ゲストさん ログイン ログアウト 登録
 Onlineスクール言葉の森/公式ホームページ
 
記事 4602番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/2/22
暗唱力が伸びる総合学力クラスの勉強――英語の暗唱もできるようになり、数学も得意になる as/4602.html
森川林 2022/12/21 06:31 


●動画:https://youtu.be/9Zp0ujArVck

 総合学力クラスでは、毎月第3週に暗唱の時間を取っています。
 総合学力クラスは、学年が小1~小3の生徒が多いので、年齢的に暗唱がいちばん得意になる時期です。

 暗唱が得意になる時期は、幼長から小2までです。
 この時期は、模倣の時期なので、あらゆるものをすべてそのまま自分のものにすることができます。
 だから、この時期のお父さん、お母さんの接し方はとても大事です。
 子供は、お父さんやお母さんの生き方を模倣して成長していくからです。
 お父さん、お母さんが毎日楽しそうに本を読んでいる姿を見せると、子供は自然に本好きになります。

 この模倣の時期は小3まで続きますが、小4になると、今度は模倣から離れて自立の時期に入ります。
 小3までは、親の言うことをよく聞いて言われたとおりに勉強していた子が、小4になると、親の指示に従わないときが出てきます。

 実は、これが子供の正しい成長の姿です。
 子供が反発するようになったら、それは子供がたくましく成長しているという証拠です。

 逆に、子供がいくつになっても素直に親の言うことに従っていたら、その子は、大きくなっても頼りになりません。
 親が将来話し相手になれるような一人前の子は、親に反発できる子なのです。

 と、話が脱線しましたが、この小2か小3までの模倣の時期に最もやっておきたい勉強が暗唱です。
 暗唱ができるようになると、読解力、表現力、思考力、語彙力、記憶力が育ちます。
 こういう多くの効果がある勉強法は、ほかにはありません。

 しかし、暗唱の勉強というのは、親自身が子供時代に暗唱をした経験がないので、子供にさせにくい面があります。
 掛け算の九九などは、親がしたことがあるので、子供にさせることも無理なくできますが、暗唱は、プログラミングと同じように親がさせにくい勉強なのです。

 ところが、総合学力クラスで、みんなが暗唱の発表をする機会があると、ほとんどの子が自分から進んで暗唱の練習をするようになります。
 子供は、友達と一緒に暗唱したところを発表し合うのが楽しいのです。

 総合学力クラスでは、毎月1週から4週まで、国語、算数、暗唱、発表という順序で週ごとに勉強をしていきますが、国語と算数は、勉強習慣をつけるというような意味なので、他の塾での勉強と内容的に大差はありません。
 しかし、暗唱と発表は、ほかではまずやる機会のない勉強です。
 国語と算数の週は、自由になにをしてもいいので、この週のときも暗唱を選ぶ子もよくいます。
 このあたりは、自由選択になっています。

 小2の終わりまでに暗唱の力をつけ、暗唱のコツを身につけておくと、それは高学年になっても、中学生になっても、高校生になっても、更には社会人になっても役に立ちます。

 今、オンラインの英語クラスでは、英文の暗唱を勉強の中に取り入れていますが、日本語の暗唱のコツをつかんでいる子は、この英文の暗唱もすぐにできるようになります。
 この英文の暗唱が、英語の学力の土台として最も役に立ちます。

 野口悠紀雄さんの「図解超英語法」の本に、英語と暗唱の話がわかりやすく載っています。

https://www.mori7.com/izumi/gazou/2022/7201500140.jpg

「教科書を全部覚えていれば、試験はほぼ完全にできる。単語の意味がそれが含まれる文章を思い出せば、前後関係からわかる。穴埋め問題もすぐにわかる。英作文は、覚えている文章を基本にして単語を適宜入れ替えるだけだから、簡単だ。あまりに簡単なので、まるでルール違反をしているような後ろめたささえ覚えた。」

 野口さんは、大学生になると、ケネディ大統領の就任演説を全文暗唱したそうです。
 卒業して役所に入り、アメリカに留学する機会がありましたが、英語で苦労した思い出はなかったということです。

