記事 4055番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/7/10
新型コロナウイルスとこれからの教育
森川林 2020/03/23 07:45 

 新型コロナウイルスの問題は、日本では収束しつつあるように見えますが、世界的に見ると、これまでよりも拡大し悪化しているように見えます。

 この間、この問題についての対策をずっと考えてきましたが、それを今後の教育と関連させてYouTubeにアップロードしました。

https://youtu.be/_qHuN5YiZPc



 この動画は約40分の長いものです。
 私は、YouTubeを見るときは2倍速で見ているので、そういう方も多いと思います。
 しかし、2倍速でも、この動画は約20分かかります。

 そこで、文章をななめ読みする形でも概要を把握できるように、動画の音声をテキスト化したものを下記の掲載します。
 ただし、このテキスト化は、Googleドキュメントの機能を単純に利用したもので、それに句点と段落をつけただけのものですから、誤字などはたくさんあります。
 そのことをご了解のうえ、ななめ読みしてくださるとよいと思います。

 なお、今後、YouTubeを新しい情報発信媒体として生かしていきたいと思いますので、ご関心のある方はぜひご登録をお願いします。


(この文章は音声入力のままで、誤字などを編集していません。)

 今日はコロナウイルス対策これからの教育ということについてお話をしていきたいと思います。
 まず資料を眠っていただきます。
 手書きの高卒ですけれども新型コロナウイルスに対して二つので方向で考えがあればあると思います。
 一つは悲観的形でこれは私の知っている範囲では本田健さんとかInDeepさんそれぞれ科学的な裏付けっていうのを考えてよく自分なりに分析して考えている方ですけれどもこの本田さんや妊婦さんはこの新型コロナウイルスが極めて大きな問題になる簡単に収束するようなものではないでこれによって世の中が大きく変わるって言うならそういう考え方を述べています。
 本田健さんはYouTubeで情報発信していましたのでご覧になられると良いと思います。
 それに対して楽観的というわけではありませんがそれほど大きな問題ではないという方もいます。
 インフルエンザの死者が毎年もっと多いのにコロナウイルスも風邪みたいなものだから、一旦かかってしまえば大丈夫って言わな感じです。
 ねこのこれらのそんなに大きな問題ではないっていう方にはこれも私の知ってる範囲で増田俊男さん池田信夫さんなどがいらっしゃると思います。
 このお二方も音があり非常によく自分なりにこの情勢を分析している方で私はいつも色々な意見の参考にしている方ですけれどもこういう二つの異なる見方があるということはあの頃まだ未確定の部分がかなり多いということだと思いましてただそういえば私は悲観的な見方の方を大事に考えて対策を立てていた方がいいと思います。
 ねこの新型コロナウイルスに限らず世の中全体の大きな流れとして今家が大きな変換点に差し掛かっているという感じがします。
 これはスピリチュアル的な考え方とも言えると思いますがこのパンデミックが終わったとしても無事に新型コロナウイルスが終息したとしても決してこれで終わりではない例えば、自然災害はこれから昨年あたりから非常に行こう激しくなっていますし自信工事などの心配もこれからもっとで大きな形で起きてくるように思います。
 そして、経済の破局ということも同時に今起こっていてこの大量に資金を投入することによって株価を引き上げているように見えるけれども実際の内容は決して世の中が発展してるわけではなく特に先進国では少子化とそれから授業するものはないっていうところから経済がどんどん縮小しているような感じがあります。
 でその一方でmoneyGAMEだけが盛んになり各社が拡大してそれがもう限界に来ているような感じがあります。
 またパンデミック自然災害経済破局の他に懸念されるのが大戦争やテロリズムです。
 中国のお隣にある中国の侵略的な姿勢っていうのは治らない違法な感じがあるのでまた北朝鮮にしても韓国にしても日本の隣にある国が何も日本を機会あればて敵視して日本を潰そうっていう日本を支配下に置こうという風な考え方でいるということがあります。
 また中東でも戦争の危険って言っちゃっていないどころか以前としてこれから拡大するような音方向にあるように思います。
 こういう大きな流れがあるということは結局人類のでこの過ちっていうのを正そうという風な宇宙の音大きな流れのようなものがあると思います。
