記事 3706番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/10/20 
ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月3日
森川林 2019/05/04 04:30 

 3日は、朝の暗唱、作文、読書のあと、昼からは草原でバーベキュー。
 網を持っていきましたが、まだ5月なのであまり生き物はいませんでした。
 広い河原で水切りをしている子もいました。

 1日から晴れが続いていますが、気候は涼しいので、自然の中での遊びには最適の季節です。

 魚のつかみ取りは、エアがないと魚が長時間移動できないということがわかりました。
 しかし、そのかわり、夏にはザリガニのつかみ取りなどはできそうです。

 バーベキューというと、炭を持っていてワイルドにやることを考えがちですが、もっと合理的にガスコンロを持っていった方がいいと思いました。
 炭だと、後片づけに手間がかかるし、環境にも配慮しなければならないからです。

 大人がそういうところに手間をかけなくても、子供たちは、自然と友達の中で楽しく遊んでいます。
 読書と、作文と、勉強と、自然と、友達と、自由というのが夏キャンプのテーマになりそうです。

▽こんな道をどんどん進みます。


▽ところどころに田植えを下ばかりの水田が広がっています。


▽子供たちの虫捕り。しかし、まだ何もいません。例外的にトンボが一匹。


▽ここにもスミレが咲いていました。



言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

コメント欄

森川林 2019年5月4日 4時40分  
 久しぶりに、那須の自然の中で長時間過ごして、そう言えば、最近は身近にこういう自然がなくなったなあと改めて思いました。
 本当は、どこかに出かけなくても、こういうふうに自由に生き物が捕まえられるような自然が近くにあればいいのです。
 そして、遊びと勉強が日常生活の中で自然に行われるような環境があればいいのです。
 今は、遊びも勉強も、作られた環境の中で、子供の自由意思とは関係なく行われているような感じがします。
 しかし、これからは、多くの人が感じているように、だんだんともっと自然な形に変わってくると思います。


nane 2019年5月4日 4時47分  
 キャンプはやはりメンバーも大事です。
 理想は、普段寺子屋オンラインで一緒に勉強している子供たちが、夏のキャンプに参加することです。
 将来は、たぶん、オンラインの勉強とオフラインのキャンプという組み合わせになっていくと思います。
 日常の延長に、非日常のキャンプがあるという感じです。


コメントフォーム
ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月3日 森川林 20190504 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
たちつて (スパム投稿を防ぐために五十音表の「たちつて」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
苦手をなくす教 nane
 大きな海を見ていると、人間界の競争など 8:37
苦手をなくす教 森川林
 今の教育の多くは、恐怖を動機としていま 8:29
公立中高一貫校 森川林
 公立中高一貫校の模試をオンラインで行い 10/19
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月2日 5月3日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ5月1日 5月1日
■ゴールデンウィーク那須の家族キャンプ4月29~30日 5月1日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。