 先日聞いた話ですが、言葉の森の高校生で、「英語好きな子に育つたのしいお話365」の「桃太郎」「かぐや姫」「赤ずきん」「ガリバー」「ヘンゼルとグレーテル」「ジャックと豆の木」の文章を暗唱した生徒が、英語が超得意になったいうことでした。
https://www.amazon.co.jp/dp/4416716311/

 「暗唱って何の役に立つのですか」と聞かれる方がよくいますが、やってみなければわからないというのが正直なところです。
 だから、小学2年生までのうちに、何しろ日本語の暗唱に慣れておくといいのです。

 英語の暗唱は、今後AI翻訳の実用化によって、暗唱学習の意義は薄れるかもしれませんが、日本語は日本人にとっては、伝達の手段であるとともに思考の手段です。
 日本語の暗唱力をつけておくことは、子供たちの将来の学力の土台になります。

 私がこれまで子供たちの暗唱を見ていて思うのは、暗唱力と頭のよさは関係が深いということです。
 中学生や高校生でも、成績のいい子は、暗唱がすぐにできます。
 逆に、暗唱のできる子は、成績もよくなります。

 林学博士の本多静六氏は、大学生時代、赤点を取った数学を暗唱の勉強で一気に学年一番の成績にまで引き上げ、卒業時には恩賜の銀時計を賜るまでになりました。
 何を暗唱したかというと、数学の問題集の例題をすべて暗唱できるようにしたということです。

 この勉強法は、「数学は暗記科目である」を書いた渡部由輝さんや、「数学は暗記だ!」を書いた和田秀樹さんと、本質的には同じ勉強法です。

 暗唱をするから頭がよくなるのか、頭がいいから暗唱が得意になるのかと言えば、どちらもあると思います。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20221221  
 言葉の森が、なぜ暗唱の勉強を始めるようになったかというと、音読の勉強は徹底させにくかったからです。
 言葉の森の長文を毎日音読できる子は、かなり限られています。
 数少ない長文を何度も繰り返し音読すれば、作文力も読解力もつきます。しかし、それがなかなか続かないのです。
 小学校低学年のうちは何とかできても、高学年や中学生になっても音読を続けられる子はほとんどいません。
 今は学校でも音読の勉強をするようになったので、更に音読は続けにくい勉強になりました。
 「速音読」などという本も出ていますが、これも続けられる子はまずいません。
 音読は繰り返すことに意味があるので、1回や2回読んでも効果はありません。

 音読の勉強が続かない最も大きな原因は、結果が見えないことです。
 しかし、暗唱の勉強は結果が見えます。そして、最初は無理だと思っていたことができるようになると、達成感があります。
 そこで、言葉の森では、暗唱検定を作り、暗唱文集を作り、子供たちの暗唱が続けやすくなるようにしたのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 英語教育(10) 算数・数学(22) 総合学力クラス(0) 

記事 4601番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2024/2/22
探究型学習と学力――中学受験を含めて子供たちの将来をどう考えるか as/4601.html
森川林 2022/12/19 09:37 


●動画:https://youtu.be/yPr2DN5UFYM

 昨日18日は、言葉の森の東京近辺の講師の忘年会で、私(中根)は、久しぶりに品川に行ってきました。
 品川駅の港南口に降りたのは初めてだったので、品川が大きく変わっていたのに驚きました。
 私は、未来の話をよく考えるわりに、足元のことは遅れていることが多いです。

 その品川に行く途中の電車の中で、読みかけだった「2040教育のミライ」を読んでいました。
 著者の礒津政明(いそづまさあき)さんは、2015年にソニーグループ唯一の教育事業会社である「ソニー・グローバル・エデュケーション」を立ち上げ、現在は会長を務めている人です。

 この本の内容は、以前にも少し紹介したことがありますが、子供の未来の教育を考える保護者には必読だと思います。
 日本の身近な現実を見ていると、世界の教育が大きく変わっていることがわかりません。
 そして、やがて遅ればせながらも日本の教育も、世界に合わせて変わらざるを得ません。
 その方向を知ることは、今後の子育ての前提条件として必要になります。

 礒津さんの本を読んで思ったことは、言葉の森がこれまで言ってきたことや、やってきたこととほぼ全く同じだということです。
 例えば、近年話題になり始めた探究型学習は、言葉の森が10年以上前に始めた創造発表クラスと同じです。
 この探究型学習の授業行っているアメリカの公立学校のひとつであるハイテクハイでは、入学試験がないため生徒の40%が低所得の家庭であるにもかかわらず、卒業生の大学進学率は87%だそうです(同じカリフォルニア州の20代の大学進学率は30%)。