 人間の世界に限らず自然界でも絶滅危惧種が増えているところを見てもこれからの人間がもっと大きく考えを改めなければ世の中は良くならないそういう考えが起きているように思います。
 小学生中学生のまだ自分の人生の目標など決まっていない色々なことを自由にやらなければならない時期に知識の詰め込みという教育が行われてその子どもたちの意欲を持たせるために無理矢理競争の中に遅れそういうところが、あると思います。
 でこれらの英語何もできた資本主義や自然破壊戦争経済常子の教育ってのが結局利権システムでがんじがらめに成立しているっていうところに大きな問題があるように思います。
 つまり誰もそれを望んではいないけれどもしかし、それによって利益を得ている人が確実に存在しているだから、変えたいと思っても変えられないかいられない変えられない人たちがいてその変えられない人たちに多少なりとも自分たちも関わっているって言うんです。
 そういうあの行き詰まり状態があると思います。
 ですから、これをどう変革していくのかっていうのが今後の人間の課題になると思いますけれどもその大きな方向っていうものはすでに見えているように思います。
 それが新しい政治経済新しい農業屋食料新しい経済新しい教育新しい新しい家出るこういう新しいこれまでの理研システムに依存した人間はあまり幸福にしない宿命というものが根本的に変えられるようなビジョンが今出ているという風に思います。
 でそういうこれまでのシステムに乗らない新しい考え方の根本が実は日本文化っていうものに非常に共通しているところだ日本の良さというものが失われていったのが明治以降のさらに戦後の日本の歴史だったと思います。
 で日本の良さ日本の文化の良さ日本の経済の良さそういう本来日本にあったもので良さを見直すことが新しい政治経済教育医療などに結びついていくのではないかというふうに思っています。
 でそれが現代の民主主義と科学の力と結びついて世の中を良くしていくというのが私の考えている将来のイメージです。
 その新しい政治経済文化教育に共通するものとして考えられる概念がまず自主的であることを民主的であること公開されていることを想像的な発明に基づいていることではないかと思います。
 簡単に入ってしまいますけどで新しい教育新しい経済っていうことに関して考えこれから述べていきたいと思いますが新しい教育で必要なものは何かというと一つは創造する教育だと思います。
 これまでの教育は既にある正解を覚えてそれを再現するということに重点が置かれていたので今でも子供達は答えになる世界が教育の世界に考えています。
 しかし、本当にこれから大事になるのはそれぞれの人が自分なりに想像している世界でその誰もが想像できるような力を身につける為に教育を行っていくということが大事になると思います。
 そして、第二に共感の教育です。
 他人に対する評価というのが日本人には多分他の国永に比べて多いのだと思いますが困っている人顔見たらつい助けてあげたくなる相手が嬉しかったら自分も嬉しくなるっていうようなそういう共感力を育てる教育がこれから大事になってくると思います。
 他人の飛行を冷酷に見て自分だけ得すればいいって言うなそういう考えがいば多少なりともに広がっているように思います。
 から昔宮沢賢治さんが言っていたと思うんです。
 けども不幸な人がなく人類の中でなくならない限り本当の自分の幸福ってのはないって言うんでそういう考えが実感としてもてるようなそういう子どもたちに育てていくことが大事になると思います。
 そして、第三に思考力を育てる教育です。
 今の科学の世界で何が必要かと言うとやはり考える力だと思います。
 色々な知識をたくさん身につけてます。
 早く身につけていくっていうのが今の受験勉強の中では勝敗を決する重要な予定になっていますがそういう知識の多さというのは単なる材料であってその材料を生かすものは考える力になると思います。
 よこの考える力が結局言葉を組み合わせる力に基づいているという風に思います。
 もちろん数学の世界のように言葉ではなく数式や論理や慈恵で考えを深めていくっていうこともありますけれどもその多くの物事また数学に対しても同じように感じという言語を使った思考力っていうふうに考えられるので考える力を深めることなく知識だけ増やしていっても新しい時代割り切り開けないと思います。
 あらゆる人が自分なりに物事を考えるしかも創造的に深く考えるということとともに他の人に対してまた人間だけでなく動物や植物に対しても共感力を持つというこの状況から思考の教育がこれからは新しい教育として重要になってくると思います。
