記事 3920番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2019/12/13
面白い理科実験とアクティブラーニング
森川林 2019/11/18 08:28 

 理科実験の本を何冊か揃えてみました。
 「実験おもしろ大百科」は415ページもあります。

 中身はこんな感じです。

 中身は豊富です。実験の面白さが中心に書かれています。

 「でんじろう先生の学校の理科がぐんぐんわかるおもしろ実験」
 ページ数は127ページですが実験の仕方が簡潔に書いてあるので内容は豊富です。
 またその実験の結果がどういう理屈で成り立っているのかということも書いてあります。



 「理系アタマがぐんぐん育つ科学の実験大図鑑」
 ページ数は160ページです。全ページカラーで、なぜそうなるのかという理屈が詳しく書いてあるので高学年の生徒にも読み応えのある内容になっています。



 「理系アタマがぐんぐん育つ科学の実験大図鑑」は、本が大きすぎるので本棚に入りにくいという難点はありますが(笑)、この本が一番のおすすめになると思います。

 なぜ理科実験の本を探しているかというと、これからの勉強はアクティブラーニングが中心になってくるからです。
 言葉の森の作文は、もともとアクティブラーニング的な勉強です。
 この作文の勉強に、創造発表的な勉強と、自主学習的な勉強を組み合わせていくことを考えています。

 文部科学省ではアクティブラーニングの目標を、主体性があり、対話があり、創造性がある学習というようなことで定義しています。

 この学習の定義にピッタリ合うのが、創造発表クラスの学習です。
 参加する生徒が少人数で全員に発表の機会があり、またその発表の内容は個人個人が自由に自分の個性を生かして選んできたものです。
 また、実際に実験をしたり観察したりするという実行の伴うものが多いので、そこで自然に保護者との対話や生徒どうしの対話が生まれます。
 個性があり創造性があり対話があるというところが、アクティブラーニングの目的そのままなのです。

 ところが、このアクティブラーニング的な学習を、従来の答えのある勉強でやろうとすると効果は半減します。
 これまでの国語・算数・理科・社会・英語のような勉強をアクティブラーニングとして組み立てようとすると、ある程度のお膳立てをしなければなりません。
 また、お膳立てされて答えがあらかじめある世界でのアクティブラーニングは、子供たちにとってそれほど魅力のあるものにはなりません。

 アクティブラーニングの学習法には、その学習の方法にあった学習の内容が必要です。
 その学習の内容として第一の候補となるのが、自由な理科実験ということなのです。

 言葉の森の創造発表クラスは、現在テキストも一応ありますが、参加者それぞれが自由にテーマを決めて研究したことを発表しています。
 自由にテーマを決められるというのはいい点ですが、このやり方では保護者の負担が大きくなる面もあります。
 そこで、理科実験の内容が選べるように面白そうな本を探していたのです。

 今後この「科学の実験大図鑑」などをもとに、小学生だけでなく中学生、高校生も含めた創造発表クラスを広げていきたいと思っています。
 参加フォーム/言葉の森企画
自分のペースで学ぶ密度の濃い自主学習
勉強は自分のペースで学ぶときが最も能率よくできます。わからないところだけを先生がチェックしてくれるので安心です。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
アクティブ・ラーニング(0) 発表学習クラス(0) 

コメント欄

森川林 2019年11月18日 8時40分  
 従来の勉強をするだけなら、わざわざアクティブラーニングでやる必要はありません。
 自主学習で、目標を決めてやっていけばいいだけです。
 この自主学習は、先生に教わる勉強よりもずっと能率がいいのですが、低学年のうちから自主学習の習慣をつけておくことが必要になります。
 新しい創造的な勉強は、自主学習ではできません。
 それは、友達との対話があることによって面白くなる勉強だからです。
 作文の勉強はどちらのやり方でもできますが、今後はアクティブラーニング的な作文学習が中心になってくると思います。



nane 2019年11月18日 8時43分  
 うちの子が小学生だったら、まずやらせてみたいのが、作文クラスに次いで創造発表クラスの学習です。
 この創造発表クラスの勉強に向いているのは、勉強を楽しめる子です。
 言われたことをきちんとやるだけでなく、言われていないことも工夫してやるような子が創造発表クラスの学習に向いているのです。


コメントフォーム
面白い理科実験とアクティブラーニング 森川林 20191118 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ねのはひ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ねのはひ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
勉強の能率を上 nane
 私(森川林)は自分自身はもちろん、うち 12/12
勉強の能率を上 森川林
 「新しいオンライン教育」のシリーズは、 12/12
作文の書き方— 森川林
 ちちきさんお返事遅れて失礼。  こん 12/12
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■作文は予習によって力がつく 11月16日
■社会人のための文章講座――書くことに自信のある方もない方も自分のペースで学習できる 11月15日
■アクティブ・ラーニングは、点数の評価はしにくいが、人間による評価は自ずからできる 11月14日
■11.3週の授業の資料を資料室に入れました 11月13日
■国語の勉強法がわかる読解検定 11月13日
■理詰めの読解力がつく読解検定――11月の無料キャンペーンは団体受検も受付中(パソコン不要) 11月12日
■アクティブラーニングを超える新しいフラーレン・オンライン教育 11月11日
■11月の無料読解検定は団体受検もできるようにしました 11月8日
■作文読解クラスの体験学習募集――作文は、書く力の前に考える力をつけることが大切 11月8日
■創造発表クラスの体験募集――未来の社会とこれからの教育 11月7日
■11.2週の授業の資料を入れました――小1~中1の授業、プレ受験コース、せいかつ文化コース 11月7日
■11・1週の授業の動画を再度アップロード 11月7日
■自主学習クラスの体験募集――自主学習と先生のチェックが最強の勉強法 11月6日
■なかなか上達しない、そして、モチベーションが低いという相談 11月5日
■11.1週の資料、授業の記録、自主学習クラスの学習記録 11月1日
■読解検定11月も無料キャンペーン実施! 11月1日
■受験作文小論文アドバイス――最後の仕上げの個別指導で合格力アップ 10月29日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく(3) 10月28日
■国語も算数もできない問題ができるようになって初めて力がつく 10月27日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく(2) 10月25日
■創造発表クラスのヒント「意味をこわしてしまった言葉」(毎小から) 10月24日
■海外の生徒向けのFacebookグループ、掲示板のお知らせ 10月24日
■わかりやすく教えてもらうより、自分で考えてわかることで応用力がつく 10月24日
■【合格速報】慶応大学経済学部 10月23日
■自主学習力、創造発表力、作文読解力とは何か 10月23日
■創造的な教育文化が日本を発展させる 10月22日
【訂正】森オンライン案内の一部改訂――受講料の項追加、自主学習クラスのテストと保護者懇談会11.3週に 10月21日
■本を読む習慣をつける最も手軽で効果のある方法 10月21日
■苦手をなくす教育から得意を伸ばす教育へ 10月20日
■公立中高一貫校の模試(小4~小6)受付中 10月19日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。