記事 472番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/28
「汝自身を知れ」と作文(その1)
森川林 2009/04/29 11:50 
 「汝自身を知れ」というソクラテスの言葉は有名ですが、この意味を深く理解している人は少ないと思います。私は、この言葉を、すべては自分の中に答えがあるということとして考えています。
 例えば、「読書百遍意自ずから通ず」という言葉があります。つまり、何度も繰り返して読んでいけば自ずからわかるということです。この自ずからわかるような能力が、人間の中にはもともと備わっているのだと思います。
 沖縄の方の水泳の教え方で、子供を船から海に落としておぼれそうになったら引き上げるというやり方があるそうです。ちょっとかわいそうですが(笑)。何度もおぼれそうになっては引き上げられているうちに、自然に泳ぎ方を覚えてしまうというのです。これも、人間にはもともと泳ぐ能力があり、それを思い出せば自然に泳げるようになるということです。
 尿療法という健康法があります。自分の尿に含まれている自分自身の情報を知ることによって、病気などが自然に治癒の方向に向かうというのです。これも人間の体の中にある自然治癒力が、自分自身を知ることによって最適の状態で活性化するということなのではないかと思います。
 Oリングテストという方法も、人間の筋肉の中に自ずから自分にとってよいものを感知する力があるということを示していると思います。
 もっと身近な例でいうと、私たちはオレンジを見れば自然に唾液が出ます。これは、努力をして身につけた能力ではなく、もともとあらかじめ自分の体の中に、オレンジという状況に対応する能力として備わっているものです。
 実際に遺伝子工学のレベルでも、同様のことが証明されています。病気などになったときに、どのようにして身体がその病気に対応するかというと、その病気を治すことに対応したDNAの情報が読み取られて必要な酵素などが合成されるのだそうです。つまり、新しく何かを作るのではなく、すでに自分の中にある情報をただ読み出すだけというやり方で、生物は外界の変化に対応しているのです。これは、身体の外から薬を与えたり手術をしたりするような方法とは180度違う発想で、もともと人間に備わっている自然治癒力を活性化するという考え方です。
 話は少し脱線しますが、声にはその人のそのときの感情が載っているそうです。これを利用して、声で感情を読み取るソフトが開発されました。ということは逆にいうと自分の声をずっと聴いていると、そのときの自分の感情が把握されて、その感情を最もよい状態に修正するような力が人間の中にあるのではないかとも思えてきます。念仏を唱えるなどということの中には(私はやりませんが)、実はこういう効果もあるのではないかと思います。しかしこれは単なる仮説です。
 さて、「汝自身を知れ」は、作文の勉強についてもあてはまります。
(つづく)
(この文章は、構成図をもとに音声入力した原稿をamivoiceでテキスト化したものです)
マインドマップ風構成図
 記事のもととなった構成図です。

(急いで書いたのでうまくありません)
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

コメントフォーム
「汝自身を知れ」と作文(その1) 森川林 20090429 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
のはひふ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「のはひふ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
3月の春合宿は nane
新しい企画としてオンライン合宿を行います 14:38
3月の春合宿は 森川林
コロナウイルス対策として、3月の春合宿は 14:36
「小学校最後の nane
新しい本は、3月6日発売となっていますが 2/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■受験生は過去問に取り組もう 4月29日
■作文に関するいろいろな図書 4月29日
■作る学力と暗唱(その3) 4月29日
■作る学力と暗唱(その2) 4月28日
■作る学力と暗唱(その1) 4月27日
■作る教育と連休 4月25日
■読む学力、書く学力。解く学力、作る学力(その2) 4月24日
■読む学力、書く学力。解く学力、作る学力(その1) 4月23日
■暗唱が難しいという場合 4月22日
■作文を書くのに時間がかかる子 4月21日
■新しい学校生活スタートに向けて(その2) 4月20日
■高1、高2、高3、社会人の4−6月読解問題の長文 4月20日
■作検模試の返却、4月末から順次 4月20日
■どんな本を読んだらいいか(その3) 4月19日
■どんな本を読んだらいいか(その2) 4月18日
■どんな本を読んだらいいか(その1) 4月17日
■未来の社会と教育(補足)——思っただけで伝わるコミュニケーション 4月16日
■未来の社会と教育(その8) 4月15日
■未来の社会と教育(その7) 4月14日
■未来の社会と教育(その6) 4月13日
■未来の社会と教育(その5) 4月12日
■未来の社会と教育(その4) 4月11日
■未来の社会と教育(その3) 4月10日
■新しい学校生活のスタートに向けて 4月9日
■保護者の皆様へ:講師の自宅に電話をされないようにお願いします 4月8日
■未来の社会と教育(その2) 4月8日
■未来の社会と教育(その1) 4月7日
■教育は家庭の文化の中から——学習塾に流されない家庭生活 4月6日
■教育は家庭の文化の中から——対話を阻害するテレビ 4月4日
■教育は家庭の文化の中から——家庭での対話が学力の基礎 4月3日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。