 でそれを私は以前考えたのは教育の目的は何か子どもたちの可能性を育てるってことはもちろんあるんですけれどもそれとともに明日の日本を支える子どもたちの思考力共感力を育てるつまり子供達の教育ではなく個人の教育が結局日本の社会を良くしていくというそういう社会との結びつきを持つ教育をしていく必要があると思います。
 というのも未来の社会というのは今の子供たちがになっていくわけですから、日本が住みよい国になるかどうかというのは今の子供たちが住みよい国を作れる事をダシになっているかどうかにかかっているということです。
 ですから、これから子供達の教育を発展させていくことが日本を発展させる一番の要になると思います。
 世の中には大事なことが色々あるあるいますが最も大事なことはやはり子供の教育であってこの頃に来いということを中心にして政治も経済も社会も文化も成り立つようなそういう状態にこれから持っていく必要があるようだと思います。
 想像教育と反対にあるものがまず想像育てる想像力を下げることよりも詰め込み教育そして、依存する教育系に追従する教育悪口が書いてますけども正しい答えに従いなさいっていうような教育が今修理なっていると思うので正しい知識を身につけることが大事ですけれども自分なりにオリジナルに例え間違っていたとしても自分らしい想像できなことを試みるということがこれからの教育で大事になると思います。
 ね思考力に対しては知識っていう人がこの学力の優秀な人結構いるように思います。
 高学歴で学力的には非常に優れているように見えるけれども自分で考えるって言うことがあまりなく色々な人の意見や知識を知っていて何か言うとそれに対してこういうこういうことがあるって言うから言えるけれども自分らしく考えることがないっていう人が増えているんじゃないかっていう感じがします。
 から共感力に関しては共感の反対はこれは何て書いて道徳教育から社会に貢献するっていう意識がないけど行くつもりで勉強というものが自分のためにやるっていうことは別にいいんですけれどもその自分のためが社会のために繋がるような自分のためでなければならないのに社会はとりあえず関係なくむしろ他人を踏み台にしてもいいから自分が得をするって言うなそういう考え方がある程度にまかり通っ的な感じがあるように思います。
 で今明日の教育の話ですけれども新しい経済というものが新しい記憶と結びついていく社会っていうのを考えています。
 で新しい経済っていうのは想像する経済です。
 既にある品物をいかにしておりたくさんあるからセールスの検査ではなく創造の経済こっちのものは切るようなそういう経済活動ではなく新しいものを作り出すような経済活動がこれから必要になってくると思います。
 そして、第二に自立の検査今ほとんどの人が会社に勤めてお給料もらうような生活をしていてそれ自体は別にいいことですけれども自分が自分の意思で何かをするという時間があまりにも少ないように思います。
 自分らしい時間体のが消費する時間が中心でどっか遊びに行ったりいいもの買ったりするところに自分らしさがあるだけで物事を生産する活動において自分らしさを発揮するという面が少ない会社の中の仕事でもあまり心から進んでやりたいわけではない仕事をするでしかもその目的が心から自分の求めているものではないこれは簡単に解決できることではないですけれども本当の自分のしたいことをしたいようにするそのために途中の煩わしいことも我慢するのであればいいんですけれども本当にしたいことがないので煩わしいことだけをするっていうようなそういう生活がねやりそれを社会全体の問題としていく必要があると思います。
 それが事実です。
 そして、第三に共感の経済日本の文化の中には論語と何だっけお金儲けことで渋沢栄一さんが話してどこと算盤だっけ話していました。
 けれども後近江商人のそういう考え方で散歩をした後自分も投稿するけども買った人のところする仕入先の得をするそういうようなことが経済の根本に流れていたように思います。
 ところが、今は欧米的なと言うと頭がそんな単純なことではないと言われるかもしれませんけどもうばになって買ったものの方が偉いというような検査一貫金あるように思います。
 他人も自分も倉庫に良くなるような最近の言葉にwin-winの関係っていうのかもしれませんがそういう評価に基づいた経済っていうのを作っていく必要があると思います。
 また教育の話に戻りますけどもこの曲についても経済についても理想的なビジョンというのは今述べたようにほとんどの人が共有できると思いますがここも利権でがんじがらめに動きが取れないような状態になっているのが日本の現状だと思います。