 つまり、探究型学習によって、生徒の学ぶ意欲が大きく向上しているということです。
 教育で大事なのは、いい教材でも、いい先生も、いい校舎でもなく、ただ生徒の意欲です。
 言葉の森のオンライン4人クラスの基本方針も、先生が教える授業ではなく、生徒が自ら学ぶ授業です。
 言葉の森で、以前教えていた創造発表クラスの当時小学5年生の生徒が、その後、全員、国立、私立、公立の受験にそれぞれ合格したことがありました。

 そのときの創造発表クラスで毎週みんなが発表する内容は、どの子もその子らしい個性のある力作でした。
 受験の合否とは別に、こういう独自の発表ができる子は、社会人になっても、自分らしい工夫と挑戦をするだろうといつも思っていました。
 本当の頭のよさや実力や意欲は、こういうところで表れるのです。

 ところが、今、学習塾で受験の実績を上げているところの多くは、この探究型学習とは逆の詰め込み型学習を行っています。
 頻繁にテストを行い、たくさんの宿題を出し、競争をあおり、勉強に時間をかけるようにすれば、誰でも成績は上がります。
 そういう競争的な勉強で、子供はそれなりに充実した時間を過ごしているように見えます。
 しかし、そういう子供たちが、長期間続く学習意欲を持っているかというと、そういうことは逆に少ないのです。

 子供が、自律的な学習意欲を持つのは、人によって多少の違いはありますが、15歳になってからです。
 孔子は、「吾十有五にして学に志す(われじゅうゆうごにしてがくにこころざす)」と言いました。
 15歳は、昔からそういう年齢なのです。

 そのころになると、子供は、自分の生き方や将来の夢などを自分なりに考えるようになります。
 その年齢からは、いくら詰め込み勉強をしても、子供が自ら選んだ勉強ですから、プラスになることはあってもマイナスになることはありません。
 しかし、15歳未満のまだ自分が確立していない時期は、外からの詰め込みはできるだけしない方がいいのです。

 ところが、小学5、6年生になると、生活に余裕が出てきます。
 子供はそれなりに意欲的に生きています。また、向上心も出てきます。
 そのときに、受験のような目標がないと、子供の生活に張りがなくなります。

 そのときの一つの選択肢は、公立中高一貫校の受験をすることです。
 しかし、今はまだ公立中高一貫校の数が少ないので、倍率はどこもかなり高くなっています。
 本当は、もっと公立中高一貫校の数を増やす必要がありますが、たぶん現在の私立学校の存続と結びついた利権のために、公立中高一貫校の数が増やせないのだと思います。

 将来は、公立中高一貫校の受験の機会は増えると思いますが、今はまだ不合格の可能性の方が高い受験になります。
 それでも、受験という目標があることは、無理な詰め込みをしなければ、高学年の子供にとってはいい選択になると思います。

 小学校高学年のもうひとつの選択肢は、高学年から発達する考える力を生かして、創造発表とプログラミングと作文の学習をし、好きな読書をすることです。
 これらの学習と読書は、いずれも直接の学校の成績には関係ありませんが、子供がいくらでも自分なりの個性を生かして熱中できる勉強になります。
 また、将来のことを考えると、これらの勉強と読書は、国数英理社の主要五教科の勉強よりも、あとでずっと役に立ちます。

 子供が公立中学に進んだ場合、学校によっては荒れている学校があったり、内申点で縛られる不自由な学校生活があったりします。
 しかし、勉強は自分のペースでしていけばいいので、自分がしっかりしていれば学校の環境は関係がないし、むしろ自分の生き方のバネになります。
 大事なことは、中学3年生の夏休み前までに、中3の数学の勉強を終わらせておくことです。
 それは、今の入試は、数学力で差がつくので、中3の夏休み以降は受験に特化した数学の勉強をする方がいいからです。

 中学生になると、不登校の子も増えてきますが、今はインターネットの学習環境が充実しているので、学校には行かなくても勉強面での心配はありません。
 ただし、生活のペースが崩れないように、朝起きる時間だけは決めて、朝8時からのオンラインクラスで、その日の生活を始めるというようにするといいと思います。
 あとは自宅で勉強すればいいので、学校で勉強するよりも数倍能率のよい勉強ができるはずです。

