記事 3747番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/9/20 
グループ学習と個別学習の融合――新しいオンライン教育の仕組み
森川林 2019/06/06 15:41 

 寺子屋オンラインの少人数クラスの利点は、子供たちが直接交流できることです。
 自分の発言を他の人に聞いてもらい、他の人から質問や感想を聞く、ということが子供たちの学習の意欲に結びつきます。

 しかし、グループ学習には難点がありました。
 それは、生徒と先生の間で個別の学習指導をする時間が取れないことです。

 グループ学習の中で、先生とある特定の生徒が個別に話をすると、他の子達は自分にとって関係のない話を同じように聞いていなければなりません。
 かといって、先生と生徒の個別指導だけで勉強進めていては、子供たちどうしの交流がありません。

 長い目で見れば、子どもたちにとって最も大事なのは、いい教材でも、いい先生でもなく、いい友達だからです。

 しかし、いろいろ試した結果、Zoomの会議室でグループ学習を進めながら、それと並行して個別指導を行う仕組みを作れることがわかりました。
 これで、個別電話指導の長所と少人数クラスの長所の両方を組み合わせた学習ができるようになります。

 仕組みを作るのに少し時間がかかりますが、6月中には新しいやり方がスタートできると思います。


言葉の森の企画
小1・2・3からできる発表学習クラス説明会 9月29日(日)9:00~ Zoom会場――新しい未来の考える勉強――

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 未来の教育(31) 

コメント欄

森川林 2019年6月6日 15時43分  
 勉強に対する意欲というものは、友達と一緒にやっていれば、自ずからわいてくるものです。
 今はそういう自然な意欲が出てくるのを待たずに、賞や罰や競争によって外から意欲を持たせようとするので、勉強が何か非人間的な営みのようになってくるのです。
 「うんこ漢字ドリル」のようなものにも、そういう面があります。
 人間の美しい感情に訴えるのではなく、低い感情に訴えてやる気を出させるようなものは、そのときはいいように見えても、実は人間を成長させるのではなく退化させているのです。


nane 2019年6月6日 15時43分  
 寺子屋オンラインのような未来の教育における先生の役割は、これまでの先生の役割とは大きく異なってきます。
 昔の(今もそうですが)先生の役割は、子供たちに何かを教えることでした。
 しかし、これからは、子供たちは自ら学ぶようになります。
 学ぶための参考書も、問題集も、ビデオ授業も、豊富にあるからです。
 これからの先生の役割は、教えることではなくなります。
 しかし、それは単なるファシリテーターというものでもなく、もっと新しい未知の概念なのです。


コメントフォーム
グループ学習と個別学習の融合――新しいオンライン教育の仕組み 森川林 20190606 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
すせそた (スパム投稿を防ぐために五十音表の「すせそた」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
国語力をつけ読 森川林
 yyさん、ありがとうございます。   9/19
国語力をつけ読 y.y.
 卒業生の親です。  塾の国語の成績を 9/19
国語力をつけ読 nane
 国語力をつけるのは、息の長い勉強です。 9/19
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■寺子屋オンラインの「作文クラス」「発表学習クラス」の案内資料(2019年6月) 6月5日
■オンライン学習塾という考え方 6月4日
■オンライン自宅学童という考え方から、オンライン自宅小学校へ 6月3日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。