 教育に関してはやはり受験教育それから学校に学校や塾に犬の西田教育そして、テニス中心の教育競争競争を目的にした教育競争勝敗を目的にしたけど勝つか負けるかための教育そういう受験学校点数競争という子の教育の仕組みが理研の中で誰もがこれに対して利益を持っているような中で改革されない馬場進んでいるという風に思います。
 でこれを改革する方法というのは政治的なスローガンでもっとこうしようというのではなく私が持って行くのはやはり新しい教育をこれから作っていくことになると思います。
 これまでの教育を否定することに力を入れるのではなく自分たちで新しい曲を作っていくことが大事になると思います。
 その方法として考えているのは一つは少人数のふれあいの教育です。
 いま学校でも30人学級20人学級のように人数を少なくして教育を充実させようという考えはありますが本当に子供達がふれあいを持って自分が参加その集団の中で参加できるような人数というのは56人ではないかと思います。
 これを暮らし教育に仮に名前を付けたんですけれども友達との交流があって個別に人間友達の柴田先生と友達が関われるっていうような教育が必要になると思います。
 個別指導っていうのは先生と生徒の家庭教師のような協力の携帯ですけれどもこの教育では子供同士の人間関係がなかなか産まれないという問題があります。
 また一方学校などで行われている集団教育の中では生徒一人一人に対する対応ができないので低学年の頃は集団教育でいいんですけれども中学年以降はやはり集団教育ではなく個別にアドバイスできるような教育が必要になると思います。
 その人数が中国人の教育これをたまたま56人が集まったというのではなくコンスタントに維持していく仕組みが必要になってくると思います。
 つまり常に気の合った56人の友達または同学年同レベルの56人の友達が互いに刺激しあって学んでいくそういう少人数クラス教育っていうのがこれからの教育の音一つの新しい形になっていたと思います。
 時代に自主教育今自主学習クラスっていうの開いていますが勉強で最も能率が良いのが自分でやる勉強だと思います。
 先生に教えてもらう教育というのはなるか学んでいるような気がしますけれども低学年の時期こそその集団教育っていうのは意味がありますが中学年以降になるとやはり自分のペースで学んでいくことがずっとドーリス通い何倍ぐらいの椅子が光っているちょっと言えないですけれども他の人に教えてもらう協力によりも自分で今良い教材がたくさんあります。
 から自分で教材を選んで学んでいくそして、よくわかっているところは軽く飛ばしてよく理解できないところが、何度も繰り返すそして、繰り返しても分からない所は先生に聞くっていうそれが自主学習教育になります。
 こういう形の教育がこれから必要になってくると思います。
 昔国語のあの中に有名な女性の先生の授業を見た人の話がちょっと印象的だったんですけれども黒板を前にして面白い話をするのではなく一人ひとりが別々のことをしてその間期間重視と言うんだと思いますが机の間をぐるぐる回って一人一人に声をかけるんだねそういう授業形式だったそうです。
 それはまさしく自主学習教育を学校集団っていう制約の中で行っていた姿に思います。
 子供達は自分の本当に学びたいことを学ぶならその時に一人ではこの行く行く先が分からない時が出てきます。
 からその時に沿ったアドバイスができる先生がいるって良いねそういう状態があの今日行くのね理想の形になると思います。
 世帯さんに自然や人間と触れ合う教育です。
 これは言葉の森で合宿を行っていますけれども今の社会ではどこに先進国また日本の社会では自然に触れ合うっていうことがどうしても少なくなっていると思います。
 また一方人間と触れ合うっていうことも少なくなっていてそれはどこから来てるかというと一人で家でYouTubeを見ているとかねそういうこの環境ができているために子どもたちが自然の中で人間の中で触れ合うことによって苦労したり喜びを見出したりていうようなことがない状態が増えていると思います。
 横のふれあいというのが共感の一番の根本になるのでこれからの教育っていうのは自然や人間とのふれあいっていうものを募り研修に行ってない曲ですけれどもそのふれあいによって共感力を育てるようなことが必要になってくると思います。
 そして、第4に創造教育です。
 間違った答えになってもいいから自分なりに考えてみようっていうことがこれから大事になる子供達は間違えたか失敗っていうのを今は非常に悪いいますけれども間違いや失敗があるからこそ人間の科学や社会の進歩して言ったっていう風なことを大人が大きなその社会の流れとしてきた仕組みとして考えておくことが必要になると思います。