 学校の利点は、友達との交流があることですが、それも今ではインターネットでカバーできます。
 オンラインクラスであれば、勉強や読書を通して友達との交流ができます。
 そして、必要に応じて、仲のいい友達と自分なりのペースでリアルの交流をする機会を持てばいいのです。

 子供が高校に進んだ場合、自分のペースというのは更に重要になります。
 この場合も、日本の大学入試を考えると、高2の終わりまでに、高3の数学を終わらせておくことが重要になります。
 また、今は、一般入試よりも推薦入試が増えているので、小論文の力と、自分がアピールできる個性的な持ち味を作っておくことが大事になります。

 将来は、オンラインを利用した海外留学が増えます。
 今後は、AI翻訳で「読む書く話す聞く」の四技能ができるようになるので、英語や中国語などの語学力の必要性は低下し、海外留学のハードルは低くなります。

 海外留学の利点は、異なる文化の同年代の人と交流できることです。
 今はまだオンライン海外留学は一般的ではありませんが、近い将来は、日本国内のガラパゴス的な入試よりも、海外留学を希望する人の方が増えると思います。
 また、日本の大学も、海外からのオンライン留学の体制を作るところが出てくるはずです。
 スクーリングで実際に交流することを考えると、日本の国内が基盤になっている方が安心できます。

 今後の海外留学では、基礎学力よりも、個性的な学力と意欲が重視されるようになります。
 それは、日本の大学入試でも同様で、東大の推薦入試、京大の特色入試をはじめとするそれぞれの大学のAO入試では、個性的な学力の可能性があることが最も重要な学力の指標となります。
 基礎学力として必要なのは、読解力と作文力と数学力に絞られてきます。
 しかし、今はまだ英語力が重視されるので、しばらくは英語にも力を入れておく必要があります。

 大学卒業後は、又は、大学在学中は、自分が将来自立できる仕事を探していくことが目標になります。
 大学生は、失敗の許される時期ですから、この時期にさまざまなことに挑戦し、リーダーシップを発揮する練習をしていくといいのです。
 例えば、どこかのサークルに入るだけでなく、自分で新しいサークルを立ち上げるというようなことです。
 会長や委員長になる経験は、副会長や副委員長になる経験とは質が違います。

 こういう将来の展望を考えると、小学校高学年からは、個性的な学力と基礎学力を伸ばすことが重要になります。
 その代表的な学習が、創造発表、プログラミング、作文、読書、そして、教科としては算数数学で、それに加えてコミュニケーション力になると思います。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

森川林 20221219  
 子供が大学に行かずに、高卒や中卒で暮らしていく場合も、個性と意欲があれば、何も心配は要りません。
 例えば、昔、シイタケのとれる山が売られていることをネットで見たことがありますが、そういう山を少し買って、シイタケの栽培をするかたわら、マツタケの栽培に挑戦したり、新しいキノコの開発に挑戦したりということは、創造性のある子であればいくらでもできます。
 子供によって、好き嫌いの分野が違いますから、その子のすきな分野で自立できることと、創造性を発揮できることを探していけばいいのです。
 そのときに大事なことは、子供時代に好きなことを見つけておくことです。
 子供の生活している世界は狭いですから、いろいろな世界を経験させてあげることが、親のできることになります。
 これからの仕事は、今はまだ名前もない仕事が中心になります。
 逆に言えば、今名前がある仕事は、将来衰退する仕事なのです。

