国語が苦手な子へのアドバイス 今後の経済情勢と教育文化(その2) 今後の経済情勢と教育文化(その1) インド式勉強法の生かし方(その2) インド式勉強法の生かし方(その1)

記事 491番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/11/21 
頭をよくするガンマ型の文章(その1)
森川林 2009/05/16 10:24 


 一昨日、外山滋比古氏の本を5冊読みました。いずれもおすすめの本です。

「頭のよい子は『ことば』で育つ」 PHP文庫 571円

「思考の整理学」 ちくま文庫 520円

「ちょっとした勉強のコツ」 PHP文庫 533円

「日本の文章」 講談社学術文庫 880円

「『読み』の整理学」 ちくま文庫 560円

 5冊全部足しても3000円ちょっとです。しかし、内容はその何倍も価値があります。



 これらの本の中で、外山氏は文章を三つの分類に分けて考えています。アルファ型の文章、ベータ型の文章、ガンマ型の文章の三つです。

 アルファ型の文章は、物事と直接結びついている言葉で、例えば家庭の中で、「そこにあるそれをとって」というような言い方の文章です。親子の会話はこういう形になりやすいのですが、こういう文章をいくらたくさん頭の中に入れても、考える力は育ちません。

 家族でニュースなどを見て、時事的な話を、親が自分の体験や感想を盛り込みながら話していくと、それが子供にとってアルファ型を超えたベータ型の文章になります。このような親子の対話が、実は中高一貫高の入試の作文試験などに対するいちばん大きな対策になります。

 一般に、子供との接触の多い母親はアルファ型の会話になりやすく、接触の比較的少ない父親はベータ型の会話になりやすい傾向があります。しかし、父親がベータ型の会話をする機会がない場合は、母親が子供との普段の会話の中で、意識的にベータ型が入るような話をしていくといいと思います。

 ベータ型の言い方の一つが、仮定や想像の話です。「もしそれがこうだったらどうなるだろう」「たぶんそれはこうだったからそうなのではないか」というような話をしていくと、会話の言葉が自然にアルファ型を超えたものになっていきます。

 また、低中学年の場合は、たとえを使って物事を表す練習もアルファ型を超える練習になります。例えば、お母さんが小学校低学年の子と散歩しているとき、目についたものを「まるで何とかみたいだね」というような言い方で表現していきます。お母さんがユニークなたとえを使っているのを聞いているうちに、子供のアルファ型を超えた思考力が育っていきます。

(つづく)

(この文章は、構成図をもとにICレコーダーに録音した原稿を音声入力ソフトでテキスト化し編集したものです)

マインドマップ風構成図

 記事のもととなった構成図のフォーマットです。





●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 読書(95) 公立中高一貫校(63) 

コメント欄

コメントフォーム
頭をよくするガンマ型の文章(その1) 森川林 20090516 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
せそたち (スパム投稿を防ぐために五十音表の「せそたち」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~3件
小1からの暗唱 nane
 久しぶりの投稿になりました。  引越 11/16
小1からの暗唱 森川林
 今の子供たちは、低学年からかなり忙しい 11/16
勉強を楽しむ子 nane
 これからの時代に必要なのは、個性的な学 11/11
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■国語が苦手な子へのアドバイス 5月15日
■今後の経済情勢と教育文化(その2) 5月14日
■今後の経済情勢と教育文化(その1) 5月13日
■インド式勉強法の生かし方(その2) 5月12日
■インド式勉強法の生かし方(その1) 5月11日
■円と直径と球(四行詩) 5月10日
■作文教育の意義と方法(その2) 5月9日
■作文教育の意義と方法(その1) 5月8日
■簡単にできる暗唱カウンター 5月7日
■曇りを取る教育はどのようにして可能か(その3) 5月6日
■曇りを取る教育はどのようにして可能か(その2) 5月5日
■曇りを取る教育はどのようにして可能か(その1) 5月4日
■曇りを取る教育(その3) 5月3日
■曇りを取る教育(その2) 5月3日
■暗唱用簡易カウンター 5月3日
■曇りを取る教育(その1) 5月2日
■ハワイのあお先生から教室新聞 5月1日
■「汝自身を知れ」と作文(その2) 5月1日
■「汝自身を知れ」と作文(その1) 4月29日
■受験生は過去問に取り組もう 4月29日
■作文に関するいろいろな図書 4月29日
■作る学力と暗唱(その3) 4月29日
■作る学力と暗唱(その2) 4月28日
■作る学力と暗唱(その1) 4月27日
■作る教育と連休 4月25日
■読む学力、書く学力。解く学力、作る学力(その2) 4月24日
■読む学力、書く学力。解く学力、作る学力(その1) 4月23日
■暗唱が難しいという場合 4月22日
■作文を書くのに時間がかかる子 4月21日
■新しい学校生活スタートに向けて(その2) 4月20日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造力(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
発表交流会(20)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare