記事 3583番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/3/29
子供の作文は、赤ペン添削ではなく事前指導によって上達する
森川林 2019/02/26 15:04 

 赤ペン添削というのは事後指導です。事前指導というのは主に口頭による指導です。
 この事前か事後かという指導の違いが最も大きいのです。

 作文指導というと、赤ペン添削を思い浮かべる人は多いと思います。
 今ある作文通信講座や作文教室のほとんどが、ていねいな赤ペン添削を売り物にしています。
 しかし、その赤ペン添削で子供たちの作文が上達するかと言えば、その度合いはかなり低いのです。

 子供は、赤ペンが加えられて返却された作文を、「何かいろいろ書いてあるなあ」という感じで見ます。
 熱心に読むのは最初のうちだけです。
 たくさん赤ペンが入れられていて、そのほとんどが褒め言葉であればうれしいとは思いますが、それだけです。
 赤ペンの内容が注意事項中心であれば、だんだん読む気がしなくなります。
 そして、多くの子が、しばらくたつと返却された作文を見ようともしなくなるのです。

 「書き上げた作品は、倒したライオンに似ている」と書いた作家がいますが、それと同じで、子供にとって書き終えた作文は、そこに何が書いてあってももう興味を引くものではなくなっているのです。

 だから、その赤ペンに書かれた内容を理解して、次回の作文に生かそうと思う子はほとんどいません。
 また、講師にとっても、赤ペンの内容で、次回の作文に生かせるようなことを書けることはほとんどありません。
 そして、そのほんのわずかのことも、赤ペン添削という形では、子供には伝わらないのです。

 では、そのような効果のない赤ペン添削がなぜ延々と続いてきたかというと、その理由は二つあります。

 第一は、赤ペン添削は、大人の文章指導にはそれなりの効果があったからです。
 大人は、文章力がほぼ完成しているので、その完成したものに赤ペンを入れれば、文章の体裁はよくなります。
 それは、実力がつくということとは違いますが、直されればその分だけいい文章になるということはあったのです。

 その赤ペン指導を、子供の作文にもあてはめたのが、今行われている赤ペン添削です。
 しかし、作文を習う子供たちのほとんどは、まだ文章力が完成していません。
 そういう子は、作文に赤ペン添削をする以前に、まずもとになる文章力を作る必要があります。
 書いたものを直すのではなく、書く力をつけることが先決なのです。
 ところが、そういう文章力が未完成の子供たちに対しても、同じ注意を何度も行うような形で、今の赤ペン添削は続けられています。
 長年書いていれば、子供の作文は少しずつ上達しますが、それは赤ペン添削で上達したのではなく、その子が読む文章の量が増えたことによって自然に上達したのです。

 赤ペン添削が続いてきた第二の理由は、作文指導の体系というものがなかったからです。
 言葉の森が作文教室を始めた30年以上前も、もちろんそうでした。
 学校で作文指導や感想文指導を行う先生は、ベテランで文章指導の大家だと思われていました。
 その名残りが、今も、読書感想文コンクールの優秀作品に付け加えられている「指導○○先生」という注記です。
 作文指導の流れは、長年国語を教えているベテランの先生の頭の中にあるだけだったのです。

 言葉の森の作文指導は、このような状況に対して、誰もが同じように教えられる作文指導の体系を作るというところから始めました。
 今いろいろなところ行われている学年別の作文指導の基準や、感想文指導の方法は、ほとんどが言葉の森が最初に始めたものです。

 しかし、まだほとんどの作文教室や作文通信講座は、詳しい指導体系を持っていません。言わば行き当たりばったりで教えているような指導が多いのです。
 また、指導の流れがあるように見えるところでも、「何を書くか」という課題のところでの指導が中心で、「どう書くか」という書き方の指導の流れがあるところはまずありません。
 だから、事前指導というものがほとんどできず、そのためにとりあえず作文を書かせて、そのあとに添削をするという赤ペン添削中心の形になってしまうのです。

 書かれた作文について添削するだけであれば、指導の体系は必要ありません。
 また、ある程度の文章力のある大人であれば、指導のことなどは気にしなくても、子供の作文に赤ペンを入れることはできます。

 以上のような二つの理由で、効果の薄い赤ペン添削が、まるで作文指導の定番であるかのように長年行われてきたのです。

 では、赤ペン指導に取って代わるものは何なのでしょうか。
 それは、事前指導をより発展させることと、赤ペンに代わるアナログ的な指導の仕組みを作ることです。

 言葉の森では、事前指導を発展させる一つの方法として、現在、小3から小6の生徒には予習シートを渡しています。小2以下の生徒には実行課題集を渡しています。
 実行課題集は、まだあまり活用されていませんが、予習シートはほとんどの生徒が事前に保護者に取材をするような形で作文の準備に使っています。また、予習シートの枠を超えて、自分なりの構想図を書いて準備する子も増えています。