森川林 20221219  
 世界の先進国の教育に比べて、日本の教育は大幅に遅れています。
 しかし、大事なことは世界の水準に追いつくことではなく、日本独自のもっと先に進んだ教育を行っていくことです。
 それが、オンライン4人クラスの教育です。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
創造発表クラス(0) 受験勉強の仕方(0) 
コメント1~10件
教育論に欠けて 森川林
 ボタンの掛け違いは、最後になるまでわかりません。  最初 2/18
教育論に欠けて 森川林
 しっかり勉強して、いい学校に入り、成績を上げて、目指す大学 2/18
創造発表クラス 森川林
創造発表の勉強は、知識的にやるのではなく、実験的にやることが 2/5
齋藤孝さんへの 森川林
私は、ブンブンどりむのようなレベルの低いものは誰もやらないだ 2/4
作文力の土台は 森川林
齋藤孝さんは、「齋藤孝先生が選ぶ 高校生からの読書大全」など 2/4
言葉の森は、オ 森川林
今、小123年生対象の基礎学力クラスと、小456年生対象の総 2/4
言葉の森の作文 森川林
私は、人を批判するのは好きではありません。 大事なことは、 2/3
自習室の利用を 森川林
ごめん、ごめん。 うっかりブレークアウトルームの設定を忘れ 1/29
自習室の利用を aeka
ブレークアウトルームが表示されないです^^;確認お願いします 1/28
自習室の利用を 森川林
 自習室は、ほぼ24時間開いています。  ブレークアウトル 1/24
……次のコメント

掲示板の記事1~10件
2月保護者懇談 森川林
●勉強力の基準は、読書力、暗唱力、創造発表力  学校の 2/22
インターナショ 森川林
 インターナショナルスクールに行った方がいいか、日本人の学校 2/22
齋藤孝さんは将 森川林
齋藤孝さんは将棋の駒  自分で何かを考えているわけではない 2/21
Re: 標準算 森川林
 追加の説明を入れておいた。 https://www.mo 2/12
標準算数小5の 森川林
 先生の以前の説明は勘違い。  小学生は、まだ方程式を習わ 2/12
ChatGPT 森川林
ChatGPTでプログラミングも簡単にできるようになるし、本 2/12
水瓶座は、古い 森川林
 水瓶座は、古いものを捨てて新しいスタートを切る時代に。 2/10
タッカー・カー 森川林
 タッカー・カールソンのプーチンに対する2時間のロングインタ 2/10
Re: 標準算 森川林
 前の記事に書いておいたけど、これは、答えのミスじゃないかな 2/9
Re: 標準算 森川林
 お返事遅れて失礼。  これは、答えのミスじゃないかなあ。 2/9

RSS
RSSフィード

QRコード


小・中・高生の作文
小・中・高生の作文

主な記事リンク
主な記事リンク

通学できる作文教室
森林プロジェクトの
作文教室


リンク集
できた君の算数クラブ
代表プロフィール
Zoomサインイン






小学生、中学生、高校生の作文
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

主な記事リンク
 言葉の森がこれまでに掲載した主な記事のリンクです。
●小1から始める作文と読書
●本当の国語力は作文でつく
●志望校別の受験作文対策

●作文講師の資格を取るには
●国語の勉強法
●父母の声(1)

●学年別作文読書感想文の書き方
●受験作文コース(言葉の森新聞の記事より)
●国語の勉強法(言葉の森新聞の記事より)

●中学受験作文の解説集
●高校受験作文の解説集
●大学受験作文の解説集

●小1からの作文で親子の対話
●絵で見る言葉の森の勉強
●小学1年生の作文

●読書感想文の書き方
●作文教室 比較のための10の基準
●国語力読解力をつける作文の勉強法

●小1から始める楽しい作文――成績をよくするよりも頭をよくすることが勉強の基本
●中学受験国語対策
●父母の声(2)

●最も大事な子供時代の教育――どこに費用と時間をかけるか
●入試の作文・小論文対策
●父母の声(3)

●公立中高一貫校の作文合格対策
●電話通信だから密度濃い作文指導
●作文通信講座の比較―通学教室より続けやすい言葉の森の作文通信

●子や孫に教えられる作文講師資格
●作文教室、比較のための7つの基準
●国語力は低学年の勉強法で決まる

●言葉の森の作文で全教科の学力も
●帰国子女の日本語学習は作文から
●いろいろな質問に答えて

●大切なのは国語力 小学1年生からスタートできる作文と国語の通信教育
●作文教室言葉の森の批評記事を読んで
●父母の声

●言葉の森のオンライン教育関連記事
●作文の通信教育の教材比較 その1
●作文の勉強は毎週やることで力がつく

●国語力をつけるなら読解と作文の学習で
●中高一貫校の作文試験に対応
●作文の通信教育の教材比較 その2

●200字作文の受験作文対策
●受験作文コースの保護者アンケート
●森リンで10人中9人が作文力アップ

●コロナ休校対応 午前中クラス
●国語読解クラスの無料体験学習