記事 3945番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/21
全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方1
森川林 2019/12/15 02:53 

 小学校高学年の生徒の保護者から、塾の記述の問題で以前はほとんど書けなかったものが、言葉の森で作文の勉強始めてから楽に書けるようになったという話を聞くことがあります。

 これは、ある意味で当然のことです。
 というのも、記述問題を書く力と作文を書く力は同じですから、作文が書けるようになると記述問題も同じように書けるようになるからです。

 言葉の森の作文指導では、これまで作文をほとんど書けなかった子が、言葉の森で勉強することによって初めて楽に書けるようになったという話をよく聞きます。
 なぜそういうことができるかというと、それは作文の勉強の仕方が違うからなのです。

 通常の学習塾などでの作文指導や通信教育での作文指導は、まず子供に作文を書かせてから、その良いところや悪いところを添削するという形で勉強が進みます。
 この添削というのが、良いところを褒めるよりも悪いところを直すことに重点が置かれるのは容易に想像できます。

 本人がせっかく一生懸命書いた作文を、欠点だけ毎回指摘していれば、真面目な子ほど作文が書けなくなっていきます。
 低学年の子は、さらにその傾向が強くなります。
 このため、作文指導に熱心な先生に教えられるほど作文の苦手仲間増えるという逆説が生まれているのです。

 言葉の森の作文指導は、添削して直す指導ではなく良いところを褒める指導です。
 と言っても、漠然と良いところを褒めていたのでは、子供たちの実力が伸びません。
 作文を書く前にどういうところに注意して書いていくのかを事前に指導し、その指導した項目ができたことを褒めると言う手法なのです。
 こういう指導を行っている作文教室は、言葉の森以外にはありません。

 この事前に項目を指導して褒めるという指導すると、どんなに作文が書けない子もすぐに書き出すことができるようになります。
 それは、自分が何を求められているのかが分かり、その求められていることができれば褒められることがわかっているからです。


 事前指導のない作文の教え方では、子供は、自分が何を求められているのかわかりません。
 そして、とりあえず一生懸命書いたとしても、その書いた作文の欠点をあれこれ直されるだけだという予測ができます。
 そのために、作文が書けなくなっていくのです。

 これは、家庭で作文の勉強している場合にも当てはまります。
 子供が書いた作文をお母さんやお父さんが見る場合、最初のひとことは必ずと言っていいほど注意のひとことです。
 特に、自分の子供の作文の場合は欠点だけが先に見えるので、どうしても最初に注意をしてしまうのです。

 子供は作文を書いている間も、書き終えたあと親に注意されることが予想できるので、低学年の子の場合は書くたびに親にどう書いたらいいか聞くようになります。
 よく、子供が聞いてばかりいてなかなか自分の力で書かないという相談を受けることがありますが、それはお母さんが直す指導を続けていたために、何でも親に聞く書き方をするようになったのです。

 親がいつも作文の良いところを褒めていれば、子供は本当に必要なことしか聞きません。
 子供が書くたびに質問するのは、褒める指導ではなく、注意する指導をしているからなのです。
(つづく)

 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
記述力(0) 作文教育(134) 

コメント欄

コメントフォーム
全く書けなかった記述の問題が楽に書けるようになった――作文の教え方1 森川林 20191215 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
みむめも (スパム投稿を防ぐために五十音表の「みむめも」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
プログラミング nane
 言葉の森の通学教室の卒業生の結構多くの 1/15
プログラミング 森川林
 プログラミング教育は、最初は子供にとっ 1/15
日本一のオンラ nane
 なぜ日本一を目指すかというと、これから 1/13
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■受験作文コースの生徒対象――志望理由書1回無料添削(再掲) 12月14日
■12.2週、及び12.3週の授業の資料をアップロードしました 12月13日
■学校に行かない子も活用できる自主学習クラス 12月13日
■勉強の能率を上げ、生徒どうしの交流を生かす自主学習クラス――新しいオンライン教育4 12月12日
■【合格速報】関西学院大学理工学部生命医化学科 12月10日
■20年以上前の生徒の作文が載っている「作文の丘から」 12月10日
■12.2週のプレ受験コースの課題アップロード 12月9日
■新しい読解練習の方法――間違えた理由を文章として書かせる 12月9日
■創造力、思考力、発表力などの見えない本当の学力を育てる創造発表クラス――新しいオンライン教育3 12月6日
■読解力低下の原因と対策 12月4日
■発表と質問感想で勉強が進むオンラインの作文クラス――新しいオンライン教育2 12月3日
■新しいオンライン教育――人間の触れ合いのあるオンラインがリアルな教育を超える 12月2日
■読解力は、読む力と解く力の足し算 11月30日
■「ざんねん」は物事の裏側 11月29日
■12.1週の授業の資料をアップロードしました 11月28日
■日本語と英語の暗唱教育――日英暗唱クラスの計画 11月27日
■作文は究極のアクティブラーニング 11月26日
■読解検定11月実施中――今回は学年によって問題が難しかったようです 11月25日
■小学生の「工作」の本をSTEM教育のうちのエンジニアリングの基礎として 11月23日
■本日から読解検定。問題が届いていない人は到着後答えの送信を 11月22日
■自主学習のすすめ 11月21日
■穴埋め式ドリルでは力がつかない 11月20日
■11.4週の資料をアップロードしました 11月19日
■提出率99%の作文通信教育 11月19日
■面白い理科実験とアクティブラーニング 11月18日
■作文は予習によって力がつく 11月16日
■社会人のための文章講座――書くことに自信のある方もない方も自分のペースで学習できる 11月15日
■アクティブ・ラーニングは、点数の評価はしにくいが、人間による評価は自ずからできる 11月14日
■11.3週の授業の資料を資料室に入れました 11月13日
■国語の勉強法がわかる読解検定 11月13日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。