 この事前の準備を更に活性化させるものが、寺子屋オンラインでの準備の発表です。
 同じクラスのみんなの前で、それぞれの生徒が今週どんなことを書くつもりかを発表することによって、事前の心構えができ、また、他の人の準備も参考にできるようになります。

 赤ペンに代わるアナログの仕組みとは、先生や友達の顔が見え、声が聞こえる形での対話と指導です。
 これがZoomを使った寺子屋オンラインクラスの特徴です。
 また、事前の準備で、書こうとする作文に関する写真などを準備してくる子がいると、そのビジュアルな準備が一種のアナログに近い印象になります。

 作文の中身を伝達するだけであれば、デジタルで十分です。
 なぜアナログ的なものが必要かというと、人間は、知識の伝達とともに感情の伝達も行うからです。
 そして、感情は、アナログ的な外見によって動かされるものだからです。
 この感情の動きが、作文を書くための意欲となります。

 計算練習や漢字練習であれば、意欲があってもなくても、答えの結果は同じです。
 しかし、作文のような答えがない勉強は、意欲があることによって、よりよい作文を書けるようになります。
 先日、小3から小5の寺子屋オンラインの生徒と、同じ学年の電話通信の生徒の合計22人をランダムに抽出して字数の推移を比較してみたところ、寺子屋オンラインの生徒は、どの学年も字数の伸び率が1年前よりも高くなっていました。
 これは、たぶん、寺子屋オンラインで先生と親だけでなく友達にも見せる作文と、電話通信で先生と親にしか見せない作文との環境の違いです。
 アナログ的な触れ合いの多さが、子供たちの学習意欲のち外を生み出しているのです。

 では、通学の作文教室のようなリアル度の高い教室ならもっといいかといとそうではありません。
 通学の教室であっても、事前指導がなく、事後の赤ペン添削が中心であれば、生徒はどこをどうがんばっていいのかがわかりません。意欲を持とうとしても、意欲を向ける方向がわからないからです。
 また、通学形式の教室では、人数が多くなれば一斉指導と一部の人だけの作品紹介になり、人数が少なくなれば友達とのコミュニケーションのない個別指導になります。
 通学教室で、同学年の少人数クラスを作るというのは、技術的にかなり難しいのです。

 赤ペン添削は、これまで作文指導の唯一の方法であるかのように行われてきました。
 それが、学校での作文指導の遅れを生み出してきました。
 小学校高学年や中学生、高校生になると、赤ペン添削を前提としている限り、作文指導を恒常化することはできません。それは、先生の負担が大きすぎるからです。

 言葉の森のような事前指導中心の作文指導であれば、もっと作文指導を日常的に行えるようになります。
 また、寺子屋オンラインのような少人数クラスであれば、子供たちの作文学習を更に意欲的に進めることができます。
 なぜ作文学習が大事かというと、作文力は国語力の集大成であり、国語力はあらゆる教科の基礎であるからです。
 だから、作文力をつける勉強を基準にして、そのほかの勉強を組み立てていくといいのです。

 この事前指導の作文を普及させるために、言葉の森は、これまで言葉の森内部だけで不定期に行ってきた作文検定を、誰でも参加できるオープンな形にして定例化していきたいと思っています。(進度は小1から高3レベルまで)

 そして、日本中の子供たちが、作文が好きになり、毎週記念に残る力作を書き、それに伴って親子や友達の対話が広がるような日本の作文文化を作っていきたいと思います。
朝から学べるオンライン学習
おすすめ→ 朝から学べるオンラインスクール
朝9時から夕方4時まで、本来学校に行っている時間帯をすべてカバーできます。
料金は一コマ45分わずか330円で、好きな講座を自由に選べます。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

