記事 3827番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2019/9/22 
小学1年生の生徒に読書感想文の宿題を出す愚
森川林 2019/08/20 05:57 

 サマーキャンプに参加した生徒の中で、小学1、2年生なのに感想文の宿題があるという子がかなりいました。
 小学1、2年生で感想文の勉強をするというのは、教育的にほとんど全く何の意味もありません。
 子供が自分の力で書けるわけがないので、結局親がほとんど手助けをしなければ書けないような親の宿題になっているからです。

 そういうことが分かっているのかいないのか、いまだに小学校低学年で感想文の宿題を出す学校があるのです。
 小学1、2年生で感想文の勉強することが、本気で大事だと思っている国語の先生がいるとしたら、その人は国語の勉強というものについて何もわかっていない先生です。

 しかし、たぶん多くの先生は上から言われて感想文の宿題を出させられているという事情があるのだと思います。

 それに対して保護者はどういう対応したらいいのかというと、これは子供の宿題としてはやらずに、親が全部書いてあげればよいのです。
 そして、子供はそのぶん楽しい読書をしていれば十分なのです

 低学年に読書感想文の宿題に出すことについては、既に何十年も前からその弊害が指摘されているのに、いまだにそういう学校が残っているということに日本の教育界の遅れを感じました。

 今の教育界は、横文字の教育論をありがたがるような面があると同時に、物の考え方の根本が大きく遅れているのです。

 若い先生が、もっと現実に合った日本的な新しい教育を作り出していかなければならないと思います。


 ちなみに、言葉の森の感想文指導は、今の学校で行われているような場当たり的なものではなく、誰でも書ける方法論を持ったものです。


言葉の森の企画
小1・2・3からできる発表学習クラス説明会 9月29日(日)9:00~ Zoom会場――新しい未来の考える勉強――

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書感想文(19) 

コメント欄

森川林 2019年8月20日 7時19分  
 感想文の勉強が意味を持つのは、小学5年生になってからです。
 しかし逆に、小学校高学年から中学生にかけての考える力が伸びる時期に、学校の作文感想文指導はほとんど行われなくなります。
 それと対応するかのように、感想文の指導などをする時期でない低学年に、感想文の宿題が出されているのです。


nane 2019年8月20日 7時20分  
 小学校低学年での読書感想文の宿題などは、もうとっくになくなっていると思いましたが、まだそういう宿題を出している学校があることに驚きました。
 宿題を出すなら、子供が宿題としてやれるような指導を授業の中でやっていなければなりません。
 しかし、授業の中で指導ができないのに、宿題だけを出しているのです。


コメントフォーム
小学1年生の生徒に読書感想文の宿題を出す愚 森川林 20190820 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
おかきく (スパム投稿を防ぐために五十音表の「おかきく」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
小学5年生対象 森川林
 少人数クラスなので、いつでも可能なので 9/21
小学5年生対象 たま
土曜日は学校行事もあってお休みする事もあ 9/21
国語力をつけ読 森川林
 yyさん、ありがとうございます。   9/19
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~3件目を表示
■自主学習クラスの4週目の実力テスト、テスト用問題集の購入、勉強結果のアップロードのお願い 8月19日
■8月の発表交流会は、8月第4週 8月19日
■8月の読解検定は、8月31日(土)9:00~、18:00~ 8月19日
……前の3件
RSS
RSSフィード

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。