記事 1222番  最新の記事 <前の記事 後の記事> 2020/1/29
言葉の森で、書くことが好きになり、読解力、作文力がついて、受験にも勝つ
森川林 2011/03/31 17:29 



 言葉の森で勉強をして、どんなことが身につくのでしょうか。

 まず、書くことが好きになり、苦にならなくなるこことです。これは、些細なことのように見えますが、実はとても重要です。

 学校や塾で一斉指導の作文が行われると、多くの場合、先生は個々の生徒に個別的にアドバイスをするよりも、上手な作文をひとつ印刷して、「みんなも、このように書きましょう」というような指導をしがちです。

 ところが、上手な作文を読んで、すぐに同じように上手に書ける子はひとりもいません。これは、大人が自分の身になって考えてみればすぐにわかることです。だれか、上手な人の文章を読まされて、これと同じように書いてごらんなさいと言われてすぐに書ける大人の人はひとりもいません。

 ところが、先生も、親も、子供に作文を教えるときに、上手な作文を模範として書くような指導をすぐにしてしまうのです。子供は素直ですから、言われたとおりに努力しようとしますが、もちろん同じように上手に書けるはずがありません。

 その結果、作文指導に熱心な先生や、熱心な保護者に教えられた子供ほど、作文が苦手になるという現象が起きてきます。特に問題なのは、こういう比較する指導が高学年で行われる場合はまだいいのですが、ほとんどの場合、低学年のときに重点的に行われることが多いということです。

 学校によっては(特に、私立小学校に多いようですが)、年齢的に明らかに無理な作文指導を行っています。小学校低学年の生徒に、題名を与えて書かせたり、読書感想文を書かせたりする学校がときどきあります。しかも、それを家庭での宿題のような形でやらせると、熱心な親はかなり手助けをして子供に作文を書かせます。その結果、上手な作文がいくつかできあがると、担任の先生は、それを上手な作文の見本として印刷し、生徒に配るというような指導をします。このようにして、作文嫌いの子が次々と生まれてくるのです。

 言葉の森の指導は、こういう教え方とは正反対です。ひとりひとりの子供に対して、他人の作文との比較は一切関係なく、「今日の作文では、これとこれをこれをがんばろう」というような説明をし、その目標ができていればたくさん褒めるという教え方をしています。

 通学教室で体験学習をすると、最初のころは、どの子も、「作文の勉強なんてしたくないなあ」という顔をして緊張してやってきます。しかし、先生が、その日の作文の目標を教えて書き方を説明すると、どの子も喜んで作文を書き始めます。そして、体験学習を一緒に見にきたお父さんやお母さんが驚くほど、その子らしい作文をたっぷり書いて帰るのです。これは、通信教室の体験学習でも同じです。

 このようにして小学校低学年で書くことが好きになった子は、毎週楽しく作文を書いているうちに、読解力と作文力がついてきます。そして、中学受験や高校受験や大学受験のときに作文や小論文の試験があると、これまでの言葉の森の勉強の延長で、安定した実力で合格圏内の作文を書いてくるのです。

 ただし、これは、学校側の採点の仕方の問題だと思いますが、受験の作文では、ときどき、実力のある子が落ちて、実力のない子が受かるということがあります。本当は、森リン(作文自動採点ソフト)などで客観的に評価すれば間違いがないのですが、入試では短時間に人間が採点する形をとるので、中にはかなり疑問の残る採点の仕方もあると思います。

 しかし、作文の実力のある子は、大学生になっても、社会人になっても、文章を書くことが苦にならないので、その文章力をさまざまなところで生かしていくことができます。
 参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定1月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文教育(134) 

コメント欄

コメントフォーム
言葉の森で、書くことが好きになり、読解力、作文力がついて、受験にも勝つ 森川林 20110331 に対するコメント

▼コメントはどなたでも自由にお書きください。
きくけこ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「きくけこ」の続く1文字を入れてください。)
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
新着コメント1~3件
言葉の森2~3 nane
 去年の春キャンプは、薄日でちょっと寒い 1/27
言葉の森2~3 森川林
 春の自然寺子屋合宿の含めて2~3月の企 1/27
これから作文試 nane
 字数いっぱいまで書くというのは、意外と 1/27
……次のコメント

オープン教育 1~3件
オープンの川
鳥の村 1~3件
鳥の村
虹の谷 1~3件
虹の谷
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■4月1日から、福島県の新学期教材の再発送を開始(生徒父母連絡) 3月31日
■知的な対話が共有できる家族を目指す 3月30日
■放射能汚染対策に本当の科学の力を 3月29日
■作文力は、大学入試でも、大学に入ってからも役立つ 3月29日
■【重要】東日本大震災の被災地への新学期教材発送について(生徒父母向け連絡) 3月28日
■政治の力で日本全国の原発を廃棄しよう 3月28日
■作文を中心とした知的な創造社会 (日本の新しい産業 その八) 3月27日
■創造産業の重点は言語的、知性的なものに (日本の新しい産業 その7) 3月26日
■創造産業のさまざまな形 (日本の新しい産業 その6) 3月26日
■創造産業の広がり方 (日本の新しい産業 その5) 3月25日
■創造産業の前提としての日本の国防 (日本の新しい産業 その4) 3月25日
■人間の持つ創造性の土台としての不完全性 (日本の新しい産業 その3) 3月24日
■日本の未来は創造産業にある (日本の新しい産業 その2) 3月23日
■日本の新しい産業(その1) 3月22日
■今回の地震原発事故で得たもの 3月20日
■国民の英知を結集した情報交換を(日本の復活に向けて(その2)) 3月19日
■連休中の雨に備えて、福島原発周辺の下水管の閉鎖を 3月19日
■日本の復活に向けて(その1) 3月19日
■本当のところはまだ何もわかっていない(緊急提案の説明) 3月18日
■東日本を放棄し、これ以上の犠牲を出さず、天皇陛下を中心に、全国民の力で日本を再建しよう 3月18日
■日本の真の独立国家としての再生を 3月17日
■大きく土のうで囲み水没させて湖に沈める 3月17日
■原発に川を引き込むか、原発を海に引き込むか 3月16日
■美しい日本列島よ、永遠に 3月15日
■今回の地震災害に対応した当面の電話指導について(生徒父母連絡) 3月14日
■福島原発、勇気ある撤退を。原発に依存しないエネルギー政策を日本の総意に 3月13日
■日本が目指す新しい産業。その前提としての国語力 3月11日
■作文をきっかけとした対話によって伸びる子供の思考力 3月10日
■作文の勉強を家族の対話に生かす。--点数の勉強から対話の勉強へ 3月9日
■新学期の教材から縦書き中心に。今後手書きの活用も 3月8日
……前の30件
RSS
RSSフィード

カテゴリー
全カテゴリー

QRコード


通学できる作文教室
森林プロジェクトの作文教室

リンク集
現在作成中です。





 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。