森川林 2019年2月26日 17時27分  
 「作文指導の方法は赤ペン添削」という根強い考え方があります。
 しかし、この赤ペン添削は、二重の意味であまりいい方法ではありません。
 子供にとっては、書き上げた作文にいろいろ赤ペンが入れられても、それはもう過去の話で、今さらどうこうしようという気は起きません。
 先生にとっては、子供の作文力を上達させることよりも、赤ペンを書くことが目的となり、書き終えたら仕事が終わったような気がしてしまうのです。
 それなのに、なぜこの赤ペン添削が延々と続けられてきたかというと、ほかの指導法を知らなかったからなのです。
 本当は、子供にとっては作文を上手に書くことが目的となり、先生にとっては子供の作文力を上達させることが目的となるような別の指導法が必要だったのです。


nane 2019年2月26日 17時40分  
 言葉の森は、設立当初から赤ペン添削という方法に疑問を持っていました。
 だから、言葉の森の講師にも、作文に赤ペンは入れるが、そこがメインではないと言っていたのです。
 一方、赤ペン添削を売りにしている作文講座は多いと思います。
 そういうところは、はっきり言えば、作文指導というものについて何も考えていないのです。
 ていねいな赤ペン添削は、指導方法がなくても、誰でもできるからです。
 言葉の森が、今こういうことをはっきり言えるようになったのは、事前指導を中身のあるものにするオンラインの少人数クラスの指導ができるようになったからです。


森川林 2019年2月27日 7時55分  
 毎週作文を書いて、赤ペン添削を受けていれば、作文の勉強をしている気になりますが、それはそういう気がするだけです。
 せいぜい、書く習慣がついて書き慣れるという程度で、作文力の上達は年齢とともに読む本が増えることによって自然についていくだけです。
 作文を上達させるのは、ていねいな赤ペン添削ではなく、事前の項目指導と、事前の準備と(そこには、両親への取材や、データ調べも含まれます)、毎日の音読と暗唱と読書という自習です。
 そういうことはずっとわかっていましたが、個別の電話指導で予習や自習をすべてカバーするのは難しい面がありました。
 毎週の電話指導は、単なる通信の赤ペン添削よりもずっと効果がありますが、予習も自習もしてこない生徒には効果は薄かったのです。
 それが、ここに来て、オンラインの少人数クラスを運営できるようになると、同学年の同レベルの子が5、6人集まれば、どんな子でも上達するという展望がわかってきました。
 それで、これまで書くのを保留してきた「赤ペン添削の効果のなさ」を書くことにしたのです。
 たぶん、作文指導を熱心にしている人からは、いろいろ反論があると思いますが。

コメントフォーム
子供の作文は、赤ペン添削ではなく事前指導によって上達する 森川林 20190226 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
へほまみ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「へほまみ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
作文で親子の仲 nane
 この記事の内容とは関係ありませんが、外 17:5
作文で親子の仲 森川林
 作文には、その子の生活全体が反映してい 17:1
本日3.29の 森川林
現在、アマゾンの家庭教育部門第4位です。 15:40
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■google+コミュニティの終了に伴う画像アップロードの変更について 2月26日
■mori7.netで「この接続ではプライバシーが保護されません」のメッセージが出ています 2月25日
■読解検定は間違えた方がいい試験 2月25日
■勉強はひとりでするもの 2月24日
■寺子屋オンラインの少人数クラスの上達の早さをデータで調べてみて 2月23日
■2.4週の授業の動画をアップロードしました 2月22日
■【合格速報】県立千葉東高校 2月22日
■東大推薦入試型の学力をつける「発表学習クラス」の自由な勉強 2月21日
■しばし近況報告――昔の生徒が教室に来てくれました 2月20日
■【合格速報】横浜市立南高校附属中学校 2月20日
■【合格速報】武蔵中学校 2月18日
■不合格なんて気にしない――その学校に人を見る目がなかっただけ 2月18日
■創造力と発表力を育てる新しい学習/オンライン発表学習クラス 2月17日
■新しい作文の勉強法――寺子屋オンライン作文 無料体験学習受付中! 2月17日
■親子の対話でいい子に育つ――小学1年生から始める親子作文のおすすめ 2月16日
■春休み横浜の港南台教室で読書作文キャンプ 2月16日
■国語力がつく「読解検定」3月から 2月15日
■考える力を深める新小5、新小6年の勉強 2月14日
■【合格速報】早稲田大学本庄高等学院 2月13日
■新中学生の勉強の仕方 2月13日
■【合格速報】横浜国大附属鎌倉中学校 2月12日
■【合格速報】東京都立桜修館中等教育学校 2月12日
■言葉の森の「読解・作文力」の本が、書店に並べられています 2月12日
■言葉の森の「読解・作文力」の本が、リセマムで紹介されました 2月12日
■言葉の森の作文学習が新しくなりました――寺子屋オンライン作文 2月12日
■読解力は、読む力と解く力でできている 2月10日
■授業の動画2.3週をアップロード、発表室の画像アップロードもできます 2月10日
■【合格速報】千代田区立九段中等教育学校 2月9日
■子供でも、生徒役より先生役の方が好き 2月9日
■【amazon速報】「参考書>国語」の分野でベストセラー1位に 2月9日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。