記事 3784番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/6/2
社会人のための文章講座――社会人作文クラス
森川林 2019/07/11 08:21 

 先日、昔お世話になったある出版社の方から相談がありました。
 一流企業のある会社で、採用されている新人がみな高学歴の人たちなのに、文章力がかなり見劣りがするということで、どういう対策があるかというような相談でした。

 現在、小中学生でも、作文力の低下という傾向が幅広く見られるようになっています。
 昔も、作文を書けない子がいましたが、今の子供たちの中には さらに重症な子も増えてきています。

 その最も大きな原因は、読書を通して文章語に接する時間が少なくなったことです。
 テレビや YouTube やインターネットの SNS の断片的な文章に接していると、自分が文章を書くときにも、同じように断片的な言葉しか出てこなくなるのです。

 今の受験勉強は、文章力がなくても、知識を詰め込めばなんとかなるという面があります。
 ですから、高学歴にも関わらず文章が書けないという問題が起きているのではないかと思います。

 この問題を解決する道は、しっかりした文章を読むことと、それをもとにして自分の考えを感想文という形でしっかり書く練習をする以外にありません。

 ところが、文章を読むことは独学でひとりでも何とかできるとしても、文章を書く練習をひとりで続けることはまずできません。
 与えられたテーマでひとまとまりの文章を書くということは、かなり負担の大きいことだからです。

 また、文章を読むことも、本当は、社会人になったあとでは独学ではなかなかできません。
 軽い文章はもちろん誰でも読めますが、本格的な古典と呼ばれるような文章は、学生時代まででなければ読めないからです。

 そこで今、社会人のための文章講座を開くことを考えています。
 言葉の森は、最初に設立した段階で、小学生から社会人までの作文指導をすることを考えていたので、現在も既に高校3年生を卒業したあとの大学生社会人向けの教材を途中まで作ってあります。

 しかし、その後、システムがあまり複雑にならないように、現在のように高校3年生までの課題でいったん卒業ということにしたのです。

 今後、社会人の方で文章力を身につけたいという方も学べるように、社会人向けの課題を復活させることを考えています。

 今の段階で、社会人の方が言葉の森の作文を受講される場合は、小学6年生相当から始めるようになります。(もちろん、小学1年生から始めることもできますが。)
 小学6年生の、「複数の実例プラス一般化の主題」が、作文・小論部の基本ですから、小6の課題を1年間こなすだけでも、文章力はかなりつきます。
 その後、中1から中3までの意見文の書き方を身につければ、文章を書くことに関しては、かなり自信がつくようになると思います。

 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定5月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
社会人文章講座(0) 

コメント欄

森川林 2019年7月11日 8時39分  
 学校教育で最も力が伸びる時期は、高3からの数年間だと思います。
 ところが、今は、高3は受験勉強に追われ、大学生になれば遊びっぱなし(笑)となることが多いと思います。
 ただし、大学生は、高校生までのような教科書的な勉強をする時期ではありません。
 もっと自由に高度なことを考える時期です。
 だから、本当は、この時期に読書と作文に力を入れることが重要なのです。


nane 2019年7月11日 8時39分  
 言葉の森は今は高3で卒業ということになっていますが、実は、大学生になっても続けたいという人は多いのです。
 そして、本当は、作文力は高3からまた一段と質的に向上します。
 高3から大2ぐらいの間に、難しい文章を読んで論説文を書く練習をすると、考える力はかなり伸びます。


コメントフォーム
社会人のための文章講座――社会人作文クラス 森川林 20190711 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
めもやゆ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「めもやゆ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森が考え 森川林
 コスモス先生、ありがとうございます。 6/1
オンライン教育 nane
 言葉の森のオンラインは、リアルでできる 6/1
風邪の中をプロ 森川林
 サラさん、ありがとうございます。   6/1
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■勉強の本来の姿は自主学習――家庭で学ぶからこそ能率がよい【動画あり】 7月10日
■小学校高学年や中学生の生徒が作文の課題をためない方法 7月9日
■問題集読書と読解検定と自主学習クラスで国語力を高める 7月8日
■中学入試ハイパー作文7.3週「日本人や日本について考えたこと」 7月8日
■7.2週の授業の動画を「鳥の村」にアップロードしました 7月7日
■サマーキャンプの読書感想文予習シート 7月7日
■日曜朝9時の作文クラス募集中――寺オン作文クラスの授業の様子【動画】 7月7日
■アクティブラーニングを超える発表学習――個性の発見と創造、そして知的なコミュニケーション 7月5日
■国語の成績を上げるコツ 7月4日
■実力をつけるコツは毎日同じことを同じように続けること 7月3日
■教えない授業で子供が伸びる――自主学習クラスの勉強の仕方 7月3日
■読書感想文の宿題をサマーキャンプで仕上げる 7月2日
■寺子屋オンライン案内を作り直しました――7月からは父母面談や父母懇談会もしやすくなります 7月1日
■国語の成績が悪いだけなら大丈夫 6月30日
■7.1週の授業の動画をアップしました――ハイパー作文コースの7.2週は「意見文」 6月28日
■暗唱は毎日欠かさずやるのが最も続けやすい――できるようにさせて褒めるのが教育、できるようにさせないで叱るのは自分勝手(笑) 6月28日
■【事務連絡】「山のたより」の公中検返却日程のプリントミス 6月27日
■読解検定裏話――7月の読解検定はサマーキャンプでも 6月27日
■【重要連絡】言葉の森の料金システムの変更といろいろな企画のお知らせ 6月26日
■STEM教育の先にあるもの――発表学習クラスの授業から 6月25日
■6月の読解検定終わる――百点は2名 6月23日
■STEM教育の先にあるもの(その1) 6月23日
■言葉の森のオンラインスクール宣言――言葉の森は、作文教室を含めたオンラインスクールとなります 6月22日
■自主学習クラスの4週目の実力試験ほかのお知らせ 6月21日
■言葉の森のオンライン学習の特徴 6月21日
■最初の定期テストで高得点――勉強は自分のペースでやるときに最も能率がよい 6月19日
■四行詩いろいろ 6月18日
■友達と一緒に「自宅」で、勉強、読書、交流ができる、対話のあるオンライスクール 6月17日
■6.4週の授業の動画をアップロードしました 6月16日
■教わらないが、いつでも質問のできる勉強が最も効率がよい 6月14日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
FJNBP-1337-6644-8260-5410 ソースネクスト





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。