記事 3611番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/3
晩ごはんのおかずは何――発表学習クラスの授業のあとで
森川林 2019/03/07 07:11 

 昨日3月6日(水)18;00のクラスは、やり方を少し変える必要があったので、中根が司会をしました。
 その授業の終了後、子供たちが数人残っていたので、勉強から脱線して、みんなに晩ごはんのおかずを聞いてみました。
 その脱線の話が面白かったので、その動画です(笑)

<動画は省略>

 さて、本題。
 発表学習クラスの今後の新しいやり方は、次のようにする予定です。

(1)発表は1人5分(大体5分あれば十分に発表できるようです。)

(2)発表の間、他の人にはメモをとってもらう。(あとで質問や感想を言えるようにするためです。)

(3)感想の時間は1人2分(これも2分ぐらいあれば十分にできます。)

 以上で、8人のクラスになっても60分弱、7人のクラスで50分、6人のクラスなら40分ちょっととなります。
 発表学習クラスの授業のあとミニ懇談会をするときは、7人以上のクラスでは感想を少し短めに言ってもらえば十分に対応できます。

(4)読書紹介は、1人1~2分を目安に、子供たちで司会運営をしてもらい、先生は退出します。
 1~2分で紹介するためには、5年生以上は短くあらすじを言うことができますが、3年生以下ではあらすじを言うのは難しいので、いちばん面白かったところだけを言うようにします。幼長や1年生の場合は、口で言わずに面白かったページを見せるだけでもかまいません。
 子供たちだけで読書紹介の司会運営をやると、エラーやトラブルがあったときは対応できません。そのときは、家庭で近くにいるお母さんに察知していただき、対応していただくようにします。お母さんから事務局に電話で相談していただいてもいいし、最悪の場合は、読書紹介は終了して次回に延期ということにしてもいいと思います。

(5)暗唱発表も、子供たちで司会運営をしてもらいます。暗唱は、長くなりすぎないように、自分が覚えて言えるところの最後の300字以内ということにします。これなら1~2分でできます。
 暗唱がつっかえたとき、思い出そうとすると、思い出すことが癖になってしまうので、紙を見てもいいことにします。あるいは、ほかの子や近くにいるお母さんが助け舟を出してもいいことにします。
 昨日はすぐに暗唱をさせてしまったので、よく言えるはずの子も少しつっかえる場面がありましたが、本当は暗唱の発表の前に1~2分時間をとってみんなで練習をしてから始めればよかったと思います。

 以上が4~7人の少人数の発表学習クラスの新しい運営の仕方です。

 この発表学習クラスで何を目指しているかというと、第一に、勉強の内容面では、東大推薦入試型の学力を作ることです(別に東大を受けなくていいのですが、わかりやすく)。
 それは、これからの学力にそういう方向が求められているからです。
 そしてまた、そういう勉強の方が、知識を詰め込み記憶を再現するだけの勉強よりもずっと面白いからです。
 知識の勉強は、試験前に集中してやれば間に合うので、普段は思考力と創造力を育てる勉強を中心にしていくのです。

 発表学習クラスの意義は、第二に、勉強の内容面以外に、勉強の方法というところにあります。
 少人数クラスでは、全員が発表し、感想を述べ、読書紹介をするという自主的なコミュニケーションをとることができます。
 社会に出て活躍する人に共通するのは、自主性があることと、個性や創造性があることと、コミュニケーション力があることです。コミュニケーション力の中には、相手に対する思いやりなども含まれます。
 そういう勉強力以外の文化力を育てるのが、発表学習クラスのもうひとつの意義です。

 毎回の子供たちの発表を見ると、お母さん方が忙しい中、協力してくださっていることがよくわかります。
 今は共働きの家庭がほとんどなので、どなたも子供と関わる時間を作るのに苦労されていると思います。
 しかし、過ぎ去ってしまえば親が子供と関われるような子供時代はほんのわずかです。
 10年後、20年後に、今の苦労が子供にとっても、親にとってもいい思い出になると思ってがんばってやっていってくださるようお願いします。
個別指導の対話型オンライン授業
おすすめ→ 個別指導の対話型授業「朝のオンラインスクール」
新型コロナウイルスによる学校の休校対応で、朝9時から午後3時まで個別指導の対話型オンライン授業。小1~中1の国語、算数数学、英語、理科、社会、読書、暗唱、図工、記述のうちから自由選択、1時間550円。
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
発表学習クラス(0) 

コメント欄

森川林 2019年3月7日 7時32分  
 発表学習クラスの意義は、一つは東大推薦入試型の学力を作ること、もう一つは勉強力以上にコミュニケーション力をつけることです。
 これをできるだけ面白くやっていけるといいと思っています。

nane 2019年3月7日 7時40分  
 今の時代は、子供とたっぷり遊べる時間を取れる人は少ないと思います。
 まして、子供と知的な対話を楽しむというような時間はほとんど取れないと思います。
 しかし、それを苦労してやることが、あとで子供にとっても親にとってもいい思い出になるのです。

コメントフォーム
晩ごはんのおかずは何――発表学習クラスの授業のあとで 森川林 20190307 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
くけこさ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「くけこさ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
オンライン教育 森川林
 まえ先生、ありがとうございます。ああい 8:6
オンライン教育 まえ
朝オン、子供たちの力に驚かされることばか 6/2
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■発表学習クラスの発表から――経験を学問に、学問を創造に【動画】 3月6日
■項目マークのシールを親子の知的な対応のきっかけに 3月6日
■寺オン作文クラスの参加者がコンセプトのわかりにくさくにもかかわらず次第に増えてきました 3月5日
■【合格速報】小山工業高等専門学校 3月5日
■【合格速報】都立竹早高校 3月5日
■小学4年生からの親子関係 3月5日
■寺オン作文クラス月1800の授業【動画一部】 3月4日
■子育ての基本は平凡――幼児期からの体験と日本語力 3月4日
■読書作文キャンプの1日目のバーベキュー広場 3月3日
■受験作文の印象を左右する語彙力――その語彙力を高める方法 3月3日
■少人数のオンライン作文の授業はこんな感じで【動画全約1時間】 3月2日
■【合格速報】県立松山東高校・新田高校普通科スーパー特進コース  4月2日
■自分で作る勉強――発表学習金1900の授業から 3月2日
■勉強の好きな子がいちばん――発表交流会木1800のクラスから 3月1日
■【合格速報】岡山県立倉敷天城中学校 ・岡山白陵中学校 4月2日
■幼児親子作文のすすめ(その1) 3月1日
■鳥の村に3.1週の授業の資料と動画をアップロード 2月28日
■寺子屋オンライン通信2019年3月号(改3.16) 2月28日
■発表学習クラスの発表の紹介――小学生時代はのびしろを育てる時期 2月28日
■親子作文と言葉遊びとダジャレ 2月27日
■【合格速報】清泉小学校(編入試験合格) 2月26日
■【合格速報】アレセイア湘南高等学校 2月28日
■子供の作文は、赤ペン添削ではなく事前指導によって上達する 2月26日
■google+コミュニティの終了に伴う画像アップロードの変更について 2月26日
■mori7.netで「この接続ではプライバシーが保護されません」のメッセージが出ています 2月25日
■読解検定は間違えた方がいい試験 2月25日
■勉強はひとりでするもの 2月24日
■寺子屋オンラインの少人数クラスの上達の早さをデータで調べてみて 2月23日
■2.4週の授業の動画をアップロードしました 2月22日
■【合格速報】県立千葉東高校 2月22日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。