記事 1097番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/2/21
どうしたら本を読むようになるか
森川林 2010/12/11 21:30 



 子供に読書をさせる方法は簡単です。本を読めば力がついて、さらに読めるようになる、という循環を利用するだけです。だから、最初のきっかけは、まず読むことです。

 その際に、その子にとって難しすぎない本で、興味がもてる本を選ぶという配慮は大事ですが、ちょっと難しいかなと思う程度のレベルの本でももちろん構いません。

 もし、ある本を読み始めてから、つまらなかったり難しかったりして読者が進まなくなった場合は、その本と並行して別の本を読んでいくようにします。そのときに、読み終えたところまで付箋を貼っておくと、数冊の本でも並行して読んでいくことができます。

 言葉の森の通学教室の子供たちに、今読んでいる本を、毎週の授業のときに持ってくるようにと言っています。

 最初は、「読んでいない」「本がない」などと言ってきた子もいましたが、次第に、みんな読みかけの本を持ってくるようになりました。

 毎日10ページ以上は読んで、読んだところまで付箋を貼っておくようにと言っているので、読み進み具合もわかります。

 これまで、本を読む習慣のあまりなかった子もいます。そういう子は、本当に毎日10ページをやっと読んでくる感じです。しかし、このように、わずかのページでも、やさしい本でも、毎日読んでいれば、必ず読む力がつき読書の面白さに目覚めていきます。

 よく、保護者の方から、「子供に本を読むようにさせたいが」という相談を受けることがあります。方法は簡単です。ただ読ませるだけです。読む力がつくから読むようになるのではなく、読むから読む力がつき、読むことが面白くなってくるのです。

 たまに、「本を読んでいる暇があったら勉強をさせる」という方針の家庭もあるようです。受験の直前の1年間は、確かに読書量は減らさざるを得ませんが、それ以外のすべての学年で、読書は勉強よりも優先して取り組むものです。

 頭のよい悪いは生まれつきではありません。言語を駆使する力に応じて頭がよくなります。読書によって頭がよくなると、なぜか作文も上手になります。

 しかし、頭がよくなることと成績がよくなることとは多少違います。成績は、勉強をすることによってよくなるからです。ところが、勉強を始めるとぐんぐん成績がよくなる子は、その土台に、読書によって育てた頭のよさがあるのです。

 普段は、読書と作文によって本当の学力の土台をつけておき、受験に取り組むときには、その学力の土台の上に受験に合わせた勉強によって急速に成績を上げる、というのがメリハリのある勉強の仕方です。

 そんなうまい話があるのかと思う人もいるでしょうが、実はそういう例はかなり多いのです。
 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

コメント欄

コメントフォーム
どうしたら本を読むようになるか 森川林 20101211 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
ふへほま (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ふへほま」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
親子の対話は、 nane
 子供の思考力を伸ばすのは、読書と対話で 2/19
親子の対話は、 森川林
 お父さんやお母さんは忙しいので、子供の 2/19
高校入試小論文 野獣先輩
わかりやすスギイ 2/17
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■暗唱の自習から1年 12月10日
■表現力の基礎となる読解力を高めるための自習 12月9日
■作文試験の採点に、構成作文と森リンを生かす 12月8日
■意見文の書き方 12月7日
■読解力の本質とは何か(その4) 12月6日
■読解力の本質とは何か(その3) 12月4日
■読解力の本質とは何か(その2) 12月3日
■読解力の本質とは何か(その1) 12月2日
■受験コースの作文でスピードアップを図るには 11月30日
■森リンによって評価される作文のうまさとは(その4) 11月28日
■森リンによって評価される作文のうまさとは(その3) 11月26日
■森リンによって評価される作文のうまさとは(その2) 11月25日
■森リンによって評価される作文のうまさとは 11月24日
■新聞を読む学習法(その2) 11月23日
■新聞を読む学習法 11月22日
■「期末テストで国語がクラスで1番に」――問題文の読み方 11月20日
■国語の勉強と算数の勉強の意義 11月19日
■作文が苦手な子の自宅学習(その2) 11月18日
■作文が苦手な子の自宅学習 11月17日
■はやぶさ、おめでとう! 11月16日
■難しいことを少しさせるよりも基本をたっぷりさせること 11月16日
■子供に言うことを聞かせるには(その2) 11月15日
■子供に言うことを聞かせるには 11月13日
■作文小論文試験の受験の心構え(言葉の森新聞の記事より) 11月12日
■他人任せの教育から自分で学ぶ教育へ 11月11日
■サーバーが復旧しました 11月11日
■一部のページが停止中 11月11日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その5)―問題集読書と四行詩 11月10日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その4)―難読で考えの核を作る 11月9日
■実力をつけるためのわかりやすい自習(その3)―暗唱力検定を計画中 11月8日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。