ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 日本語教育が世界のトレンドになる日 Online作文教室言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4215番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2021/12/7
日本語教育が世界のトレンドになる日 as/4215.html
森川林 2021/03/20 09:49 

動画 https://youtu.be/F2FN3UYWYdY

 言語には、伝達の役割と人間の思考力を形成する役割とがあります。
 伝達の役割として重要なことは、世界の多くの人によって使われていることで、現在は英語と中国語が伝達の機能として最もよく使われている言語です。

 しかし、言語には同時に、人間の考え方の枠組みを形成する役割があり、それは言語の教育的機能と呼ばれるべきものです。
 そして、今後は、言語の伝達的機能よりも教育的機能の方が重視される時代がやってきます。
 なぜならば言語の伝達的機能は、人工知能の発達によって、いずれは自動翻訳が可能になる時代がやってくるからです。
 それに対して、言語の教育的機能は人間の身体的な成長に結びついているものですから、人工知能によって代替することはできません。
 このときに、日本語の教育的な機能が大き見直されるようになるのです。

 日本語は、世界の言語と比較しても多くの語彙を持っています。
 また、漢字かな交じり文という独特の形式によって、名詞と動詞が区別しやすくなっています。
 音素数の少なさから、同音異義語が多いという特徴もあります。そのため、文脈から言葉の意味を推測する必要があります。
 母音言語という特徴から、自然の音に対して共感を持ちすくなるという面もあります。
 膠着言語という性質によって,文の最後まで聞かないと意味が確定できないということもあります。

 これらの特徴がどういう教育的作用を生み出すのかという研究が進むと、子供のころから日本語で学んだ人は思考力や創造力や感受性が豊かに育つ傾向があるということが分かってくると思います。
 すると、小学1~3年生の幼小期にまず教育的機能としての日本語を学び、そのあと伝達機能としてその国の言語を学ぶということが、世界の教育の大きなトレンドとなってくると思います。

 ところで、日本語は話し言葉としては習得しやすい言語だと言われています。それは、複雑な文法的規則が少ないからです。しかし、書き言葉に関しては、逆にかなり難しい言語なのです。
 そこで、言葉の森では、単に日本人を対象にした作文教育をするだけでなく、外国人をも対象にした作文教育も進めていきたいと思っています。

 これから、日本は大きな自然災害に見舞われる可能性が高くなります。すると、海外のさまざまな地域に移住する日本人も増えてくるでしょう。そういう世界に散在する日本人が、日本文化を維持するための要となるのが日本語なのです。
幼長、小1、小2対象。基礎学力コース、親子作文コース
国語、算数、理科実験、プログラミング、暗唱、読書をひとつの講座で。親子作文は、作文が書けない子でも大丈夫。
詳細は→案内をごらんください。お問い合わせはお電話で。電話 0120-22-3987。基礎学力体験 親子作文体験
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本語脳(15) 未来の教育(31) 

コメント欄

森川林 2021年3月20日 10時7分  
 今は、幼少期に留学して英語と中国語を学ぶということが流行っています。
 しかし、将来は逆に、外国の子供たちが日本に来て日本語を学ぶということがトレンドになってくると思います。
 そのためには、日本語も変わらなければなりません。
 例えば、カタカナ言葉を減らす。トレンドもそうだった(笑)。
 曖昧な表現をもっと論理的に明確なものにする。例えば、「前向きに善処したいと、かように考えておるわけで……」など。
 交ぜ書きをやめる。例えば、語い、まい進、とう汰など。


コメントフォーム
日本語教育が世界のトレンドになる日 森川林 20210320 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
にぬねの (スパム投稿を防ぐために五十音表の「にぬねの」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

 (za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本語脳(15) 未来の教育(31) 
新着コメント1~5件
幼長、小1、小 森川林
 基礎学力コースは、小1の子にはおすすめです。  国語と算 12/5
即自存在、対自 森川林
 中学生のころは、たぶん子供が人生で最も打算的に生きる時期で 12/3
自動採点ソフト もも
貴校で学びながら明確にしていきたいと思います。 12/2
読解力は、テク nane
 国語読解クラスの無料体験学習を受付中です。  対象は小1 12/1
読解力は、テク 森川林
 国語力とか読解力とかいうのは、単に国語という教科だけの学力 12/1
……次のコメント

過去の記事

過去の1~5件目を表示
■中学受験について考える――受験の経験は意味がある、しかし詰め込みは避けたい 3月19日
■【合格速報】京都大学農学部 3月19日
■オンライン春期講習、新小2~新中3対象。教材1冊無料プレゼント中! 3月18日
■作文講座と国語読解講座の詳しい説明 3月14日
■通学形式よりもモチベーションが持てる、言葉の森の新しいオンライン教育 3月12日
……前の5件
RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
講師のブログ
代表プロフィール
森川林日記
中根facebook

Zoomサインイン
ソースネクスト






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習