 そこたちに正しい答えを人より早く出すことが大事なのではなくその答えを覚えてるんだから、自分なりに考えて新しいものを作り出すことが価値あることだっていうことを常に周りの子達が子供に話したけどそれによって子供が新しいことを自分なりに作ることが大事だっていう考えを自然にモテるようにするこれが想像教育になっていくと思います。
 で太鼓に思考教育これは考える力を深める教育で考える力を深める一番の基本は日本語の文章の読み書きになると思います。
 よく思考力を育てる算数パズルというのがありますが算数パズルを悪く言うわけではなくあれはそれなりに面白いものなんですけれども人間社会は人生で中止になる思考力っていうのはやり過ぎた頃だと思います。
 数式図形のようなそれも一つの言語ですから、そういうことも大事ですけれども文章を考え文章によって自分の考えを表すことが多くの場合この人間の思考力として言えることでした。
 ら作文と読書によって考える力を育てていく思考教育の要になっていると思います。
 コロナウイルス話から話が広がりましたがこの教育を言葉の森ではモリオンラインクラスまた問題する言葉の森のオンラインスクールとして広げて行こうと思ってます。
 でこのような世の中の大きな流れを意識した先生が子供たちを教えていくということが大事になると思います。
 先生というと昔風の考えで作る教壇に立って黒板またホワイトボードでみんなを惹きつけるような魅力的な授業をする先生がいい先生のように思われていました。
 けれどもそれは古い時代の集団教育のツヴァイ個別指導ができない製薬のあった科学的な制約のあったつまり意外にものようなそういうサービスがないような時代にやむを得ず行われていた黒板でチョークで先生が生徒をひきつけて誰も飽きさせないで行うエンターテイナーのような教育というのを指定すると言うかそっから抜け出ることが必要になってくると思います。
 先生が主人公のような形で面白い教育をする予備校の先生のようなねそういうのが先生なのではなくそれは古い時代の古い社会の先生と出会ってこれからの先生っていうのは子供たちの自主性主体性を育てる先生少人数の56人のグループで子供達が来た岩をしたり励ましあったりするようなことをさせるような先生っていうのが新しい先生になってくると思います。
 知識は必ずしも必要ではないすべては学校で勉強する県立買うような知識は教材の中に入っているわけですから、先生がわざわざ教える必要はない昔の家に教科書地下教材がないような時代には先生が教える必要があったんですけれども今はふんだんに教材が手に入りましたが教えることが先生の仕事ではなく子どもたちが自ら学ぶことを手助けしてあげるまたは学びやすいように支えてあげそういうのが先生の役割になっています。
 ですから、どちらかって言うとなんてから子供達の集団でガキ大将になるような先生とちょっとあのリーダーシップを取りすぎですけれども黒幕のような先生と仲悪いことしてるみたいです。
 けども先生が前面に出るのではない先生というのがこれから大丈夫だと思います。
 そういう前提つまり今話したようなこういう話をもとにできるような人が新しい先生として登場して行ってもらいたいと思ってます。
 でこの新しい先生っていうのは新しい経済の方がになるつまり最初は先生が自主学習教育などでこれまでの学校の教育を元にした勉強を教えているわけですけれどもだんだんとその先生の持ち味を出すような女が出てくると思います。
 それぞれの先生が自分の得意なことを教えるでその先生を慕って子供たちが来る教えるっていうお蕎麦その先生に個性があると必要になってきます。
 から自分らしい個性を発揮する教育っていうのを先生もまた行うでそれに共鳴して集まってくる子供達もその先生からいたものを自分なりにまた想像し発展させていくというようなことが起きてくると思います。
 そこで生まれてくるのが新しい経済先生という役割からスタートしてそれぞれの人が自分らしい個性を発揮してそれが経済を回していくという風になればその仕組みが先ほど話した自立の経済にもなるし想像の検査にもなるそして、共感する計算になるということで教育と経済が結びつくような社会っていうのをこれから作っていく必要があると思います。
 長い間の話でした。
 けれどもこれからこういうYouTubeでねいろいろあの情報を発信していきたいと思いますのでご覧になる方は是非登録していただきたいと思います。
 どうもありがとうございました。

