創造とは、自分の好きなことに熱中して知識の横軸を広げること 11月6日
■作文力をつけるための三つの方法 11月5日
■小学生の新しい英語の勉強法 11月4日
■成績以外のものの価値を見直す教育――西澤潤一さんの本を読んで 11月2日
■受験作文と相性がいい、構成を重視した作文 10月30日
■もし、働かなくてもよい社会が来たら 10月29日
■寺子屋オンライン講師育成講座、4時間半の講習会終わる 10月27日
■本日、10月27日(土)13時から寺子屋オンライン講師育成講座 10月27日
■全国一学区制の通信教育 10月26日
■漢字を使わずに作文をひらがなばかりで書く子 10月24日
■上達が早い寺子屋オンライン作文の子供たち 10月22日
■主要教科は学校時代の勉強、作文と読書は生涯の勉強 10月19日
■書く勉強よりも読む勉強の方がなぜ良いのか 10月18日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。