これからの教育に必要なもの―学力向上の先にあるもの 1 未来の職業と勉強―作り出す勉強としての作文 構成作文でスピードアップ 対話の中で育つ思考力 塾ではない言葉の森

記事 1518番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/8/22 
これからの教育に必要なもの―学力向上の先にあるもの 2
森川林 2012/04/13 19:46 


 学力の向上を目的とした教育が、その本来の意図とは反対にいくつかの問題点を生み出しています。その一つが学力格差の問題、もう一つが学力以外の要素の欠落という問題です。


 この原因の第二は、今日の受験勉強を目的とした教育が、昔の中国の科挙の試験に対するような教育になっていることです。

 科挙は、いったん合格すれば、将来がすべて約束されるような試験でした。そのため、全国から秀才が集まり、科挙の試験に取り組みました。すると、倍率の高い試験は、落とすための試験になっていきます。いいところを見つけるための試験ではなく、悪いところを見つけるための試験となっていったのです。その結果、問題は、次第に重箱の隅をつつくようなものになっていきます。すると、今度は、全国の秀才はその重箱の隅に対応した勉強をしてきます。すると更に、そういう受験生に対応するために問題は幹から離れ、ますます小さな枝葉に入り込むようなものになっていきます。

 このような試験に着いていけるのは、勉強のできる人というよりも、勉強しかできない人です。創造性や意欲の欠けた、勉強以外に取り柄のないような人が合格するような試験になっていったのです。


 同じことが、程度の差はあれ、今の受験の世界でも起きています。そして、その延長に官僚になるための試験があるという構造になっています。「官愚の国」の著者である高橋洋一氏は、元官僚であり試験作成者であった経験から、今の試験の背景を詳しく述べています。学力のある人を選抜することが目的だった試験が、科挙化した結果、創造性や意欲のない人を選抜するような試験に変わっていったのです。(大量のテキストが指定され、そのテキストのとおりに答える試験)

 もちろん、こういう弊害が大きく出るのは、特に上位のレベルの試験に関してです。学力試験はほどほどに行われているのであれば、学力を評価する尺度として有効です。しかし、社会が安定し、受験の問題がパターン化し、多くの受験生が殺到し、倍率が上がり、それに伴って塾や予備校が受験対策を本格的に行うようになると、試験は学力の評価という本来の意図から離れ、すぐに科挙化する傾向を持っています。


 子供にそのような偏った勉強をさせたいと思う親はいません。しかし、受験で要求されるのがそういう学力であれば、その試験問題合わせて勉強しなければなりません。そして、受験生がみんなそのような勉強をするので、受験勉強の科挙的な傾向は是正されないのです。(つづく)

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 

コメント欄

コメントフォーム
これからの教育に必要なもの―学力向上の先にあるもの 2 森川林 20120413 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。
 ハンドルネーム又はコード:

(za=森友メール用コード
 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 15,983件
新着コメント1~10件
2020年度大 森川林
 作文力が短期間で上達する子は、読書力の 8/21
人と人との触れ nane
 「どういう教材を選んでいいかわからない 8/20
人と人との触れ 森川林
 福井県の場合、できる子ほど塾に行ってい 8/20
読書指導のもう nane
 高校生で本を読まない子は、大学生になっ 8/19
読書指導のもう 森川林
 小学生の読書時間は、10年前とほぼ同水 8/19
子供の教育にお nane
 ときどき、「どの本がいいですか」とか、 8/18
子供の教育にお 森川林
 よい教材というのは、確かにあります。 8/18
将来の作文教育 森川林
 OCRの機能が向上しているので、たぶん 8/17
子供によい本を nane
 お母さんの好きな本は物語文になる傾向が 8/17
子供によい本を 森川林
 読書好きな子に共通しているのは、お父さ 8/17
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■これからの教育に必要なもの―学力向上の先にあるもの 1 4月12日
■未来の職業と勉強―作り出す勉強としての作文 4月11日
■構成作文でスピードアップ 4月10日
■対話の中で育つ思考力 4月9日
■塾ではない言葉の森 4月8日
■言葉の森の勉強を始めたばかりのみなさんに 4月6日
■作文の特に得意でも特に苦手でもない普通の子の勉強法 4月5日
■作文の勉強は、正しい答えを知る勉強ではなく、自分で考える勉強 4月4日
■テストのための学力ではなく、自分なりに考えるための学力を 4月3日
■「授業と予習の掲示板」ほか更新 4月2日
■国語力とは、多くの言葉を自分の手足のように自由に使える力(facebook記事より) 3月30日
■子供を創造姓のある子に育てるには親が創造的な生活の後ろ姿を(facebook記事より) 3月29日
■勉強の意欲は、点数や賞品ではなく笑顔から(facebook記事より) 3月28日
■ないものを求めるよりも、あるものを生かして使う(facebook記事より) 3月27日
■作文の中にユーモアを入れる練習 3月26日
■言葉が現実を動かす日本語の仕組み(facebook記事より) 3月25日
■常に進歩する人間には、常に新しいフロンティアが必要(facebook記事より) 3月24日
■要約の仕方にもコツがある(その1) 3月23日
■言葉の持つ不自由さが笑いと創造を生み出す(facebook記事より) 3月23日
■作文をパソコンで入力する方法。将来は短い方がいい文章に 3月22日
■日本のことをもっとよく言おう(facebook記事より) 3月22日
■森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 6 「日本から生まれる未来の創造文化産業」 3月21日
■創造力を持つ植物、まだ創造力をうまく使えない人間(facebook記事より) 3月21日
■勉強は試行錯誤の中で足腰を鍛えるためのもの(facebook記事より) 3月20日
■小学生の日記や作文の宿題の取り組み方(facebook記事より) 3月19日
■創造力=(知識+経験)×創造性÷2(facebook記事より) 3月18日
■新学年は、家庭学習を新しく始めるチャンス 3月17日
■正直と思いやりの日本文化(facebook記事より) 3月17日
■mori7.netのサーバー直りました 3月16日
■現在、netサーバーが停止中 3月16日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。