(この文章は音声入力のままで、誤字などを編集していません。)
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定7月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 言葉の森のビジョン(51) コロナウイルス(0) 

コメント欄

森川林 2020年3月23日 8時6分  
 新型コロナウイルスと、今後の教育のあり方についての話をYouTubeにアップロードしました。
 文字数の上では約9000字の情報になりますが、YouTube上では約40分の動画です。
 2倍速で聞けば、約20分で見られますから、お時間のあるときにぜひごらんください。
 新型コロナウイルスの問題は、日本では収束しつつあるように見えますが、未知の部分が多いので、今後問題が拡大することを前提に考えていくといよいと思います。

nane 2020年3月23日 8時10分  
3月20日ごろから考えて、いろいろな情報も参考にしたので、ノートが30ページほどになりました。
新型コロナウイルスの問題は、今後拡大することを前提に考えていくとよいと思います。
しかし、それは新しい時代の出発点にもなるのだと思います。

コメントフォーム
新型コロナウイルスとこれからの教育 森川林 20200323 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
しすせそ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「しすせそ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
コメントは24時間以内に表示
昔テレビで一億 かいわれ
テレビ等の営利が絡んだ扇情的・短絡的な報 7/6
夏のオンライン 森川林
 あおさんへ。  この講座はどなただも 7/6
夏のオンライン あお
こんにちは。受講を申し込みたいのですが、 7/6
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■4月の読解検定は無料――東洋経済オンラインで読解力の本紹介 3月22日
■【合格速報】大正大学文学部人文科学科 3月19日
■【合格速報】滋賀県立膳所高等学校 3月18日
■【合格速報】千葉県立東葛飾高等学校 3月18日
■本日3月16日(月)から「朝オン」の授業見学あり 3月16日
■言葉の森のオンライン学習と、他の通信教育やオンライン教育との違い(1) 3月13日
■「朝からオンラインスクール」ボランティア講師無料研修第2弾――3月14日(土)11:15~ 3月12日
■「朝からオンラインスクール」ボランティア講師募集――3月12日無料講師研修 3月11日
■遠くを見る子育て 3月10日
■【合格速報】立正大学文学部哲学科 3月16日
■言葉の森のオンラインスクールに参加しよう――昼食会場(無料)もスタート 3月9日
■3.3週のヒントをアップロードしました 3月9日
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」3月6日発売! 3月8日
■1日3時間の勉強で990円。オンラインスクールの昼食の時間は参加無料 3月7日
■言葉の森のオンラインスクールが目指すもの 3月6日
■【重要】オンラインスクールの受講を一コマ単位にします 3月5日
■休校対策のオンラインスクールは、少人数クラスで楽しく盛り上がる 3月3日
■【至急】コロナウイルスによる休校対策のオンラインスクール参加受け付けを開始 3月2日
■【至急】「オンラインスクール朝から」は3月3日(火)からスタート 3月2日
■学校休校対策用のオンラインページができました(申し込みフォームは現在作成中) 3月1日
■【至急】学校の休校対策として3月2日~25日、朝からオンラインスクール開始 2月29日
■3月の春合宿は中止、オンライン合宿として再計画中 2月28日
■2月29日(土)10:00~創作発表会を開催します 2月27日
■「小学校最後の3年間で本当に教えたいこと、させておきたいこと」の「はじめに」 2月27日
■読解問題の解き方の例「浦島太郎はなぜ亀を助けたのか」 2月26日
■【合格速報】郁文館高等学校 3月10日
■森オンラインクラス案内を改訂――子供たちが主体的に参加する教室を 2月25日
■3.1週の授業の動画「雑草の枯れ草で納豆を」「海外からの観光客の増加」ほか 2月22日
■【合格速報】兵庫県立芦屋国際中等教育学校 2月20日
■【合格速報】東京都市大学等々力中学校 2月20日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。
Zoomサインイン
ソースネクスト
FJNBP-1337-6644-8260-5410




 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。