日本の未来の見取り図(4)―フリーエージェント社会という新しい内需 日本の未来の見取り図(3)―フリーエージェント社会 勉強よりも読書と対話 未来の学校の夢(その1)―寺子屋の復活 脳の働きから見た暗唱の仕組み

記事 1054番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2018/6/19 
日本の未来の見取り図(5)―フリーエージェント社会だった江戸時代
森川林 2010/10/25 13:24 


 フリーエージェントとして生きる自営業者が、同じ分野で企業人として生きる他の8割から9割の就業者と共存し、しかも企業に勤める人よりも平均して高い収入を保っているというのが今のアメリカ社会のひとつの断面です。

 なお、「フリーエージェント社会の到来」(ダニエル・ピンク)によると、建設業なども含むすべての自営業者で見た場合、全米で3300万人約4人に1人がフリーエージェントとして働いているそうです。

 今はまだ社会全体が大量消費社会の名残を残しているので、高収入の自営業は法律、税務、会計、医療など一部の専門分野に限られています。

 しかし、人々の志向が豊かな消費生活から、豊かな自己向上へと向かうにつれて、自己の向上に伴うさまざまな商品やサービスを提供する専門分野が今後要求されるようになります。


 このフリーエージェント社会の萌芽は、日本の江戸時代の多様な文化の中に見ることができます。

 江戸時代には、花の好きな人は、いろいろな掛け合わせのアサガオやツツジを育て、その専門的な知識や技術をひとつの職業として成立させていました。

 鳥の好きな人は、さまざまな声で鳴くウズラを育て、その育て方の知識や技能をやはりひとつの職業として成立させました。

 そのほかに、ヒバリをかごの中で一定の高さを保ったまま飛ばせさえずらせる知識や技術、サルを訓練して猿回しをさせる知識や技術、ウソという鳥におみくじを持ってこさせ開かせるような知識や技術、特殊な色合いを持つ布を織る技術、落語など話の内容と話し方で人を楽しませる技術、歌舞伎、短歌、俳句、小説などの技術、また、剣術をはじめとするさまざまな武術の技能などと、各人の好みと適性に合った専門的な知識や技術が多様に花開いたのが江戸時代だったのです。

 ちょうど今のカルチャーセンターのようなものが社会全体に広がり、しかもそれぞれの頂点には人並みはずれて優れた専門的知識や技術を持つ人々がいるという、文字どおり文化の花開く社会が生まれていたのです。

 しかし、江戸時代は、大量の武士階級という非生産的な人口を抱えていたためと、社会の安定を維持するために経済の発展に歯止めをかけていたという事情から、それらの文化が十分に広がったとは言えませんでした。

 ところが、それが今日の日本でこれから花開く情勢ができてきたのです。


 未来の社会を先導するのは、軍事、金融、ITなどの産業を中核としたアメリカではありません。

 また、古い工業時代を今から再開しようとする中国、ブラジル、インドでもありません。

 成熟した工業時代の終焉のあと、創造的な文化を大衆的に作り出すことのできる日本なのです。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
政治経済(63) 教育論文化論(255) 

コメント欄

コメントフォーム
日本の未来の見取り図(5)―フリーエージェント社会だった江戸時代 森川林 20101025 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
ちつてと (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ちつてと」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 17,226件
新着コメント1~10件
誰でも暗唱がで 森川林
 国語力をつける方法としては、読書と音読 6/18
誰でも暗唱がで nane
 なお、暗唱検定試験は1回500円、オン 6/18
誤字対策は漢字 匿名
「大幅な原点になってしまうことがあります 6/16
6月のオンライ nane
今回のオンライン懇談会は、テーマを「子供 6/15
6月のオンライ 森川林
 6月4週は、いろいろな企画が目白押しで 6/15
人に教わるので nane
 世の中はテストによって進歩してきたので 6/15
人に教わるので 森川林
 勉強が苦しいと思うのは、人からさせられ 6/15
親子の対話が子 nane
 小学校高学年の難しい課題の感想文のとき 6/14
親子の対話が子 森川林
 子供に何かを聞かれたとき、子供が興味を 6/14
作文は準備七分 nane
 作文の準備で、何が面白いかというと、取 6/13
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■日本の未来の見取り図(4)―フリーエージェント社会という新しい内需 10月24日
■日本の未来の見取り図(3)―フリーエージェント社会 10月23日
■勉強よりも読書と対話 10月22日
■未来の学校の夢(その1)―寺子屋の復活 10月21日
■脳の働きから見た暗唱の仕組み 10月20日
■9月の森リン大賞(小1-小5) 10月19日
■教育と政治・経済・社会 10月18日
■褒めるのは子供のためではなく親のため 10月17日
■日本の未来の見取り図(2)―修行という内需 10月16日
■小学校3年生で書くこと負担に感じている子への対応 10月15日
■頭のよさと作文 10月14日
■日本の未来の見取り図―新しい魅力ある内需とは何か 10月13日
■国語の勉強と算数の勉強の違い 10月12日
■でき太くんの算数クラブに見る、自分で学ぶことの大切さ 10月11日
■長く書くことと簡潔に書くこと 10月10日
■ゲームに免疫を作る 10月9日
■構成図がなかなか書けないとき 10月8日
■古い勉強法、新しい勉強法(その4)―競争から心へ 10月7日
■古い勉強法、新しい勉強法(その3)―競争を超えて 10月6日
■古い勉強法、新しい勉強法(その2)―競争ではなく関心を 10月5日
■古い勉強法、新しい勉強法 10月4日
■パラレル思考を育てる方法(その2)―パラレル作文 10月3日
■パラレル思考を育てる方法(その1)―パラレル読書 10月2日
■教育における優しい愛し方 10月1日
■日本と中国は争わない道を選べ 9月30日
■本当の豊かさのための教育 9月29日
■農業革命、産業革命、教育革命 9月28日
■教育における父親の役割は、厳しく明るく叱ること 9月27日
■日本語脳を勉強に生かす 9月26日
■中国から離れ、日本の文化創造に目を向けよう 9月25日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
音声入力(10)
音読(22)
オンライン作文(2)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンライン(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンライン(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。

Donate with IndieSquare